キジ香炉

田んぼにキジがいた。
見晴らしがよすぎて、落ち着かない様子。
警戒しいしい餌を探す。

緊張しているのかつるんとした体形に、
野々村仁清の雉香炉を連想させた。
仁清もこんなキジを見て、創作のヒントになったのかなあ。

面白いので、並べて描いてみた。
え?似てない?このキジ、香炉に見えないですか?


国宝雉香炉
けっこうおおきく全長48.3㎝ある。
国立博物館の国宝展でみたとき、想像よりもおおきくて、びっくりした思い出がある。

Mssk170319


| | Comments (0)

水ぬるむ2

昨日の話
Mssk170318


| | Comments (0)

今描いてるもの

秋の文房堂展にむけて、描いています。
今回は、鳥の親子シリーズでまとめる予定。
で、その2としてヒヨドリの親子です。
(その1は、カルガモ親子でした)
ヒヨの親子の絵って、あまりないだろうなあ。
このモデルは、昨年お隣で繁殖した一家です。

Dscn0620_0075

この絵は、ちょっと面白い構成にする予定です。
ふふふ。たのしみ。

| | Comments (0)

春曙紅

日差しが、暖かくなってきました。
昨日は、庭でナナホシテントウムシが歩き回っているのをみつけました。
タネツケバナも花を咲かせています。

山茶花のように花弁が散るつばき、春曙紅をかいてみました。
もうそんなに寒くないので、外スケッチが楽です。

Mssk170305_2

3年前のスケッチはこちら
花の向きがほとんど同じ(笑)
やっぱり描きやすい向きをえらでいるのだなあ。


| | Comments (0)

ラインセンサス

冬季2回目のラインセンスに参加しました。
カモが大幅に減ってました。
カシラダカがさえずっていたりと、春気配が漂ってました。
今日のきれいどころ アトリとルリビタキを描いてみました。

ああ、もうあしたから3月ね。
Mssk170228b_2


| | Comments (0)

フキノトウ

Mssk170219


1月末、庭に丸いフキノトウが出てきた。
食べようかとおもっていたのだけれど、4つしかないので止めておいた。
でも気づかぬうちに ボコボコたくさん生えてきた。
スケッチしようとおもっていたけど、寒かったり風がつよかったりで
もたもたしていたら、伸びてきてしまった。
やっと今日描いたよ。
ちょっと「とうが立ってしまった」フキノトウ。
これを描いていると、春がきているなあと実感する。

一昨日は、春一番が吹いた。
昨日は、稀勢の里のお祝いパレードがあった。

| | Comments (0)

タシギ

家の前の田んぼの水たまりにくるタシギたち
描いてみました。
だいたい草に隠れていて、なかなか全身みせてくれないのですが、
奇跡的に2羽ならんで整列した瞬間がありました。

ところで、
あしたから新宿御苑インフォメーションセンターぎゃらりーで
ワイルドライフアート展始まります。
みなさん来てくださいね。
私は、11日(土)は一日中、12日はお昼過ぎから15時まで会場におります。

Mssk170207


| | Comments (0)

久々の調査参加

ちょっと古い話になりますが、1月29日
久々に野鳥のラインセンサスに参加しました。
一定の場所を左右上50m内で出現した鳥を記録します。

冬鳥たちがたくさんでてくれて、嬉しい~♪
カシラダカもアオジも ばらばらでてきて数が把握できません。
かわいいウソの群れにアトリがはいっていたり、久々にクロジをみたり、
楽しい時間でした。
カモのなかに1羽だけ、オスのオシドリがいました。
ほかのカモと別行動していましたが、いつしか木陰で
マガモに混ざって休んでおりました。
やはり一人だと寂しいし、危ないですよね。
早く仲間にあえるといいね。

調査後にタカの食跡があるというので、みにいきました。
赤茶色のちいさな羽根やら風切り羽など拾い、家で調べましたら、
ハシビロガモ?のようです。(カモ類の羽識別は難しいし、資料がすくなくてお手上げ状態)
あと、?ガモ、ヒヨドリやらツグミやらもあって、4つも食べ跡がありました。
タカ類も盛んに狩りをしているようで、この場所の自然の豊かさを感じたのでした。
ああ、やっぱフィールドは楽しいなあ。
Mssk170129_2

イラストは、撮った写真画像をみて描いたもの、オシドリが大きくなってしまいました…
本当はマガモのほうが、ぜんぜん大きいのよ…とほほ

| | Comments (0)

鶴が来ていた

おとといのことです。
ヒマラヤを越える鳥が、なぜかつくばにいました。
ギャラリーもたくさんいました。
落穂でもたべているのでしょうか?
田んぼでしきりに餌をさがしていました。

私の新機種×83でも、ピントがうまく合いませんでした。
画像はやめて、イラストにします。
現場で描いたものではありません。

Sksk170119

で、気になるのがこの鳥の行く末。
飛翔能力は高いだろうから、無事に仲間にあえるといいな。

| | Comments (0)

落鳥 メジロ

昨日おとなりのベランダに落ちていたいというメジロ。
窓にぶつかったしまったらしい。

毎日庭にメジロが来てチルチルチルと賑やかなのだけれど、
その中の1羽なのだろうなあ。
相方がいただろうなあなどと思うと、
いつもの声が、相方を探しているようにきこえたりして、悲しくなる。

1日おいて、今日スケッチした。
昨日のふっくらした感じよりも 目が落ちくぼんでしまっていた。
このスケッチブックの紙が、滲みやすく細密に描くには適していない。
そんなことを思いながら描いたら、府抜けたスケッチになってしまった。
いや、腕の問題だろうって。(笑)
メジロちゃん、ごめんなさい。

Mssk170118

| | Comments (0)

より以前の記事一覧