庭にパンダがいた

今朝、庭の山茶花の上にカミキリムシがいた。
模様を見てたら、あら、パンダ。

P1120478_0511s

みえないですか?
みえるよね?

Photo


調べたら、ラミーカミキリというカミキリムシ。
カラムシ、ムクゲの葉を食べるという。
どっちの植物もうちにはないのですが…

| | Comments (4)

ホトトギス

覚書です。

今朝、4:20 6:45鳴きました。
ホトトギス今年の初認です。
例年通りですね。

今朝、ヒクイナモ良く鳴いています。
居ついてくれるかしら?

| | Comments (2)

ヒクイナの声

今朝、6時頃、庭に出ていたら聞きなれない声。
ココココココココココと尻下がりの特徴ある声。
この辺では聞いた記憶がない。
さっそく調べたら、ヒクイナでした。
渡りの途中でしょうか?
前の田んぼにいるのだろうなあ。

古くは単に「水鶏」(くひな)と呼ばれ[4]、連続して戸を叩くようにも聞こえる独特の鳴き声[11][12]は古くから「水鶏たたく」と言いならわされてきた。(ウィキペディアより)

今日の夜中1時半くらいには、フクロウが良く鳴いていた。
巣立ちびなをつれていたかしらん?

| | Comments (0)

卵の殻

朝、家の前を掃いていましたら、
落ち葉の中にちいさな卵の殻を発見。
さっそく「巣と卵の図鑑」世界文化社と見比べてみました。
スズメの卵の殻のようです。
カラの内側はきれいなので、ちゃんと孵化した卵の殻だと思われます。
孵化後、親がくわえて捨てたのだろうなあ。
それがうちの前まで飛んできたのかしらん。
なんにしてもどこかで小雀が育っているってことです。
些細なことですが、なんだかほっこりします。(*^-^*)

P1120468_0356


| | Comments (0)

グレイのサシバ

良い季節になりましたね。
いろいろな谷津で、サシバに出会います。
今日、霞ケ浦ちかくの貝塚公園に行ってきました。
そこで出会ったサシバ君。
頭部全体と胸の帯がグレイでした。
サシバは英名で、Grey-faced Buzzard-Eagleというそうですが、
なんともその通りグレイ顔のサシバです。
足の色が、黄色くないのも特徴。
個体識別しやすい、なかなかハンサムボーイです。
この近辺で、子育てするのでしょうか?

Dscn0847_0241s


| | Comments (0)

謎のチョウゲンボウ2

昨日のつづきです。
頭が灰色で、尾羽が薄い茶色です。
よく見ると腰のあたりは灰色になっています。
2年目くらいの若い雄でしょうか?
どなたかお分かりになりませんか?

Dscn0731_0149s


| | Comments (2)

謎のチョウゲンボウ

やっと桜が咲き始めたら、強い南風がふきまくっています。
運動不足なので、強風のなかウォーキングをしていました。
住宅地と田んぼの堺でキキキキキキキと声。
上空にチョウゲンボウが飛んできました。
私の頭の上でホバリングをみせてくれます。
あ~ずいぶん下面の白いチョウゲンだなあ、変わった個体だなあとみてました。
すこしあるいたら、目の前の家のアンテナにチョウゲンボウがとまってる。
下からみたら腹がみえるけど、なんか白っぽいなあ。
帰宅してネットで検索。
なんか、なんちゃらチョウゲンボウに似てないか???
ヒメとかチョウセンとか…
そう思ったら気になってしまって、双眼鏡とP900 をつかんで現場に
直行しました。
なんとらっきーなことに、まだそのチョウゲンおりました。
遠目に見て、なんか普通のじゃないか??
ちかくにいってもやっはり普通のチョウゲンボウ♂
なんだ、私の目もたいしたこないなとがっかり。
写真も何枚か撮りました。
で、画像みて、びっくりよ。
左足みてくださいな。
足環がついているのです。
飼い鳥だったんでしょうね。
飼い主さん今頃泣いているでしょう。
足環のついたチョウゲンボウ探している方、
たんぼで、元気に狩りをしていましたよ。

その子の姿です。
Dscn0723_0143s

しかし、カメラの威力はすごいです。
その場で気が付かなかったことが、あとから画像でわかるんですから。
coolpixP900,いいですよ。

| | Comments (3)

ツバメ初認

今日は比較的あたたかな日でした。
朝、ツバメがうちの近所を鳴きながら飛ぶ姿を確認。
午後も声をききました。
ツバメが春をつれてきたね~♪

| | Comments (0)

水ぬるむ

やっと本格的に 春めいてまいりましたね。
カメラをもって、近所を散策しました。

まだまだオオバンが、橋のしたに群れていました。
だんだんその数がへっていくことでしょう。
Dscn0636_0083s

| | Comments (0)

しみじみアオサギ

年末にcoolpix p500なんて超望遠の取れるデジカメ買ってから、
手あたり次第鳥など撮ってます。
手持ちで望遠だとなかなかフレームにしっかり入ってくれないのが悩み。
アオサギは大きくて動かないのでよいモデルさんです。

撮れたものをみていて、いろいろ発見ありました。
そういえばしみじみアオサギをみていないかもしれません。
あら、背中って、こんなにきれいだったかしら。
まるで、白いサギたちの背にある、これは蓑毛ですよね。
Dscn0349s

ピンぼけなんですが、後姿がまるで落ち武者だなあと。(笑)
Dscn0350s

アオサギ、わきの黒い羽に結構個体差があったりして、
なかなか味わい深い鳥です。


| | Comments (0)

より以前の記事一覧