« コミミ画小2 | Main | 日本画小作品猫 »

赤と黄色と

ここのことろヒレンジャクが各地にでているという話。

当たり年でしょうか。

うちの方の里山でも出たと情報いただき、行ってみました。

史跡公園に車をおいて歩きだしたら、張りのある大きな声が、

あらま、くちばしの大きなイカルです。それも20羽以上!

カエデとエノキ?に群がり実をたべているようでした。

大き目な鳥なので存在感あります。群れの中にすこしシメもいました。

Dscn1041_9204s

雑木林でにぎやかな小鳥の声。百羽くらいいるのでしょうか?

沢山ないています。ほとんどカワラヒワでした。

その近くで4羽のヒレンジャク。餌をたべるでなく、ボーとしていました。

ヒレンジャクみるのは、10年ぶりくらいです。

Dscn1076_9240s

あと、マヒワ、キクイタダキ、エナガの巣材運びなどなどみることができて、大変満足して

帰路につきました。

結構いま、世の中大変なのだけれど…

 

 

|

« コミミ画小2 | Main | 日本画小作品猫 »

Comments

エナガ、ウチの方でも数年前、数羽の群れが見られたことがあります。ほとんどがヒナっぽい色だったので巣立ちだったのかもしれません。
別の年ですが、尾羽の曲がったエナガが居ました。
尾の長いエナガは抱卵するときに尾羽が曲がっちゃうそうです。
右に曲がるのがオス、左に曲がるのがメスなんだって。

文〇の羽事典、初版も入手してみました。
増補改訂版がすげえ進化したことがわかりました。
コミミなんか絶対無理と思いました。よく描きますね、あんな細かい模様。

Posted by: さしえかき | Mar 10, 2020 11:18 AM

それはきっと巣立ちびなですね。いいですねえ。
私がみた巣立ちびなは、短い尾がまがっていたのが1羽いました。
今年もヒナたちに会えるといいな。

>右に曲がるのがオス、左に曲がるのがメスなんだって。
へ~それは、すごいね。(棒)

>よく描きますね、あんな細かい模様。
そのお言葉、そっくりお返ししますよ。
倍返ししたいくらい。

Posted by: やままゆ | Mar 10, 2020 01:57 PM

あ、あれ?
えっとぉ。オスが左で、メスが右だったかな?

数年前は東京で巣立ちがあるのが結構珍しいことのようでしたが、今ではもっと普通なことになったのかもしれません。
尾が短いエナガはホント小さく見えますね。

来月の猫と鳥の展覧会に向けて絵を描かねばなんねんですが、目がかすんで・・・。
模型用メガネ型拡大鏡を買ったんですが、それよりも圧倒的に手軽な、眼鏡にはさむタイプの100均の拡大鏡を見つけたんですけど、これがなかなか優れもので。
でも一番便利なのは、これも100均の細身の老眼鏡。
眼鏡と一緒にかけて、パソコン見るときは眼鏡で、手元を見るときは老眼鏡越しに眼鏡で見るので、良い感じです。
遠近両用を買え?まぁ、確かに。お金ないもんで。

Posted by: さしえかき | Mar 11, 2020 03:11 PM

100均はあなどれない、万能ですねえ。
はずきじゃないのね。
しっかし、話題が年よりじみているなあ。

展示会来月なんですか?
おきばりやす。
大丈夫かな、中止にならないといいですね。

Posted by: やままゆ | Mar 11, 2020 04:54 PM

はずきはレンズが大きいので、モニタと手元と別々に見たいので逆に見にくいのです。
模型用の眼鏡は、撥ね上げられるのがいいんですが、その手間が惜しい瞬間ってあるじゃないですか。
100均最高っす。ボカシ用の布も100均で買いました。
ダメならすぐにあきらめきれるのがいいんですが、おかげで結構無駄遣いしてる気もする。

オイルパステル、良い感じです。重ね塗りしないで一発で濃くなるので。ボカシに関してもウチの紙ならすごくスムーズです。パンパステルだと濃さが足りないときのちょい足しにいいかも。たぶん日本画の荒いテクスチャにも色を足せるので面白いと思います。ただし、銘柄による差が顕著。黒い先生ご推奨のスイスのが良いようです。

厳密にいうと色鉛筆画でなくなっちゃうんですけど。

展示会は2つ、4月の中旬にあります。別々にはがきで送ると高くなるので、封書でお送りします。
このご時世、来てくださいとは言えませんけどね。
鳥と猫の展覧会だそうです。結構鳥出す人も居るようなので、某会を紹介してもいいんですけど、入会のハードルが上がってますから、敢えて言わないようにしようかとも。

Posted by: さしえかき | Mar 12, 2020 01:43 PM

モニター見ながら描くご苦労があるようですね。
100均で武器がそろうならなにより。

オイルパステルつかった作品、拝見するのたのしみにしております。
鳥と猫の展示会かあ、飼い鳥の絵とかデザインとかはやっているので、そちら系でしょうか。
飼いねこは、某会では出展できないから貴重な展示会ですね。

Posted by: やままゆ | Mar 13, 2020 07:09 AM

はがき2枚。封書でお送りしました。
このご時世ですので、お知らせまで。
東京は条例で周辺の県に住む人の流入を規制しています。たぶん切符を売ってもらえないと思いますのでご注意ください。

なんかお忙しそうだったので誘わなかったんですけど、猫と鳥というやままゆさんにもピッタリの企画なんです。鳥は、野鳥・飼い鳥なんでもいいんだそうな。ネコと鳥を同じ画面に入れなきゃならないのかと思って困ってたんですが、その必要もないんだって。
2回目以降が続くようでしたらご検討ください。
場所があまり広くないので、これからの企画ですけど。

オイルパステルは、パステルっぽくは使わないつもりです。T中さんに指摘されたコントラストを強めるのに使う予定です。
色鉛筆をぼかすとどうしても一番濃いところがそんなに濃くできなかったんですが、パステルの濃色を使うと割と手間なく行けそうなんで。

Posted by: さしえかき | Mar 13, 2020 12:15 PM

なかなか興味深い展示会ですね。
ご案内ありがとうございます。楽しみにおまちしております。

知ってます?今現在、公表では茨城県感染者0なんですよ。関東唯一!
コロナが利根川を越えられないのか?
茨城の関係機関が、コロナの判別ができないのか?
茨城県民の手洗いが、完璧なのか。
興味深いことです。(^-^;

Posted by: やままゆ | Mar 13, 2020 03:55 PM

納豆でしょ?!
なぜか納豆が品薄になってるんだって。マジで。
落シ紙の後、コメで、そのあとが納豆なんだそうですよ。スーパーとかの棚ががらんとしてるんだそうな。

あ、納豆で手洗ってるんですね?だから品薄になるんですね。わかります。

>関係機関が、コロナの判別ができないのか?
いや、その言い方にも問題があると思いますが・・・。

昨日発送しました。
封書って84円もするんですね。はがきなんか63円だって。展覧会2つあったので、それぞれのはがきに切手貼って出すより、安いし宛名も一回で済むので封書に入れて送ってしまいました。

Posted by: さしえかき | Mar 13, 2020 07:12 PM

ああ!そうか!
そうですね。なっとうパワーでまもられているのですね。納得。 
納豆で手は洗わないよ。(-"-)
納豆でうがいをするのよ。

いま、送料郵送料高いね。すまぬ。

Posted by: やままゆ | Mar 13, 2020 08:58 PM

今、感染者が出ていないところには、それぞれ理由があって、流行に必要な人口密度を満たしてなかったり、陸の孤島だったりするらしい。

そちらは納豆ですね。
うがいするとは知りませんでした。
ウイルスを吸着させるため、鼻の孔と唇に納豆を塗り付けておくのもいいらしいです。
周りに人が寄り付かないので、積極的な感染予防になるという説もあります。

こんなこと言ってるからデマが流れるんですよ!

Posted by: さしえかき | Mar 16, 2020 12:31 PM

まじめな話、たいして観光地ないしね。
外から人があまりこないというのが、いいのかも。
いいところですよ、茨城県。(^^)v

Posted by: やままゆ | Mar 16, 2020 04:39 PM

観光地がないところがいいじゃないっすか。
こんな時の地域経済的な損失もすくないし。
珍鳥見に行くんじゃなければ、人も居ないし屋外だし、鳥見なんかいいと思いますがね。
あ、移動の車がヤバいか。

この2か月、土日は活動自粛でどこにも行かない日が続いておりまして・・・。
さすがに退屈しております。

でも、キジは描かないなぁ。
近所のキジに言っといてください。その羽、なんとかしろ!描く方の身にもなれって!

Posted by: さしえかき | Mar 16, 2020 07:13 PM

都会におすまいだと、大変ですね。
こちら散歩し放題です。

波間をペン画で描く人が、なにをおっしゃる。
キジごときとかおもっちゃってるんじゃないのぉ。
(-_-)

Posted by: やままゆ | Mar 16, 2020 09:17 PM

ついに侵入されたようですね。疫病退散の願いをこめて節分みたいに家中に納豆撒かなきゃ。
鬼は外ぉ!ネバーーっ。
福は内ぃ!ねばーーーーっ、って。

キジは・・・。
注文があれば描くかもしれないけど、自分からは・・・。
できれば避けたい。あれって、模様のあるところとないところ、光沢のある羽に顔の翅のない部分と、習字で「永」って書くみたいにいろんな要素があるじゃないっすか。変に丸っこいし尾が長いから構図も面倒くさいし。

ペン画の波って、難しいけど、法則性があって、やってることはそんなに複雑じゃないんですよ。実は。

Posted by: さしえかき | Mar 17, 2020 07:04 PM

アア、ついに来ちゃいましたね。
イタリアに出張されていたとか。
あちらでは、納豆たべられなかったんだろうな。

キジよりシギの方が、大変だと思いますが。
ペンだとたいへんなのかな。
T中さん、ペンの大作描かれているようですよ。
拝見するのたのしみですね。

Posted by: やままゆ | Mar 18, 2020 09:21 AM

ついにあと5県(?)になったとか。
納豆が足りませんでしたね。
3パックセットの一口納豆に水を入れて、それでうがいするとコロナにも花粉症にも効くそうです。
(次は納豆が消えるか?)

朝、開店と同時に列をなすガチ主婦勢に買われてしまい、トイレットペーパーが見つからないっす。
いざとなれば震災の時に、やはり店頭から消えたために代わりに買った落とし紙があるのでいいんですけど。電池とか水とか、紙類とか、あの時の方が正常化するのが早かったかも。

先日、砧公園に花見に行きましたら、カラの群れの中にコゲラとエナガが居ました。エナガは複数居て、中層の枝を移動していました。鳥を見始めたころは、高尾山にでも行かないと見られなかったものですが、新宿御苑と言い、砧といい、かなり進出してきているようです。

キジとかタゲリとか、色があるのはめんどくさいっす。同じ様な模様でも大きさが違うと翅の枚数だけかき分けなきゃいけないので大変じゃないっすか。

シギは・・・、やですねェ。あんなの描く奴の気が知れないっす。猛禽の羽とか迷惑以外の何物でもない。小鳥がいいなぁ。できれば同じ色の奴。色の濃いのは塗り込みが要るから、淡い系で。翼の重なりは気を遣うから、正面からがいいですねぇ。

T中さん、本格再稼働ですね!それもペン画!楽しみです。ペン画って大変ですからねぇ。

ペン画の細かいのがきついので色鉛筆画にしましたが、最近の流行りは、先に鉄筆等でへこみを付けて毛の質感を出すテクニックなんですが、そのために結局、チョー細かいことを結局続けていかないといけなくなりました。

世の中うまくいかないっす。

あ、日本画でも使えないでしょうか?

Posted by: さしえかき | Mar 24, 2020 02:37 PM

エナガ、都会進出中のようですね。
嬉しいですね。

へこみをつけて質感を出すというのは、日本画でもあります。これからキジの背中を試してみる予定です。日本画のテクニックって、すごくあるのよ。
面白いです。
色鉛筆もテクニックいろいろありそうですね。
鉄筆つかった作品、拝見するの楽しみです。

トイレットペーパー、こっちは売ってますぜ。
送ろうか?着払いで。
送料が1000円以上だわね。(笑)

Posted by: やままゆ | Mar 24, 2020 04:41 PM

は?!売ってるんですか?
じゃあ、東京だけなんですかねぇ?
江戸川の向こうにはあるのかなぁ。
トイレットペーパー探しの旅に出ようかと思っています。

ホントに困ったら1000円札を揉んで使わないといけないと思ってたんですよ。昔は500円札っていう手ごろなのがあったんですけどね。一回1000円はきついっす。

>日本画のテクニックって、すごくあるのよ。
確かにキラを入れたり、空押ししたりを版画では聞きますけど、日本画でもやるんですか。

>鉄筆つかった作品
は、とりあえず今度の両方の猫展用に描いています。それよりもいろいろなメーカーの色鉛筆を使い分けることで、かなり濃く塗り込めるようになりましたので、それをご覧いただきたいかも。
手間はかかるんですけどねぇ・・・。
アクリル絵の具使った方が明らかに速いんですが。
それこそ、T中さんに「もっと濃いところをつくってメリハリをださなきゃ」と教わったので、工夫しました。
外国製は厚塗りには向いているんですが、重ねて重ねて諧調を出すには、何のことはない、国産の小学生が使うような奴が非常に便利なことが判明。
世の中上手くいかないもんです。

Posted by: さしえかき | Mar 24, 2020 08:46 PM

紙の類は、ぼちぼちでてくるのでは?
数はおおくないけど、スーパもドラッグストアーも売ってますよ。

>確かにキラを入れたり、空押ししたりを版画では聞きますけど、日本画でもやるんですか。
ありまくりです。紙やすりで、削り出しとかもある。要は、何でもありの世界のようです。

猫拝見しました。
色鉛筆には見えませんね。
もっと濃い感じ。新しい色鉛筆画。
実物拝見したいところです。
なんでも試行錯誤大事ですね。

Posted by: やままゆ | Mar 25, 2020 07:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コミミ画小2 | Main | 日本画小作品猫 »