« November 2012 | Main | January 2013 »

ありがとうございました

2012年、無事に閉じようとしています。

いろいろありそうで戦々恐々としておりましたが、案ずるより産むがやすし?
なんとか自分のみのまわりも無難に過ごすことができました。
新しい出会いから、いろいろな広がりや知識もいただきました。

ぼちぼち更新ながら、見に来てくださる方もいて、それも励みになりました。
みなさん、辺境の地に来てくださってありがとうございました。


2013年は、新しい絵本の仕事が動き出します。
そして年末には、あのスペシャルなグループ展もあります。
どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

今年一年、ありがとうございました。
来年のみなさまのご多幸を お祈りしております。


やままゆこと おおたぐろまりFukuhina01s


| | Comments (0)

鳥たちの秘密(サギの粉綿羽)

先日のことですが絵本の編集者さんと我孫子の鳥の博物館におじゃまして、
絵本のための取材と学芸員さんに原稿のチェックをしていただいてきました。

今回の目的の一つ、サギ類ハト類インコ類等どには、粉綿羽というものがあるのですが、
サギの標本で、それを見せていただきました。
注-最後にアオサギの粉綿羽の写真を添付してあります。
苦手な方はスクロールしないでくださいね。

粉綿羽とはなんぞやという方-
ある種の鳥に生えている特殊な羽で、生涯のびつづけ、
先端がこわれて遊離し、ケラチン質の粉末となる。
この粉末を羽に塗り、汚れの除去や防水に役立てる。
ハトが窓にぶつかったときに魚拓のように鳥の形に白く粉がつくことがあるが、これが粉綿羽の粉。


サギ類の粉綿羽は、まとまって生えているのは写真ではみていたのですが、想像以上のものでした。
胸に大きな面、腰の脚の付け根外側内側と5か所のまとまった 粉綿羽がありました。
アオサギの胸の粉綿羽は、胸毛か!?というほどの蜜で広範囲でした。
触るともろくてちょっとねばついて、もろもろになります。
不思議な質感。


ウィキペディアに
サギ科
「他の水鳥と異なり、尾に水を弾く脂を分泌する器官(羽脂腺)を持たない。そのため粉末状の羽毛を全身に塗り、防水処理を施す。この粉末状の羽毛は、胸部等に生える粉綿羽という崩れやすい特殊な羽毛から得る。第3指は扁平で、粉末状の羽毛を指につけ全身に塗るのに適している。」
とあるのですが、
羽脂線-いわゆる尾脂線のことだとおもいますが、アオサギ、コサギ、ゴイサギとしっかりした尾脂線がありました。
これもなかなか実物を見る機会がないのもですが、じっくりみせていただきました。

尾脂線も粉綿羽も 鳥たちが羽をきれいに保つために必要不可欠なものです。
これらをぬることで、精密な羽毛を保っていられるのです。
人知れず鳥たちは努力しているんですね。
他にも、鳥たちの体の面白い話をお聞きしたりみたりできました。
楽しくて興奮しっぱなし、博物館を去るのがほんとうに惜しかったです。
しかし、生き物ってすばらしいです。
お相手してくださったS様、ありがとうございました。

ここでは、はっきり書いていませんでしたが、次回の絵本は、鳥の羽に関するノンフィクションもの、
科学絵本です。題名はまだきまっていませんが、こうご期待!

(ちょっと誇大予告になってしまいましたが、粉綿羽に関しては、ほんのさわりしか載ってません。
すみません。25日追記)

アオサギの衝撃の胸毛写真↓
2012_12_21_3753s


| | Comments (2)

12月の展示会お知らせ

年末年始の展示会のお知らせです。

Neko0000

古本屋さんで?!
猫のペン画展-伴義之 ペン画作品展ー

2012年12月22日~2013年1月6日
12:00~21:00
水曜日定休(年末年始営業)

古書西荻窪モンガ堂
杉並区桃井4-5-3ライオンズマンション102
JR西荻窪駅からあるいて14分青梅街道沿い。
地図はモンガ堂ブログにてご確認ください。

鳥、猫、軍艦のペン画で定評あるあの伴さんですが、
いまやペン画の猫作家の地位を確立しております。
今回も猫画10数点展示。塗り絵、絵ハガキの販売もあります。

なぜ古書店で!なぜこの忙しい年末年始に!と突っ込みどころ満載で、
普通にやらないところが彼らしいです。(笑)
いつ伺おうかな、
初個展のようなので、お祝いもっていかなくちゃ。

井草八幡宮の初もうでも帰りに寄ってくださいとのことです。

伴さんHPはこちら

| | Comments (4)

近況

なんと12月も13日!
12月初めての更新になってしまいました。(汗)
月初めは、数日九州にいってました。
それからご紹介いただいた会社訪問、旧友とお食事だったり、調査にでたりと 普段あまり家からでないのですが、外出しっぱなしでした。
そんなことで元気でいきています。

今朝は、野鳥ラインセンサス。
寒かったですが、晴天で無風という好条件。
冬鳥いっぱいでましたよ。
フユエダシャクの仲間が沢山とんでいました。

これから忘年会が連日あるし、また絵がかけないな。
NPOで依頼されてるカットもかかなくちゃ、年賀状もかかなくちゃ、
年末はせわしないですね。
寒いし、風邪がはやっているし、
みなさま、ご自愛くださいね。 (^_^)/

Satoyama02
意味もなく、里山の手入れイラスト

| | Comments (2)

« November 2012 | Main | January 2013 »