« ツチノコ? | Main | つばきレストラン台湾版でました! »

アカトンボがいない

毎年書いてるような気がしますが、ほんとうに赤とんぼがいません。
数年前には電線に並んでいたノシメトンボ、今は40分歩いて2匹見かけたとか…
そんなかんじです。

庭には無数のノシメトンボ、ちょこちょことマイコアカネやナツアカネなどがいつもいましたが、
ことしはゼロです!
でもシオカラトンボはくるんですよ、それと田んぼ以外で繁殖する種のトンボ(ヤンマ系)はときどききます。

トンボが少ないといいだしたのは、2008年からです(このトンボとは、身近に大量にいたノシメトンボを意味しています)それから毎年トンボがいないと書いています。
2008年、この年からなにがあったのでしょうか?

新しい農薬(フィプロニル系)を使いだした時期なのではと推測しています。
(どうしたら調べられるでしょうか?)
EUなどではミツバチに被害があるとして禁止されている農薬を なぜ日本はつかっているのでしょうね?


昨日、近くの川の上流部を散策してきました。
森と田んぼと川がある、なかなか良い環境の場所です。
森には、たくさん羽黒トンボに会えました。ここで、ノシメとナツアカネに数頭会えました。
川にも縄張り攻防戦するハグロトンボたちの暮らしぶりがよく見れました。
彼らは、問題なく生活しているようです。
田んぼの上と時々飛んでいるのは、シカラトンボ。
赤とんぼ系は、ゼロでした。
同日、その川の下流、U沼にそそぐあたりを散策。
田んぼ回りを歩きましたが、赤とんぼ系を見ることはゼロでした。

本当に今年は、ひどいです。
10月になったら、アキアカネ帰ってくるかしら?そもそもちゃんと生まれたかしら?
自然が残っていて保護されているところ、いろいろ薬品の制約をして稲作しているところは、きっと赤トンボが沢山いることでしょう。
家のまわりのようなところ、全国にいっぱいあると思うけれど、
今、普通の田んぼの普通の自然が危ないです。
普通にいた種がいなくなるってことは、自然のサイクルがゆがんでくるのでは?
この時期になると、毎年不安になります。

|

« ツチノコ? | Main | つばきレストラン台湾版でました! »

「自然」カテゴリの記事

Comments

久しぶりの訪問です。

ご活躍ですね。嬉しい限りです。

さて、トンボの件ですが農薬も関係してるとは思いますが、
作付け品種も関係あるんじゃないかと思います。
08年頃は早場米の秋田こまちの作付けが増えてませんか。
そして1・2年前に超早場米の一番星の試験栽培が始まり今年は本格的に栽培が始まってます。当然稲刈りの為に水引き上げも早まります。詳細は農協関係者か農水省職員に聞かないとわかりませんが、僕はそう考えます。

Posted by: シオカラトンボ | Sep 05, 2014 at 10:10 PM

シオカラトンボさん
お久しぶりです。
早場米ですか。う~ん、うちのまわりでは、作付が1週間くらい遅くなっていますよ。
引っ越してきた当初(1996年)ごろは、GWに集中して田植えが多かったですが、最近はかなりバラバラになってきています。うちのまわりに関していえば、作付云々が原因ではないでしょう。
それと、お米は近所の農協直売所で買っていますが、秋田こまちは見ないです。

Posted by: やままゆ | Sep 05, 2014 at 10:26 PM

文一総合出版の「日本のトンボ」P70に、二橋亮さん(産総研)による富山でのノシメトンボ、アカアカネの統計が載っていましたが、1993年と比較して、すでに2008年には1/10以下のようです。
そこまでの実感はないのですが、20年前のことはよく覚えていませんね。
ちなみに、苗と一緒に埋められる箱処理剤のうち、「イミダクロプリド」は1993年から、お話しの「フィプロニル」は1996年から全国に出荷されているのだそうです。茨城での使用状況はどうなのでしょうね。
乾田化など様々な要因も影響しているのではと思っています。

Posted by: yamasanae | Oct 02, 2014 at 09:34 PM

yamasanaeさん

詳しいデータありがとうございます。
家がここに引っ越してきたのは、1996年です。
18年前の話。
そのころは、電線にノシメトンボがずらりと並んでとまっていました。庭の木の枝やらとんがったところには、ノシメトンボがいくらでも止まっていたものです。今年は、何度か庭に来たことがあるという程度で、気のせいでいなくなったというレベルではありません。
ノシメトンボを数えようなんて思ったことありませんでした。
アキアカネの渡りも2日くらいは、絶え間なく飛んでいたもんです。


yamasanaeさんのお宅のほうは、大丈夫のようですね。
よかったです。
ご近所ですから、そちらに生き残っていたら、こちらも復活できる可能性ありますね。

Posted by: やままゆ | Oct 02, 2014 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ツチノコ? | Main | つばきレストラン台湾版でました! »