« April 2020 | Main | June 2020 »

facebookはじめました

先週からFacebookはじめています。

こちらの投稿はすくなるなるかもです。

一般公開はしておりませんので、

もしアカウントおもちでしたら、お友達リクエストしてください。

ご面識のない方は、メッセージに「ブログみてます」と忘れずに入れてくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

覚書

家の前 オオヨシキリ

居残りカケス1羽

| | Comments (0)

日本画キジ完成

今月に手をいれて、キジ完成しました。

らしくないのですが、日本画です。

歌舞伎役者みたい!

Dscn2429_0725s

| | Comments (0)

動物を描こう 内藤貞夫著でました

日本ワイルドライフアート協会前会長で顧問の内藤貞夫氏が   動物画の基本を学べる本を出版されました.

 

人気画家が教える基本と秘訣

 動物を描こう         

内藤貞夫 ・署 玄光社      2700円+税

 


動物を描く5つのコツ  第1章にデッサン編
動物の顔のとらえかたから   骨格を意識した体の流れを描くデッサン、骨格図や比較も載ってます。

第2章着差色変
着色の仕方のプロセスが丁寧な写真にて掲載。
代表作品の美しい写真も載っています。

内藤ファンのみならず、動物の絵を描きたい人必見です。

Photo_20200519195801

| | Comments (0)

紙芝居「あおばずくのおうちさがし」できました!

 

紙芝居「あおばずくのおうちさがし」脚本キム・ファン 絵おおたぐろまり 童心社さんからでました。

きのう届いた、できたてほやほや。

アオバズクが巣を探して回るお話です。いろいろな生き物が出てきて楽しいお話になっています。

ちびっこ以外は見る機会がないかと思いますので、ちょっとお披露目。

Dscn2390_0723

 

Dscn2391_0724

児童文学、絵本作家のキムさんとは、カワセミの紙芝居など3回目のお仕事となりました。

お会いしたことはないですが、自然への愛と知識の深い作家さんで、たくさんの自然関連の本を出されています。

 

全国のちいさな読者さんに アオバズクの名前だけでも覚えてもらえたらいいな。

 

| | Comments (0)

ムラサキツメクサ

5月になったら、ムラサキツメクサが咲きだしました。

ピンクのポンポンが大きくてかわいい。

近所で摘んでざっとスケッチ。

Mksk200513

前からおもっていたのですが、この植物は托葉(たくよう)がとても美しい。

「托葉」とは、葉柄のつけ根にある葉の形をしたものです。(goo国語辞典より)

曲線といい色合いといい、まるでアールヌーボのデザインのよう。

あっ、アールヌーボがこちらを真似たのかも?

この美しさ、スケッチで再現できなかったので写真で!(なさけない…)

P5131646_0711s

ばっちり撮れる、オリンパスTG5すごいわ!

何て美しい。

ほんと、自然は細部にまで神が宿ってます。

 

 

| | Comments (0)

ホトトギス

5月11日7:35 ホトトギス来た!

私の部屋から声をきく。

 

| | Comments (0)

タンポポの綿毛

タンポポをとってきてスケッチしていたら、

花が終わったものが、あっというまに開いて丸い綿毛になってしまった。

花も5時間くらいしたら、しぼんで閉じてしまった。

結構素早く種になっていくのだなあと感心する。

 

可愛い綿毛を接写してみた。

P5091621_0665s

種がぎざぎざしている。

地面にちゃんとひっかるようになっているのだなあ。

P5091624_0667s

今のカメラはすごい!

このオリンパスTG5は、深度合成もできて、おかげで鳥の卵の取材もできたし、

有難いカメラです。

カメラが自動で画像を合成してこんな模様のある卵もばっちり、

ちなみにヒヨドリの卵です。

Photo_20200510103001

(この卵イラストは、今年後半に絵本に載る予定)

たんぽぽから話が飛びました…

 

 

 

| | Comments (0)

GW明けに…

絵本のための取材もほぼ終わり、連休明けに編集部に全ページの原寸ラフを無事提出。

これで制作半分は終わったようなもの。あとは本制作。

なんか気が抜けてしまったぁ。

やろうと思っていたことが手につかない。

Dscn2367_0637s

写真は、近くの風景。田植えはぼぼ終わっている。

しかし、家の前の3枚の田んぼは、まだ水も入っておらず、

いつもこの辺で一番遅い田植えをする。

覚書

5/6 オオヨシキリ初認

 

| | Comments (0)

ヒキガエルのオタマジャクシその後

4/29の後ろ足の生えたオタマジャクシ、その後です。

今日5/4見てきました。

水は、藻が大量発生してしまって、水中がみれませんでしたが、

水際に沢山の前脚の生えたお玉がおりました。

みんな長い尾がついています。

Dscn2214_0487s

この尾がなくなったら、成体と呼ばれるようです。

尾は、カエルになるために栄養がはいっているのだそうです。

頑張れチビたち。大きくなって戻っておいで。

 

このため池も様相がかわってきました。

コガモやマガモがいなくなりました。

ガマやアシがおおきくなってきて、水面が小さくなってきました。

夏景色にまっしぐらです。

 

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »