« December 2019 | Main | February 2020 »

印旛沼方面はしごしてきました

印旛沼にトモエが沢山いるとのことで、いってみた。

ものすごく久しぶりの印旛沼。カモが沢山いた。

目指すトモエは遠くてよくみえない。

田んぼにヒシクイが2羽いることをカメラマンさんに教えてもらう。

珍しいなあ。しかし、何故ここにヒシクイが…

沼のアイドル モモイロペリカンのカンタくんに会ってきた。

大きいなあ、なぜここにいるのだろうね。

20年以上も住み着いているようだけれど、一人で寂しくないのかな。

Mssk200130

船外機の上ではづくろい

次は、本埜の白鳥飛来地にいってみる。

田んぼの中になぜかコハクチョウ300羽くらいいる。

地元の方が餌付けして、管理されている。

遠くからみても白い大きなものが田んぼにちらばっていて、

目立っていた。

う~ん、これもなぜここにという感じ。

帰り道、我孫子のコミミポイントに寄ってみた。

すごいギャラリー!車、ひとひと。

田んぼの畦にだるまのようなコミミズクが佇んでいた。

そしたら、今描いているコミミズクの撮影者Y氏と

バッタリ会う。コミミの引き合わせだ。

ちょっと見ただけで帰宅。

ここは、Y氏に会いに行ったような感じ。

 

 

 

 

| | Comments (0)

阿蘇空港にミサゴがいた

義父の四十九日法要で熊本いってきました。

低気圧のすごいのがきていて、風は強いわ、雨はふるわ結構たいへんでしたが、

墓参りでは奇跡的に雨は降らず、ご加護かと思いました。(笑)

行った日に阿蘇空港でミサゴが2つ飛んでいました。

ん?本州に配備されていましたっけか?

はじめてみましたよ。オスプレイ。

20200126a

 

| | Comments (0)

コミミに会いにいく2

 

 

 午後、T自然の森で取材下調べしていたら、鳥友からメールあり。

コミミでているよと。

家にとって帰って現場へ急行しました。

いました、行った先に杭の上にいました。

あっけなく会えた…

それから川岸を低くなめるように飛んだり、

カラスをケンカをしたりと 堪能させていただきました。

ちょっと距離もあったので、まったりとみることが出来ました。

帰りにはギャラリーみんなニコニコ、

その場にいた人たちで「良い時間だったね」と話しあい、幸せに帰路につきました。

ふわふわコミミ、不思議ないきものだなあ。

Dscn0134_8501s

 

 

 

| | Comments (0)

雨のモズ

今日から1週間ほど雨が降るらしい。

この時期長雨は珍しい。

2階にある私の部屋から、モズの小さな歌声が聞こえてきた。

田んぼを臨む榎の上で、こんなこさ雨のなかで。

モズの繁殖は早い。

そろそろ嫁さん探しかな、プロポーズの歌の練習してるのかな。

Mssk200120_20200123102701

 

 

| | Comments (1)

コミミにあいに行く

制作中のコミミズク、本物に会いに行ってきました。

場所は、今コミミスポットで有名な千葉県某所。

お天気はよいのですが、風が強い。

こんな日は、鳥がでないんだよねと思いつつ現地へ。

平日に関わらず、それなりにギャラリーあり。

品川、横浜、練馬、多摩と圏外ナンバーの車が結構きていました。

チョウゲンボウが小鳥を狩るところなど見られ、ミサゴ飛ぶ姿がみられ、

おお、杭のうえに猛禽!コミミちゃんか!

Dscn0024_8419s

あれ、ちゃうねん。

ノスリでした。

結局寒さに凍えつつ、ふられたのでした。

帰りの富士山、きれいでした。

Dscn0031_8426s

またいきます。

 

| | Comments (0)

日本画コミミズク3

今日は、里山で野鳥調査でした。

全体的に、小鳥の群れも小さく種類も少な目な感じでした。

帰ってきてコミミ制作。

相変わらず渋い。

Dscn0021_8414s

| | Comments (0)

日本画コミミズク2

やっと本体描きこみ。

背景も もっと描きこみます。

このコミミちゃん本体は、我孫子のY氏が撮影したものがモデルです。

サイズは、15F。

どんな絵になっていくかな。日本画は、わからないところが面白い。

Dscn0008_8409s

 

 

 

| | Comments (0)

日本画コミミズク背景

日本画コミミズク背景できました。

昨年、銀箔を貼ってあったものに 

本日、アイロン使って硫化させて焼きました。

枯れた草原のイメージです。

この上に岩絵の具をおくので、変わってしまうけれど。

いい感じにわびさびです。

Dscn9963_8405s

| | Comments (0)

カワウのたまり場

最近よく近所散歩をしています。

近くの川に面した林で、カワウが20羽ほど溜まっているところがあるのに気が付きました。

木がフンで白くなってきているので、結構前からたまり場になっているようです。

U沼のたまり場から、分かれてきたのかな?

コロニーになるのかな?今後の展開が楽しみです。

最近近所でカワラヒワをみないなあ。

Dscn9940_8347s

| | Comments (0)

本年もよろしくお願いいたします。

新年あけました!

今年も宜しくお願いいたします。

Kayanezumi

早々に

お年賀状いただき、ありがとうございました。

喪中故、新年のご挨拶できませんが、

寒中お見舞いいたしますので、ご容赦ください。

皆様にとって良い年となりますよう、祈願しております。

 

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »