« 今年も発生2 | Main | キツネ »

カルガモ一家

急に夏になってしまいました。

ここ数年でトンボが激減でしたが、今年はちょと多い気がします。(うちの近所比ですが)
あさのウォーキングで、コシアキトンボが沢山いました。
それから今日の嬉しい出会い。
カルガモ一家がいました。
コガモたちが、10羽も!
もう親とほとんど同じくらいのサイズに育っています。
でもまだ、小さな声でピーピーとヒナの声で鳴いていました。
カルガモ一家というと 母親がヒナを引き連れるイメージですが、
これくらい大きくなると ヒナたちが先に泳いで、そのあとを母ガモが
まわりを警戒しながら泳ぐ姿になるのですね。
母さんは、ちょっと離れて泳ぐ1羽に目をくばり、首を伸ばして警戒したりと
注意を怠りませんでした。
10羽もこの大きさまで育てたのだから、ベテラン母さんなのだろうなあ。
その後、
草の生えている川岸にみんなで行って、くつろいでいました。
いいもの見ました。(*^^*)

Mssk150713_2


そうそう、昨日仕事イラスト描いていたら、外からオオタカの声。
なんかカラスが騒いでいたわけだわ。
声からいって、多分巣立ちの若いオオタカだと思います。
おなかがすいて、親を呼んでいたのかな。

いろいろな所で、大きくなった巣立ちビナたちがいて、楽しい時期です。
仕事は、毎年来ている雑誌 「チルチンびとさん」からの依頼です。
今年も植物画12種。秋発行。

|

« 今年も発生2 | Main | キツネ »

「イラスト」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年も発生2 | Main | キツネ »