『はるがきた!いいものいくつ?』発売中

福音館書店月刊絵本「ちいさなかがくのとも」3月号『はるがきた!いいものいくつ?』発売中です! 389円+税です。
2018年秋にでた『あきのおさんぽ いいのいくつ?』の春バージョンで、生き物を探して数えていくカウンティングブックとなっています。ページをめくっていくと、春がどんどん進んでいきます。
2月中旬からGWあたりまで、近所の公園や里山を取材して作りました。3~5歳が対象年齢ですが、お子さん大人でも楽しめる内容だと思います。春の里山公園のお散歩、ぜひ楽しんでください。
Dscn7348_5174 Dscn7346_5173

| | Comments (0)

「いきものづくしものづくし」さいとができました。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.fukuinkan.co.jp%2Fikimonodukushi-monodukushi%2F%3Futm_source%3Dfacebook%26utm_medium%3DSNS%26utm_campaign%3Dyokoku%26fbclid%3DIwAR2JFfjAi6Qy_ZknXvF18LTdx0pQj9A_ssiw8YbmOaKKMpraKWf0CVA7i7o&h=AT3afrb-MvX0k-WSYxYhaA4imHIbHp1s7k2SydAvhErPN88gmTrVPbYqyPK9B0Ogj0ZZmgAbaiF2CXB-zRC_ChUOe0dyo0kpRugBU8GeszHJqdBlPg3HjM7DIUavRQ1efiJDOXTFEox98XNjmYfL&__tn__=-UK-y-R&c[0]=AT2pX0Vz9A75DCb3sQxztX4cejbs1DL37fnj6BZql3QJTr66YOfa1jRngLWQOHdSQX8EJCUlESSqjTzqszWy_edIa5IGG7IcPn5190UH5xlIdkgTlsLvqwKU4mTF_otAyl5Gjo0O5cfzr1iZm9RGxcTIb5_A3E1NhCWawC6JkjEngx6nh3xAOS9P68PTvEF7qBsWvg

2021年3月から刊行スタートする福音館書店『いきものづくしものづくし』1巻まるまるごらんいただけるサイトができました。

「とりのくちばし」のページを担当しています。全12巻 1巻とりのくちばし 3巻つばさ 8巻とりのあし 9巻とりのたまご 10巻いろいろないろのとり 担当しました。 高崎絵本フェスティバルで 10巻「いろいろないろのとり」原画が展示されます。大型絵本の原画が並びます。是非みてください。私も行きたい。

 

| | Comments (0)

つばきレストラン

大変ご無沙汰しております。

元気にやっております。

2014年1月に発行された 福音館書店ちいさなかがくのとも2月号

「つばきレストラン」が、来年1月に単行本として発売されることになりましたので、お知らせです。

椿と小鳥たちの関係、長く広く小さな読者さんに読んでほしいです。

うれしいなあ。

営業用のチラシで紹介していただきました。会社からのOKいただきここにUPします。

読んでみてください。Img_004

来年、春までに展示会2つできることになりました。

コロナの状況によって中止となりえますが、まずは準備していこうと思います。

また情報こちらにもだしますので、お待ちくださいませ。

みなさま、くれぐれもコロナ、インフルエンザお気をつけてお過ごしくださいね。

 

| | Comments (2)

近況

「はるがきた 」の制作、ちゃくちゃくと進んでおります。というか、のろのろ進んでいます。

フジ棚のシーンです。これから蜂をとばします。

本編は、あと3見開き。頑張れ私。

200720

| | Comments (0)

近況

ブログご無沙汰しております。

6月はじめから、来年2月発売の ちいさなかがくのとも3月号の絵本制作しています。

コロナ自粛で東京には4か月行ってません。

来月早々、絵の修正があるのでF音館いきますが、電車のれるかなあ。(笑)

制作中の絵です。

P6071677_0894s

| | Comments (0)

動物を描こう 内藤貞夫著でました

日本ワイルドライフアート協会前会長で顧問の内藤貞夫氏が   動物画の基本を学べる本を出版されました.

 

人気画家が教える基本と秘訣

 動物を描こう         

内藤貞夫 ・署 玄光社      2700円+税

 


動物を描く5つのコツ  第1章にデッサン編
動物の顔のとらえかたから   骨格を意識した体の流れを描くデッサン、骨格図や比較も載ってます。

第2章着差色変
着色の仕方のプロセスが丁寧な写真にて掲載。
代表作品の美しい写真も載っています。

内藤ファンのみならず、動物の絵を描きたい人必見です。

Photo_20200519195801

| | Comments (0)

紙芝居「あおばずくのおうちさがし」できました!

 

紙芝居「あおばずくのおうちさがし」脚本キム・ファン 絵おおたぐろまり 童心社さんからでました。

きのう届いた、できたてほやほや。

アオバズクが巣を探して回るお話です。いろいろな生き物が出てきて楽しいお話になっています。

ちびっこ以外は見る機会がないかと思いますので、ちょっとお披露目。

Dscn2390_0723

 

Dscn2391_0724

児童文学、絵本作家のキムさんとは、カワセミの紙芝居など3回目のお仕事となりました。

お会いしたことはないですが、自然への愛と知識の深い作家さんで、たくさんの自然関連の本を出されています。

 

全国のちいさな読者さんに アオバズクの名前だけでも覚えてもらえたらいいな。

 

| | Comments (0)

タンポポの綿毛

タンポポをとってきてスケッチしていたら、

花が終わったものが、あっというまに開いて丸い綿毛になってしまった。

花も5時間くらいしたら、しぼんで閉じてしまった。

結構素早く種になっていくのだなあと感心する。

 

可愛い綿毛を接写してみた。

P5091621_0665s

種がぎざぎざしている。

地面にちゃんとひっかるようになっているのだなあ。

P5091624_0667s

今のカメラはすごい!

このオリンパスTG5は、深度合成もできて、おかげで鳥の卵の取材もできたし、

有難いカメラです。

カメラが自動で画像を合成してこんな模様のある卵もばっちり、

ちなみにヒヨドリの卵です。

Photo_20200510103001

(この卵イラストは、今年後半に絵本に載る予定)

たんぽぽから話が飛びました…

 

 

 

| | Comments (0)

古風な猫

近所の猫の話。

ミケのまるちゃん,

野良ネコでしたが、最近桜耳になって、外猫として飼われています。

まだ、あまり慣れていなくて触らせてくれないようです。

今どきの猫は、目が丸くて妙にかわいいのですが、

この子は、

丸い頭に小さ目な耳、目が吊り上がっていて、

目じり目頭が赤くて、実に古風な顔をしています。

歌川国芳の浮世絵ににているなあと思います。

江戸時代の猫って、こんな顔していたのじゃなかなあ。

神秘的で素敵。

Mksk200424s

| | Comments (0)

コチドリ初認とキジ画途中

午後、田んぼ回りをウォーキングしました。

懐かしいさわやかな声が!

田んぼにコチドリが舞い降りました。

今年の初認です。

居着いてくれるかな。

Dscn1647_9915s

放ってあったキジの絵、制作再開。

日本画なのだけれど、ただのリアル画になりそうで怖い…

Dscn1655_9921s

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧