« August 2016 | Main | October 2016 »

カケスが渡ってきた

朝、義父と散歩。
(いま義父と3人でくらしています)
近所の谷津田をゆっくりゆっくり散歩。

谷津田の上、結構高いところをふわふわ幅広羽の鳥が飛んでいく。
1羽、2わ、3わ、4わ ぱらぱら1列に飛んでゆく。
そのあとちょっと遅れて3羽も続く。

ありゃなんだ?
 えっと
 えっと
ああ、そうだ。カケスじゃありませんか。
下尾筒の白もみえる。
カケスの渡りだ。

山から下りてきたようです。
でもこの群れは、まだ遠くまで行きそうだな。
目的地に無事につくといいね。
彼らが里に下りてくると、雑木林がにぎやかになって、
本格的に秋になります。
アケビの実も大きくなってきていましたよ。

そうそう、今日はちょっとキンモクセイの香りもしました。
秋本番の入り口にきたかな。

| | Comments (0)

展示会いってきました


渋谷文化村で開催されている、
「ビアトリクスポター生誕150周年
ピーターラビット展」
にいってきました。

原画の数が半端なく(70~80点?)
あの師玉の作品が、これでもかこれでもかとみてせくれます。
だいすきな場面の原画も多数。

絵本製作前の若いころのグリーティングカードのち密さ、完成度の高い
イラストにびっくりです。
これが本当の細密画だなあと、感心しました。
また、ピーラビ絵本のように小さなスケッチブックに
描かれた風景がの美しいこと。
そのまま絵本になりそうです。
画材の使い方で疑問があったのですが、
まじかに原画をみつめていて、
創作活動前半から、後半の変化もかんじられ、大変勉強になりました。

絵から、ポターさんの息遣いが感じられるようでした。
いやほんと、勉強になりました。
ひさびさにわくわくしました。
ピーラビ好きでしたら、絶対にいったほうがいいです。(きっぱり)

2016年8月9日(火)~10月11日(火)※会期中無休

会場
Bunkamura ザ・ミュージアム

開館時間
10:00~19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
Main


展示会はしご。
重原美智子個展
わたり鳥の交差点
いってきました。

モンゴルでの経験されたことを イラストにされています。
雄大な自然の中での生活と鳥たちを 美しい色彩で表していました。
このまま絵本になったらいいのにね。
ご本人の体験話をおききしながら見ると、また格別でした。
残念ながら今日までです。
会期/2016年9月20日(火曜日)〜9月25日(日曜日)
12:30〜19:00 最終日17:00まで
会場/Ecru+HM エクリュ+エイチエム http://www.ecruplushm.com/
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
TEL 03-3561-8121
最寄り駅/銀座線銀座駅A13出口より徒歩5分、有楽町線銀座1丁目駅10番出口より徒歩1分、JR有楽町駅より徒歩6分


| | Comments (0)

サシバのわたり

はじまってますね。
先ほど外からサシバの声がしたので、みてみたら~
おお、4羽が森の上を旋回していて、
小さな鷹柱になっていました。
そして翼をすぼめてすごいスピードで西へ飛び去りました。
あまり上昇しないで滑空していきましたが、
曇りなので、よいサーマルがなかったのかな。
2時ちょっと前の話です。
彼らは、
伊良湖あたりで集結するのかな。

家の中からサシバの渡りがみれるなんて、田舎の幸せ (*^^*)v
ほんとに秋になったですね。


| | Comments (0)

昨日は秋祭り

昨日は近所の神社の秋祭りでした。
19時から、奉納の花火が上がります。
玄関から眺めました。
これが終わると秋が来るような気になります。

しかし、今年は生き物少ない感じがします。
いつも家が、田んぼに来るスズメに包まれるのですが、
あまりいません。
トンボも壊滅的にいない。
稲刈りのコンバインについてあるくサギたちもいない。
みんなどこにいちゃったのかな。

話と関係ない猫スケッチ。
寝てばかりの猫14歳。
余命半年~1年といわれました。
スケッチブックに留めなきゃ。

Mssk160911

| | Comments (0)

HP引っ越しのお知らせ

HPの引っ越しのおしらせ

本家HP
Mari's Gallery of Wildlife Art
http://homepage2.nifty.com/mari_otaguro/
プロバイダーのサービス停止にともない、
9月29日をもって閉鎖となります。


引っ越し先は、
http://gallery1-m-otaguro.art.coocan.jp/です。
もうご覧いただけます。
ブックマークしていただいていたら、お手数ですがご変更よろしくお願いいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
なお、ブログはこのままです。


| | Comments (0)

リトルターン・プロジェクトさんのブログ

リトルターン・プロジェクトさんのブログに 私と「鳥のくらし図鑑」紹介していただきました。
こちらです。

ご存知ない方もあるかもしれませんが、リトルターン・プロジェクトとは、
10年前から大田区にある森ケ崎水再生センターの屋上で、
コアジサシのコロニーを保護しているNPOです。
詳しいことは、サイトをご覧ください。
人々が本気になって、試行錯誤しながら鳥の営巣地を守ってゆく活動をみてください。

今年の6月にそこで暮らすコアジサシの取材をさせていただきました。
そのご縁もあって、「鳥のくらし図鑑」のコアジサシのページのチェックを
M氏にお願いしました。おかげさまで、いろいろご指摘いただき、
コアジサシのページが充実しました。
Mさま ありがとうございました。

実際に営巣風景をみて、絵本で使うつもりのヒナのイラストも描き換えました。
実物のかわいいこと。巣立ちびなの親への「餌ちょうだいアピール」がすごいすごい。
やはり実物みないといけないな~と実感。
しかし、39種すべて生態をみられるわけでなく…
けっこう難しいですねぇ。(+_+)

この取材をもとに描いたコアジサシのヒナのイラスト1点を
LTPさんの活動に使っていただくことになりました。
そのうち出てくるとおもいますので、その時はお知らせします。
あっ、缶バッジにもなるようです。11月のバードフェスティバルででてくるかも。
海鳥系は、あまり描いたことないので、どきどきものなんですが(笑)
活動のお役に立てたらいいなと思っています。
そのうち、コアジサシの親子を 大きな画面で描いてみたいな。

| | Comments (2)

印刷立ち合い行ってきました

きのうは、「鳥のくらし図鑑」の印刷日でした。
編集者と営業さんと3人、埼玉県の工場へいって、
印刷の立ち合いをしてきました。
現地8時40分集合。(は、早い‥)
印刷会社は、DNPさん。
雑誌も多く手掛ける最大手、とても大きな工場でした。
発売前の印刷物をあつかうばしょなので、機密がいっぱい。
来客は、携帯電話のカメラレンズに 撮影できないよう、シールが貼られてしまうのでした。

今回は、印刷室には入らずに、別室で待機、
本のカバーから、表紙、中と順番にシート1枚ごと印刷ができるたびに持ってきてもらって、
色をチェックしました。OKだすと本印刷、5000部づつ印刷されていきました。
修正の箇所は、1度の直しで的確になおされて、大変きれいな色に出していただけたと思います。
印刷ディレクターさん、若い職人さんたちありがとうございました。
すごく仕事が早かったです。
3時には、48ページ分終わってました。
今回のディレクターさんは、猫の岩○先生のお気に入り、ご指名なのだそうです。
世にでている猫写真集は、この方の手によるもののようです。
なかなか個性的な魅力的な方でした。
羽の本のときもそうでしたが、
有名な印刷ディレクターさんて、なんか独特なんですよね‥
違う世界を経験できるのって、楽しい。
大変貴重な時間をすごしました。
関係者のみなさん、ありがとうございました。

あとは製本されて見本本ができるのを待つだけです。
出来上がりが楽しみです。


| | Comments (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »