« 今日は猫の日 | Main | カニ自慢 »

博物画に観るエビとカニの美―やっと行ってきました

葛西臨海水族館でもう催されている
博物画に観るエビとカニの美―杉浦千里が描いた海の生き物展に
やっと行ってきました。

入り口近くのギャラリーコーナーでの展示で、自然にお客さんが沢山入ってきていました。
みなさん、え?描いてあるの?すごい!と、感嘆されていました。
(80%くらいの人がすごい!と言ってたような気がします。)

今回は、エビカニだけの展示会(ウルトラマンが2点あり)
みんな拝見した作品なのですが、見るたびにすごいなあと思います。
カニ説明も添えてあって、さすがに水族館での展示です。
また、ところどころにあった保存会のコメントも 故人の制作秘話などあって大変興味深く拝見いたしました。

絵は、ほぼ分類ごとにならんでいたので、新旧入り混じっていましたが、
初期の作品もクオリティーが高いのですが、あらためて後半のすごさを感じました。
初期のカラッパと遺作のカラッパが同じケースにありましたが、進化のあとがはっきりとわかりました。
やはり後期の大型エビはすごいな。命を削って描いてしまったのだなあ。
これぞほんとの細密画です。
彼の作品を拝見するたび、世の中簡単に細密画とか、いいすぎだよなあと思うのです。


忘れていたのですが、この水族館に杉浦氏と美学校の仲間と数人で訪れていたのでした。
臨海公園のクリスタルビューという、いかにもバブル期の遺物というかんじのレストハウスがあって、
そこのガラスボードの生き物のイラストを美学校の卒業生の複数のイラストレータが描いたのを 完成を観にきたのでした。
そのついでに水族館にきていたのでした。
あのガラスボードをみたかったのですが、レストハウスで写真撮影に使っており、入れませんでした。
魚類などを杉浦氏が描かれて、鳥を故岡崎立さんでした。わたしも蝶著3匹描いています。
今年50になったであろう画伯は、ご存命だったらどんな作品を描かれていたでしょうか…
なんか、昔をしみじみ思いだしながら雨の臨海公園を一人で歩いてしまいました。
腰が痛くなってきたので、どこにもよらずに帰路につきました。

展示は、28日までです。お時間ありましたら、ぜひ!


博物画に観るエビとカニの美―杉浦千里が描いた海の生き物
【日  時】 2011年12月15日(木)~2012年2月28日(火)
       ※期間中終日展示しています。ご自由にご覧ください。
        なお、12月28日(水)~1月1日(日)、2月14日(火)~16日(木)は休園します。
【場  所】 葛西臨海水族園 本館2階レクチャールーム
【出展協力】 杉浦千里 氏
【お問合せ】 03-3869-5152(代)

|

« 今日は猫の日 | Main | カニ自慢 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

がーーん!
忘れてたっす。
最後の土日が終わっちゃったじゃん!
12月からやってたんですね。
何をしていたのか、この間、
すっかり記憶がない・・・。(^^;)

某会のMLででも教えてくれればよかったのに!
某会のHPでも、ケチケチせずに関連分野の展覧会は教えてくれればいいのに。
あ、情報があっても更新されないか。

画集が楽しみですが、印刷にしたら伝わらないんだよねぇ、あのすごさ。
本人には弟子入りしようも無いから、
しょうがないからやままゆ大先生に、代わりに弟子入りして習おうかしら。
まぁ、多少は役不足ですが、この際、我慢しましょう。((((^^;)

Posted by: さしえかき | Feb 27, 2012 at 01:51 PM

> 某会のMLででも教えてくれればよかったのに
あら、2月の初めに平○さんが投稿してましたよね。

>あ、情報があっても更新されないか。
はっはははは。そだね。みなさんお忙しいから。


>しょうがないからやままゆ大先生に、代わりに弟子入りして習おうかしら。
「完璧なちみにもう教えることない」と、やままゆ大先生はおっしゃってましたよ。

Posted by: やままゆ | Feb 27, 2012 at 06:48 PM

あー!
そうか!そういえば!!
H岡さんはありがたい情報をいつも流してくれてますよねぇ。
もっとずっと先だったような気がしてたんですが、気がついたら2月が終わりかけてるんですが・・・。

誰が?!
気がついたら白黒ペン画しか描いてないことに・・・。
某クションで絵の具は落札したのに、使ってないんですよねぇ。
色関係は、あっち方面も含めて、とんとご無沙汰で。
たらしこみ技法を教えてくださいよ。(((^^;)

Posted by: さし○かき | Feb 27, 2012 at 08:29 PM

さし○かきさん
ぶっぶー!イエローカード!
おやじネタ禁止です。

ペン画に彩色というのもアリとおもうが。

Posted by: やままゆ | Feb 28, 2012 at 08:02 AM

失礼しました。m(__)m

手彩色っぽく色をつけるのも、アリはアリなんですけど・・・。
どうせやるなら面相筆でペンと同じ細かさを追求したいと思っています。

試行錯誤はしてるんですが、あまりに時間がかかりすぎてとても一枚仕上げるまでには至っていません。
っていうか、アクリルで書けば、近い効果を1/4程度の時間で出せるんじゃないかとも思ったり。

以前、日光でM谷さんのたらしこみの実演を見たんですけど、偶然の効果を楽しむっておっしゃってましたが、とてもあの境地には至らないです。
偶然を演出する技術が、裏側にあってのことなんですよねぇ。

ところで、紙媒体のほうはどうなったんでしょうか?
多少高くても大判で作って欲しいですね。

Posted by: さし●かき | Feb 28, 2012 at 11:05 AM

さし●かきさん

>どうせやるなら面相筆でペンと同じ細かさを追求したいと思っています。
それとたらしこみは、真逆の画法じゃありませんか。(笑)

「たらしこみ」は、習うより慣れろの世界だとおもいますよ。先生探すより自分でやってみたほうが修得はやいと思われます。
それと、太い筆と荒目の紙が必要かと。(あなた、持ってないでしょう)

> 紙媒体のほうはどうなったんでしょうか?
進んでいるとおもいますよ。
決まったら連絡いただけることになっていますので、ここで流します。(MLにも流すよ)
ちょこっと原稿見せてもらいました。ご家族の愛を感じました。(涙)

Posted by: やままゆ | Feb 28, 2012 at 03:22 PM

>それとたらしこみは、真逆の画法じゃありませんか。
ちっちっち!違うんだなぁ。
たらしこみをバックに、その上に面相の点と線を載せていくことをたくらんでいます。
昔、オーストラリアの水彩色鉛筆使いの人が来たじゃないですか。アレのあっさり版を目指します。

筆?
あるんだなぁ。これが。某クションで1本安く落としたのが。
それに、扇子用の日本画筆も割りと太いし。
紙は、後工程のことを考えると極細じゃないと。

>MLにも流すよ
いいよ。流さなくて。(((^^;)
教えるのもったいないから。(((((^^;)

できれば原寸大の部分アップ。
一枚は綴じ込みで原寸大、高画質スキャンの・・・。(^^;)

Posted by: さし●かき | Feb 28, 2012 at 03:41 PM

それだけイメージがしっかりしているのなら、いろいろ試してみればいいのに。

>紙は、後工程のことを考えると極細じゃないと。
それはむりでしょう。
染み込んでいかないとたらし込めない。
BBケントくらいで手を打ちませんか。(笑)
絵具は限定されるけど、奥手がないわけでもないかもしれないかも……
と言って去ってゆく。(笑)

Posted by: やままゆ | Feb 28, 2012 at 06:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は猫の日 | Main | カニ自慢 »