« 12月の自然系展示会お知らせ | Main | 演劇「有明をわたる翼」みてきました »

演劇「有明をわたる翼」チケット発売中です

「有明をわたる翼」
2013年12月に水門が開放されるはずの諫早湾を主題として、人間と自然との関係について考えるファンタジー劇が公演されます。
演劇人と生態学研究者が共に作り上げた画期的なものになりそうです。
演劇好きだけでなく、自然好きの方たちに是非ご覧いただきたくご紹介いたします。

あらすじ
長崎県諫早(いさはや)湾沿岸のある漁師町では、開門訴訟を起こそうとする漁師たちと開門反対派の漁師たちで
コミュニティが真っ二つに割れてしまう。その狭間で苦しむ恋人たち、家族の生活のために海を捨てた漁師の苦悩。
一方で堤防閉鎖によるベントス(※1)大殺戮によって、海の神は恵みをもたらす柔和な面を捨て、
災いをもたらす憤怒の形相となる。漁師とその娘のすれ違う愛は、大嵐の中でどのような結末を向かえるのか。
シベリアへ向かう途中のオオソリハシシギの群は、諫早湾で何を目撃するのか。
海神は柔和な面をふたたび取り戻すことができるのか。
(※1)水底で生活する生物の総称(底生生物)。貝、カニ、ゴカイ、ナマコ、一部の魚や、海藻・海草など

期間 2013/12/18(水) ~ 2013/12/22(日)
会場 ザムザ阿佐谷
〒1660001
東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
03-5327-7640
http://www.laputa-jp.com/zamza/main

劇がたちあがった経緯は、クラウドファンディング(募金のサイト)からどうぞ。
https://readyfor.jp/projects/Hediste_japonica

演劇企画フライウェイfacebook
https://www.facebook.com/AriakekawagokaiFlywai?fref=ts
チケット
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=50650

私もチラシイラスト等で参加しております。
ただいま演劇資金協力者のためのバッジ(磁器に絵付け)10個を制作中です。
沢山の方に見ていただきたい!是非

Content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5ad


|

« 12月の自然系展示会お知らせ | Main | 演劇「有明をわたる翼」みてきました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 12月の自然系展示会お知らせ | Main | 演劇「有明をわたる翼」みてきました »