ブリティッシュヒルズの生き物たち

2011年から取材をして、やっと出来上がったようです。
神田外語大学の語学研修施設、福島県の山中にあるブリティッシュヒルズの生き物ガイドブックです。
詳しくはこちら

P1120470_0491
秋のイラスト

施設敷地内のトレイルでみられる植物を中心に、きのこ、蝶、ほ乳類、カエルなどが、きれいな写真とともに解説されています。
四季のイラストと扉イラスト担当しました。
ブリティッシュヒルズと名乗っていますが、実はイギリスの4倍近い植物数なのだそうです。
ところどころに入っている飯島先生のコラムも面白いです。
本屋さんじゃ買えなくて、現地にいかなくては手にはらないのがもったいない感じ。
この本片手に、あのトレイルをまた歩きたくなりました。

P1120471_0492_2

夏のイラスト

| | Comments (0)

昔の看板制作

紙焼き写真を探していたらでてきました。看板の写真。
1998年に、NPOのために、作業小屋の看板制作したのでした。

フクロウとネズミを、ウッドバーニングで描きました。
文字は電熱ペンで彫って、アクリルで色付けしてあります。
出来たときは、良いようにおもったのですが、
焼き絵は、直射日光に弱くて、ありゃりゃ、
すぐに絵が薄くなってしまったのでした。
もうこの看板はありません。
このころデジカメなかったし、ネットやっていなかったし。
時代は変わりました。
20年前だもんね。
懐かしいな。

Photo


Photo_2


| | Comments (0)

展示会お知らせ ワイルドライフアート展2017

展示会のお知らせです。
しばらくこの記事をTOPにおきます。


Img

ワイルドライフアート展2017
”日本の四季と生きもの”

2月7日(火)~12日(日)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)

新宿御苑インフォメーションセンター1Fギャラリー

私は、11日(土)午前午後
最終日12日12時過ぎから(1月27日追記)会場におります。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。
カルガモ一家 展示予定です。
もう1点小さい作品(ただいま製作中)←とかきましたが、事情あってとりやめます。1/27追記


久々の展示会参加です。
みなさんにお会いできるの楽しみにしております。(*^^*)


Img_002

| | Comments (0)

coolpixP9000買いました

愛用のLumixFZ38が古くなってきたので、カメラを探していました。
値段がさがってきたので思い切ってニコンのP9000買いました。
おととい届いて、昨日使ってみました。

なんと望遠83×、2000ミリ相当、
手ぶれがひどいだろうなとおもってましたが、
芸術写真をとるわけでないので、まあいいかなと。

で、感想。
とにかく面白い!
遠くのものがばっちりとれる楽しさ。
え、これもとれちゃうの?というかんじ。
笑いがこみ上げてきました。
枝にとまるシジュウカラ、写真にしたら、
足元にカマキリの卵のうが写ってました。
これを狙ってきたんだなあ。
ちゃんとマニュアル読んでないので、しっかり勉強して使っていきたいとおもいます。
Dscn0026s
アオサギさん。トリミングなし。真ん中に被写体を入れるのが結構むずかしい。

Dscn0043s
寝ていたカモたちだけど、私が近づいてきたので、目をあけて警戒しているのがわかる。

わ~面白わぁ。
鳥モードというのもあるの、これを使うとどんなになるかな?

ワクワク。(*^。^*)

| | Comments (3)

朝日新聞広告

今気が付きました。
今朝29日の朝日新聞一面一番左下に 偕成社さんが広告だしてくださいました!
なんと前回の 「この羽 だれの羽?」も一緒に載せてくださってます。
きゃー偕成社さん、なんて太っ腹。感謝。

うれしくて、ここにUPします。
浮かれててごめんね。

161029

| | Comments (0)

「鳥のくらし図鑑」偕成社 発売されました!

昨日25日発売です。

鳥のくらし図鑑 単行本 – 2016/10/25
(題名をクリックするとアマゾンに飛びます。みてみてくださいね)

おおたぐろ まり (著, イラスト), 上田 恵介 (監修)  

単行本: 48ページ
出版社: 偕成社 (2016/10/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4034374608
ISBN-13: 978-4034374603
発売日: 2016/10/25
商品パッケージの寸法: 24 x 29 x 2 cm

39種の鳥の1年間の暮らしをイラストと文章で紹介しています。
マガモとカルガモ、オオタカとサシバなどを並べて載せ、
渡りをする種としない種の違いがよくわかります。
各ページに小さなコラムを設け、豆知識も満載です。
お子さん、お孫さんへのクリスマスのプレゼントにも最適です。
ちょっとはやいか (笑)

_

丁寧に作りました。
本屋さんでぜひお手に取ってみてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

覚書
26日ジョウビタキの声確認

| | Comments (4)

アキアカネわたり

昨日は久々の晴天でしたね。
とてもとても小規模でしたが、うちからアキアカネの渡りがみられました。
ここ数日は飛ぶかも。
しかし、とんぼ 減りました。

覚書、
9月27日ヒヨドリの渡りがみられました。10羽くらいの小さな群れでした。

| | Comments (0)

展示会いってきました


渋谷文化村で開催されている、
「ビアトリクスポター生誕150周年
ピーターラビット展」
にいってきました。

原画の数が半端なく(70~80点?)
あの師玉の作品が、これでもかこれでもかとみてせくれます。
だいすきな場面の原画も多数。

絵本製作前の若いころのグリーティングカードのち密さ、完成度の高い
イラストにびっくりです。
これが本当の細密画だなあと、感心しました。
また、ピーラビ絵本のように小さなスケッチブックに
描かれた風景がの美しいこと。
そのまま絵本になりそうです。
画材の使い方で疑問があったのですが、
まじかに原画をみつめていて、
創作活動前半から、後半の変化もかんじられ、大変勉強になりました。

絵から、ポターさんの息遣いが感じられるようでした。
いやほんと、勉強になりました。
ひさびさにわくわくしました。
ピーラビ好きでしたら、絶対にいったほうがいいです。(きっぱり)

2016年8月9日(火)~10月11日(火)※会期中無休

会場
Bunkamura ザ・ミュージアム

開館時間
10:00~19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
Main


展示会はしご。
重原美智子個展
わたり鳥の交差点
いってきました。

モンゴルでの経験されたことを イラストにされています。
雄大な自然の中での生活と鳥たちを 美しい色彩で表していました。
このまま絵本になったらいいのにね。
ご本人の体験話をおききしながら見ると、また格別でした。
残念ながら今日までです。
会期/2016年9月20日(火曜日)〜9月25日(日曜日)
12:30〜19:00 最終日17:00まで
会場/Ecru+HM エクリュ+エイチエム http://www.ecruplushm.com/
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
TEL 03-3561-8121
最寄り駅/銀座線銀座駅A13出口より徒歩5分、有楽町線銀座1丁目駅10番出口より徒歩1分、JR有楽町駅より徒歩6分


| | Comments (0)

サシバのわたり

はじまってますね。
先ほど外からサシバの声がしたので、みてみたら~
おお、4羽が森の上を旋回していて、
小さな鷹柱になっていました。
そして翼をすぼめてすごいスピードで西へ飛び去りました。
あまり上昇しないで滑空していきましたが、
曇りなので、よいサーマルがなかったのかな。
2時ちょっと前の話です。
彼らは、
伊良湖あたりで集結するのかな。

家の中からサシバの渡りがみれるなんて、田舎の幸せ (*^^*)v
ほんとに秋になったですね。


| | Comments (0)

HP引っ越しのお知らせ

HPの引っ越しのおしらせ

本家HP
Mari's Gallery of Wildlife Art
http://homepage2.nifty.com/mari_otaguro/
プロバイダーのサービス停止にともない、
9月29日をもって閉鎖となります。


引っ越し先は、
http://gallery1-m-otaguro.art.coocan.jp/です。
もうご覧いただけます。
ブックマークしていただいていたら、お手数ですがご変更よろしくお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
なお、ブログはこのままです。


| | Comments (0)

より以前の記事一覧