« 新しい絵本のお知らせ 「あきのおさんぽ いいものいくつ?」 | Main | 日本画でヤンバルクイナ »

茨城でコウノトリがハス田の防鳥ネットにからまり後死亡


8月27日茨城県小美玉市で、天然記念物コウノトリがレンコン田の防鳥ネットにひっかり
保護され、30日に収容先で死にました。
このコウノトリは、千葉県野田市の施設で生まれ、6月に放鳥された個体だそうです。
茨城のレンコン田の防鳥ネットで死ぬ野鳥が多く、問題になっていましたが、
とうとう大きな犠牲がでました。
全国のレンコン生産地でも防鳥ネットを使用していますが、茨城以外は収穫期以外は、網をはずしています。
しかし、茨城では1年中張っていて、今回の事故につながりました。
今回の報道を各社比べてみると防鳥ネットの被害を知らせたくない意図を感じる報道がありました。

普通に報道しているのが、茨〇新聞 東〇新聞
朝〇新聞は、防鳥網にからまった状態でみつかりとう表現。ほとんど野田の放鳥の話。
NHK 千葉NNEWS WEBにいたっては、レンコン田、防鳥ネットという単語さえも使わずに報道。(ネットのニュース) 以下の文章
>茨城県小美玉市の田んぼでけがをしているのが見つかり、
>茨城県内の施設で保護され
>ていましたが、30日朝、死んでいるのが確認されたということです

田んぼじゃなでしょう、ハス田だろうが。
マスコミが大きくなるほど、隠そうとする意図が見えます。
小さかったら大丈夫かというと、そうでもなくてケーブルテレビのネット「つくば〇もん」をみたら

>小美玉市内のレンコン田で8月27日午後、
>飛来したコウノトリが保護されていたことが29日、分かった。
これ、ケガことなし、追加で死んだことも報道なしです。(8月31日お昼頃現在)

防鳥ネットにかかって、多くの鳥が死ぬことを 読者に知ってもらいたくないんだな。

私は、このブログでは、悲しいこと頭にくることは描かないつもりで2005年からやってきましたが、この件はだまっていられなくて書きます。
コウノトリの犠牲から、多くの人にこの問題を知ってほしいと思います。
こちらのサイト見てください。野鳥の会茨城県HPです。

|

« 新しい絵本のお知らせ 「あきのおさんぽ いいものいくつ?」 | Main | 日本画でヤンバルクイナ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。野鳥の会から現在ちょっと距離をとっておりますが、会員ではあります。
さて、マスゴミの報道姿勢には強い憤りを感じて現在都内の意を同じくする人々と変更報道撲滅の為に戦っております。
今回のコウノトリの報道は明らかに、いかばかりかの裏事情が垣間見えますが、鳥好きな人は強く怒ることでしょう。一般の鳥好きで無い人々の方が圧倒的に多いのだから、その人々に真実を知らしめる方策をする可きだとも思います。このような事が起こるたびに鳥好きな人々はその中で騒ぎ周りに波及し難い環境を自分達で作っていることに気付くべきです。マスコミ報道は放送倫理検証委員会なるものもありますので、そちらへ訴えるその上で、ネット上のあらゆる手段を使ったり、真実を放送してくれる外国メディアを使うなど広く世間に知らしめるべきだと思います。
とにかく日本のメディアは上からの目の色を伺う報道しかしませんので、メディア自由度は先進国中で最下位です。

Posted by: シオカラトンボ | Sep 03, 2018 at 09:53 PM

シオカラトンボさん

どうもお久しぶりです。
海外メディアが正しいことを報道するかというのも疑問ですよ。
多分彼らも自国の隠したいことを隠していると思うし。
今回の件では、どこの報道が行政よりなのかあぶりだされたと思います。
最近のN〇Kは、世論操作がはなはだしいので信用していませんが、やはりという感じがしました。
とはいえ、今回のことは、マスコミへの攻撃ではなく、蓮田の防鳥網の問題であることを忘れてはいけません。
「夏場にレンコン田に網を張ることの問題点をみんなで考え、撤去の方向にもっていく」ことが大事だと私は思っています。

Posted by: やままゆ | Sep 04, 2018 at 07:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新しい絵本のお知らせ 「あきのおさんぽ いいものいくつ?」 | Main | 日本画でヤンバルクイナ »