« またまたカラスの鼻毛 | Main | お米の花 »

猛暑の夕方

猛暑がつづいています。
26日この辺は35度。
たいそうな暑さの中、夕方から集合して、ヘイケボタルを見に行ってきました。
某公園についたころ、ちょうど日の入りで、生き物たちが
ねぐらにもどっていく様子がみれました。
サギがどんどん小さなねぐらに集まってきます。
遠くの花火の音におどろいて、ねぐらに入ったカラスの大集団が、
夕焼け空で右往左往する光景もみられました。
だんだん暗くなると、蝙蝠が飛び始め、
暗くなると鳴く虫の声がおおきくなってきました。
毎日、昼と夜の生き物の交代がされているのだなあ。


日が落ちて、蛍のいる場所にむかいました。
半月の夜は、月明かりで結構あかるく、灯りなしでも歩けます。
目的地は、田んぼと用水路、芦原のあるところ。
これだけ蒸し暑いと ホタルが沢山飛ぶであろうという期待をもってましたが…

おお~いるいる。
はなかげな小さな点滅が、たくさん飛んでいました。
久しぶりにたくさんのヘイケをみました。
暑い夜って、辛いだけでなくいいこともあるのだなあ。

業者が捕りにくるといけないので、場所はかけませんのでご容赦ください。


すてきな夕焼けをおすそわけ
P1110709s


P1110702s

|

« またまたカラスの鼻毛 | Main | お米の花 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« またまたカラスの鼻毛 | Main | お米の花 »