« 庭のヒナたち | Main | カルガモ一家 »

今年も発生2

17日の記事にしましたが、イトトンボの羽化、みました。
朝7時に水草の上にいたのを発見。
体がぬれていて、上がったばかりという風情。
もうちょっと時間かかりそうと家事をやっててわすれていました。

きがついて8時過ぎ。羽化は始まっていました。
ちょうど背中がでたところでした。
カメラカメラと家にもどって撮影

P1110647s

P1110650s


P1110664s


P1110671s


このあと、腰がのびてしっかりしてきました。
その後
9:53にみにいったら、私に驚いたようで飛びました。
初フライト!
すぐ近くのヤツデにとまりました。
無事に羽化できたようです。


|

« 庭のヒナたち | Main | カルガモ一家 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんな小さいところでも湧くんですか?!
いや、ウチもこの時期、毎年モノサシトンボを見かけるんですが、池もなく裏の(正確に言うとあっちが道に面しているんですが・・・)の植物学者の先生の、全く手を入れないのがコンセプトな庭にも、バケツくらいしかないので、ボウフラは湧いてもトンボが育つとは思わず、ずーっと謎だったんですが・・・。
あるある!隣で、小さなバケツにずーっとメダカを飼ってるんです。ここから湧いたなら、非常に納得です。

どこかで羽化したトンボが、移動していく経路にあたってるのか、不思議なことだ・・・、と思ってたのですが、こんなところに出所(っぽいところ)があったなんて!

こんなに大きな水草はなかったけど、どうやって這い上がったのかが不明ですが。
東京都はいえ、外れのほうですけど、見る目で見ればいろいろ居るもんですねぇ。

Posted by: さしえかき | Jun 29, 2015 at 12:35 PM

さしえかきさん
そうそうなんですよ。
ちいさなスペースでも発生するんですよ。
多分ポイントは、手をかけないこと。かも。
水をかえたりしないで、落ち葉を適当にのこしておいたりすると、ヨコエビとか発生して餌になるみたいです。

>こんなに大きな水草はなかったけど、どうやって這い上がったのかが不明ですが
水面に棒やら葉が差し込んでいたりすれば、のぼるかも。

>見る目で見ればいろいろ居るもんですねぇ。
ほんと、おもしろいですよね。

今日水盤みたら、大きなアマガエルがふちに乗ってました。
こんなのいたら、羽化中はひとたまりもないですね。自然の縮図がここにもありました。

Posted by: やままゆ | Jun 29, 2015 at 05:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 庭のヒナたち | Main | カルガモ一家 »