« キビタキ | Main | オオムラサキ »

緑青色のシダ

今日は編集者さんと、取材打ち合わせ遊び兼ねて、里山と谷津田を散策してきました。

きょうのお初物、
薄暗い林床で緑青色に光る植物が生えていました。
綺麗というかちょっと不気味なくらい青い色……
葉を手にとって角度を変えてみると、玉虫色とでもいうのでしょうか、色が変わるんです!
こんな植物見た記憶がありません。
家に帰って即調べました。

コンテリクラマゴケ イワヒバ科 イワヒバ属
帰化種  中国南部原産

あっ、やっぱり、どうも日本の風景に溶け込んでいないわけだ。
どこから入ったのか、近くの民家から胞子?でも飛んできたのかな?
不思議なものがあるものです。

写真では、あのあざやかな青お伝えしきれないですが、これ。
07_07_11_1098

|

« キビタキ | Main | オオムラサキ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。帰化種というと、日本の自然にとっ
ては、ちょっと微妙な評価になるのでしょうが、
綺麗ですね。

写真は、実物の緑青色を伝えきっていないとの
ことですが、この画面だけでも充分素敵な絵に
なるぐらいな感じです。

話が、いつものようにズレますが、LAMYという
メーカーのボールペン、万年筆が、今年の限定色
として、美しいアクアマリン色を出していて、
今回のこのコケがそれを連想させました(う~ん
買ってしまおうか)。

あと、イワヒバ科 イワヒバ属という項目が、
全てイワヒバリ科 イワヒバリ属 に見えて
しまう私はやっぱり鳥中心の脳なんでしょうね。

Posted by: あしなが | Jul 08, 2011 at 09:56 PM

木漏れ日の下で光ってる姿は、正直美しいというよりもぎょっとしましたよ。(なんじゃこりゃ~!と思うた)
ああ、たしかにあの緑はアクアマリン風かも。(コバルトGポイ感じもあり)
角度かえるとサップグリーン風にもみえるのよ。
あの葉の表面って、普通の植物と違う構造になっているのでしょうね。


アクアマリンの万年筆、きれいでしょうね。
特に限定色というところがたまりまへんな。(笑)

イワヒバ―イワヒバリ(爆)
オオ○グロ―オオセグロ―オオマグロ 似てる……


Posted by: やままゆ | Jul 08, 2011 at 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キビタキ | Main | オオムラサキ »