« June 2017 | Main

LTAPのための作品習作

羽田ちかくの森ヶ崎水再生センターで繁殖しているコアジサシを
作家が取材させていただき、作品を作るというリトルターン アート プロジェクト(LTAP)を
NPOリトルターン プロジェクトさんと企画して、6月に繁殖地の外側から取材させていただきました。
その作品制作始めました。
いつもとちょっと違うタッチ探しで、ザーッと習作を描いてみた。

S

う~ん、どんなもんかな。
鳥たちは、もうちょっと繊細に描きたいかなぁ。
実際は、親子を複数描く予定。
もうちょっと練ってみます。

出来た作品は、9月の文房堂でのグループ展にまず出す予定です。
その後は、JBFでLTAPのコーナーを作り、展示の予定です。

| | Comments (0)

今朝のこと

久々にヒクイナが良く鳴いています。
いままでもいたのかしら?

近所の荒れ休耕田が、昨年末から掘削工事して調整池になりました。
岸でカルガモの親子がやすんでいました。
母さんは警戒中。ヒナは、この写真では5~6羽ですが、近くに3羽いますので、8~9羽の兄弟です。
今年は、カルガモの親子をよく見るわ♪

Dscn2155_1189s

| | Comments (0)

足跡みっけ

今朝のウォーキングでみつけました。
川沿いの道に足跡。
器用そうな長い指が5本、だれでしょう。

170708


答え
アライグマです。

| | Comments (0)

田んぼとカルガモ

家は高台にあり、眼下に田んぼが広がっています。
田んぼは、5月の初めに田植えをするのが恒例でしたが、
今年はなぜか、うちの前の3枚の田が6月初めの田植えでした。

そんなことで、まだ水面がしっかり見えています。
右が5月初めの田植え、左が6月初め。
Dscn1954_1178s_2

この左の田んぼにカルガモたちが、10羽くらい訪れて食事をしています。
今日は、親子がいました。
Dscn1935_1162s_2

夕方6時半くらい、疲れたヒナたちは畦で寝ていますが、母ガモは警戒を怠りません。
画像からは、ヒナの頭が、7つ見えます。
プロミナーではわからないことでした。さすがP900。
Dscn1939_1163s_2


しばらくカモたちの姿が楽しめそうです。

| | Comments (2)

« June 2017 | Main