« エナガの巣材 | Main | 8月も最後 »

赤いイトトンボの件

8月11日に庭の池にでた、赤いイトトンボですが、
17日に茨城のいきもの系の会会長さんに、見ていただき採集していただきました。
その後、トンボ学会の会員の先生とお二人で鑑定してくださいました。
その結果です。

リュウキュウベニイトトンボに間違いない、とのご回答でした。

私がHCで買って池にいれたホテイアオイについていたのだろうとのことです。
神奈川でやはりリュウキュウベニイトがでたそうですが、それもホテイアオイだったそうです。
今回のことは、茨城初とのことで、茨城の某生物の会の会報に報告書が載ることになりました。


今回は、1匹でしたので繁殖はできませんが、
これが複数でしたら繁殖したかもしれません。
期せずして、いないはずの生き物を増やしてしまう実例を身をもって経験しました。
珍しトンボがでてくれて嬉しい気持ちもありますが、じつのところ複雑です。


今回のことで、いろいろな方にご指導いただきました。
どうもありがとうございました。
小さなトンボが、いろいろな縁もつないでくれました。
赤いイトトンボ君にもありがとう。

みなさま、お騒がせいたしました。
一件落着です。
あっ、あのホテイアオイ、どこから仕入れてきたのかしら??

|

« エナガの巣材 | Main | 8月も最後 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

種名が確定し良かったですね。
でも、気候風土がそれだけ琉球地域に近いから生まれて来たんだよね。小さな生き物から地球温暖化を実感しました。
それにしてもキビタキが繁殖できて、リュウキュウベニイトトンボも孵ってと不思議なものが他にも現れそうな感じはしませんか?
地球温暖化って生物にとっては本当に大変な事態なんですね。

Posted by: シオカラトンボ | Aug 25, 2012 at 04:50 AM

シオカラトンボさん
このたびは、いろいろお世話になり、ありがとうございました。
はっきりして安心いたしました。

生き物のいろんな分布が、かわりつつありますね。
作物にもかなり影響でているようですね。
ところで、
キビタキの平地繁殖は、温暖化の影響?

Posted by: やままゆ | Aug 25, 2012 at 06:54 AM

茨城では見れないトンボを見つけ、それを専門家の同定まで導いたやままゆさんのパワーに脱帽です。
でも、複雑との感想には同感です。

Posted by: yamasanae | Aug 26, 2012 at 07:36 AM

yamasaneさん
いえいえ、yamasaneさんはじめ、ここに来てくださる方たちのお教えとご協力あってのこと、大感謝です。
yamasanaeさんのコメント「♂がみたいですね」からはじまりましたね。ありがとうございました。
しかし、遠くないうちにあちこちで、赤いイトトンボ情報がでてきそうな予感がしますね。

Posted by: やままゆ | Aug 26, 2012 at 09:56 PM

こんにちは。
リュウキュウ~とは驚きです。
それにしても偶産というか混迷というか、
生き物たちの分布拡大?も様々な要因があ
るものですね。
ともかく県内初記録という事実は確かなの
です。これは意義あることだと思います。
「内心やや複雑」っていう気持気持ち、分
かりますが、まずはスッキリしましょう。

Posted by: 翼@職場 | Aug 28, 2012 at 02:54 PM

翼さん
ご職場から、ありがとうどざいます。(^-^;
たまたま私が気付いただけで、他の場所でも発生している可能性ありそうな気がします。翼さんのお近くにもいるかもしれませんね。

小さな出会いのご縁を嬉しく思わないとね。
はーい、悩まないようにしますね。

Posted by: やままゆ | Aug 28, 2012 at 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エナガの巣材 | Main | 8月も最後 »