« 長いまつげの子 | Main | 山脇展16日最終日です »

クジャクの尾羽…

クジャクの華麗な尾羽は、尾羽じゃなかった…衝撃の事実!!

実物みてたら、尾羽にしては変なところについてるなあと思ったんですが、
しらべたら違ってました。
えっ。ひょっとして常識?

wikipediaより
雄の飾り羽は尾羽の様に見えるが、上尾筒(じょうびとう)という尾羽の付け根の上側を覆う羽が変化したものであり、雌にアピールするための羽である。褐色をした実際の尾羽はその下にあり、繁殖期が終わり上尾筒が脱落した後やディスプレイの最中などに観察できる。

華麗な尾羽を広げた姿
0611110784s
実は尾羽じゃないのよ~証拠写真
0611110789s


|

« 長いまつげの子 | Main | 山脇展16日最終日です »

「自然」カテゴリの記事

Comments

常識です。
鳥関係の科学エッセイ本や、戦後の子供向けの図鑑みたいなものにも書かれています。
ちなみに、クジャクの寿命は比較的長く、鹿の角のように年齢で目玉模様の数が変わってきます。
最初の繁殖年は同心円に5列。その後、1年ごとに2列ずつ増えます。
大体6年くらい経つと最大になりその後は変わらなくなります。

年齢によって羽根色が変わるのはカモメとかでは普通ですが、年齢が高いと子育ての経験がある事をアピールできて、モテるんです。

・・・本気にしちゃ、ダメよ。((((((((^^;)

Posted by: さし●かき | Jun 14, 2011 at 10:18 PM

さし●かきさん
ども、今日は横浜へ出張お疲れ様でした。(笑)
あら、常識でしたか。
>戦後の子供向けの図鑑
しかし、たとえがあんまりですね。そんな古いもも私はしらん。

>本気にしちゃ、ダメよ。
さすがに慣れましたよ。

Posted by: やままゆ | Jun 14, 2011 at 11:22 PM

おっ?
帰り着きましたね。
今日は絶対パソコンに向かう余裕は無いだろうと思ったんですが・・・。
例のデータはいかがでしょうか?
お礼に二次会をおごりたくなったでしょ?
ごちそうさまです。(^^;)

>さすがに慣れましたよ。
ほほぉ。じゃあ、たまにはホントのこと書いて一層混乱させて差し上げましょう。(((((^^;)

Posted by: さしえ○き | Jun 15, 2011 at 02:51 AM

さしえ○きさん

データ拝見。
いやいや大儀であった。

「おがさはらましこ」なんてありましたね。
当時まだいたのかしら?
ミヤマガラスは鼻毛がないんですね。

しかし、当時の技術者のテクニックのすばらしさたんのういたしましたよ。
ありがとうございました。m(_ _)m

>お礼に二次会をおごりたくなったでしょ?
も~しょうがないなぁ。
といいつつ、2次会出ないでカエルかもな~(笑)


Posted by: やままゆ | Jun 15, 2011 at 10:08 AM

あの図鑑が出たのは昭和になっていたから、オガサワラマシコは居なかったと思います。標本からの作画でしょう。
山階鳥類研究所の「この鳥を守ろう」に出てませんでしたっけ?

小笠原は独特の鳥類が多く、今読んでるウグイスの本「小鳥の飼い方叢書 ウグイス」(大正15年)には、小笠原ウグイスという亜種があったと書かれています。
小笠原の鳥類一般の特徴としてくちばしが大きく、普通のウグイスの倍の長さがあり、まるでピンセットのようだったそうです。
くちばしが大きい割りに細長く、花弁の間に潜む虫などを食べたそうですよ。

小笠原の亜種のハシビロガモは本州に比べてくちばしが大きく、ほとんどヘラシギみたいだったとか。

>ミヤマガラスは鼻毛がないん
だぁかぁらぁ!
ゴミを漁らないカラスは鼻を覆う毛がないんですよ!言ったでしょ!

さ、バカなこと言ってないで、お家に帰ろう。

Posted by: さし●かき | Jun 23, 2011 at 09:31 PM

う~ん。小笠原ハシビロガモか…
もうちょっと信憑性のあるたとえにしてね。


>ゴミを漁らないカラスは鼻を覆う毛がないんですよ!
ヤマガラも鼻を覆う毛があるんですが、先生。

Posted by: やままゆ | Jun 23, 2011 at 10:38 PM

くちばしがピンセットのウグイスって、全くでまかせだったんですけど、木口木版2-6にウグイス3種のくちばしの図がありますが、上下の形状が似てて長目でしたね。
文一の550種には亜種ハシナガウグイスとして、小笠原で撮影された写真がありますが、これってオガサワラウグイスのことなんでしょうか?
全くのでまかせが、微妙に本当っぽくて、やっぱりオガサワラハシビロガモくらいぶっ飛んでおかないと、ワケわかんなくなっちゃうじゃないっすか。

山階図鑑や、戦前戦後の図鑑にはウグイスの学名は、horornis cantansなんですけど、外国の図鑑や高野図鑑あたりからの日本の図鑑もCettia diphoneになってました。
夜中に要らんことを気がついてしまいました。
M田さんかH岡さんにでも聞いてみないと・・・。

こんなことしてると、また寝らん無くなっちゃう。

>ヤマガラも鼻を覆う毛がある
うん。いいところに気がつきましたね。
ヤマガラはね。毛虫が大好物なの。
だから、食べるときに毛が鼻の穴にあたるとくしゃみがでて止まらなくなっちゃうから、それを防ぐために鼻の穴を覆う毛があるの。
わかりましたかぁ?

Posted by: さし○かき | Jun 24, 2011 at 03:01 AM

訂正。
毛虫じゃなくて、イネ科の植物の実に生えてる細くて長い毛で
くしゃみが止まらなくなっちゃうからです。

Posted by: さしえ○き | Jun 24, 2011 at 12:31 PM

あらあらせんせ、訂正で墓穴掘りまくりですよ。
イネ科食の鳥いっぱいいまっせ。
スズメなんて、どうしましょう。鼻毛鳥になっていまう。(笑)

>こんなことしてると、また寝らん無くなっちゃう。
夜中の3時に、書かれたんですね。
おつかれさまでした。ちゃんと寝ましょうね。

Posted by: やままゆ | Jun 24, 2011 at 03:42 PM

・・・これだから素人は・・・。
夏の間はほとんど完全な動物食で、毛虫なんかを食べて、秋にはエゴノキの実を多食してますけど、問題は冬。
食性から比較的太い虫食い用のくちばしなため、イネ科の実を咬み割るとき、ちょうど実の毛が鼻の穴にあたるんです。
雀や鶸などの穀食いの鳥の鼻の穴は、厚いくちばしの上にありますから、実の毛が届かないんです。
だから、鼻毛はヤマゲラには必要で、他の鳥には要らないんです。
鳥のくちばしの形を観察すると、其の鳥の食べ物を推測することができるんですよ。わかりましたか?
今日は勉強になりましたね。

・・・確かにヤガの幼虫の毛のほうがスムーズだったかもしれませんねぇ・・・。

Posted by: さしえ○き | Jun 25, 2011 at 01:16 AM

と、深夜の野鳥漫才を作ってたら、小笠原が自然遺産になったそうな。

Posted by: さしえ○かき | Jun 25, 2011 at 01:17 AM

毛虫好きのカッコウに鼻毛なし……
あ、もう考えなくていいですからね。(笑)

>深夜の野鳥漫才を作ってたら、小笠原が自然遺産になったそうな。
狙って書いていたのかと思いました。
偶然でしたか…

Posted by: やままゆ | Jun 25, 2011 at 06:43 AM

カッコウは毛虫ばっかり食べるから、細くて長い、鼻の穴に毛が入らないような嘴になってるから大丈夫なんです。
毛虫も食う、穀物も食う、なんにでも対応できるヤマガラのくちばしには、毛虫用の鼻毛が必要なんですよ。
まぁ、言ってみれば、「毛虫用のオプション」ですね。

カッコウにもあった方が便利なんですが、
カッコウは格好を気にして多少の不便は忍んでいるシャレものなんですよ。

>偶然でしたか…
そうそう!偶然!
いやぁ、全然知りませんでしたよ。
そんな細かいネタフリなんて、普通しないっすよ。
普通はね。((((((^^;)

Posted by: さし○かき | Jun 26, 2011 at 04:17 PM

> カッコウは格好を気にして多少の不便は忍んでいる
へ~、ホトトギスは?(いや、もういいから)

>そうそう!偶然!
そう、偶然なんですが…
(今日、役員会でした)
M島さんが、役員会の会場近くの古本屋に売ってた「鳥さんとんで」を買ってくれました……210円。やはり私のところに来る運命だったようです。
しぶい絵本でした。

Posted by: やままゆ | Jun 26, 2011 at 10:04 PM

人の話を聞きなさい。
くちばしの大きさと形が問題なのであって、
カッコウもホトトギスも同じような大きさだから、鼻毛が無くていいんです。
だいたい和歌の世界なんかでは、カッコウもホトトギスも格好が似てるから混同されることがよくあって・・・。
胸の凹斑の密さなんて気にしてるのは、鳥屋だけですって。

でも鳥は正直で、体が大きなカッコウは、ホトトギスに比べて大きな虫を好むことが昭和初年の調査の結果でわかっています。
ウソっぽく書いているけど、くちばしの大きさと餌の関連性は研究した上で書いているんですよ。

昭和初年の調査の結果ってのはウソだけど。

Posted by: さし●かき | Jun 27, 2011 at 03:26 PM

「鳥さん飛んでけ」の話は敢えてスルー。(^^;)
さしえかきさんに見せてもらうのは抵抗あっても、Mさんにもらっちゃぁ、見ざるをえないもんねぇ・・・。((((((((^^;)

対象が違うということでいいんじゃないっすか?

Posted by: さし●かき | Jun 27, 2011 at 03:29 PM

> ウソっぽく書いているけど、くちばしの大きさと餌の関連性は研究した上で書いているんですよ。

ありがたいご講義恐れ入りました。m(_ _)m

>対象が違うということでいいんじゃないっすか?
対象はおなじだけど、切り口が全くちがうということで、安心しました。あ~よかった。
まったく、見ろと言わんばかりに…
古本屋の店先のワゴンいちばん先頭に置いてあったんですよ。ページめくるのドキドキしたよ。(笑)

Posted by: やままゆ | Jun 27, 2011 at 04:29 PM

あ、すいません。
言い忘れましたけど、カッコウとホトトギスの餌の大きさの話。
あれも思い付きですから。
人が思うよりずっと生き物は融通性が高いっすよ。
小笠原の件もありますから、家帰って図鑑で調べたら書いてあるかもしれないけど。

>見ろと言わんばかりに…
あぁ・・・。神様って居るんですねぇ。(^^;)
対象年齢が違うし、飛んでけのほうは、結構難しい内容ですよね。
実は昔、某出版社で「童話でも作って見たら?」って話になったことがあり・・・。
そのとき、大木を中心にしたそれぞれの生き物の四季をたどるような本のアイデアを出したことあります。
で、どっかで見たことがあると記憶をたどると。
幼稚園の頃に読んだ有名童話出版社の毎月送ってくるやつに似たような話があったことを思い出しました。「かしのきホテル」って本なんですけど。
(ぐうぐるってすごいっす。絵本・大木・ホテルで検索したらすぐ見つかりましたっす。)
これのリアルバージョンっていうか、そういうの。

結構思いつきやすいシナリオなんじゃないっすか?

ところで、近くの古本屋さんがどこか?!が気になりますが。
K林さんちの近く?

Posted by: さしえ●き | Jun 27, 2011 at 05:13 PM

> 結構思いつきやすいシナリオなんじゃないっすか?
そうですね。いままでないのが不思議でした。
幼稚園のときの本の名前なんて、よく覚えていましたね。昔、神童とよばれてました?(笑)


>ところで、近くの古本屋さんがどこか?!が気になりますが。K林さんちの近く?
あそこではなくて、板○会館の近く。けっこう美術書が充実していましたよ。

Posted by: やままゆ | Jun 27, 2011 at 05:56 PM

>昔、神童とよばれてました?(笑)
あら、良くご存知で。(^^;)
っつうか、昔のことは覚えてるけど、最近のことになるとトンと物忘れがひどくて・・・。

>あそこではなくて、板○会館の近く。
何?!気がつかなかった!
いろいろなところで要望を受けるのですが、
役員に復帰しましょうか?(^^;)
あの会場の役員会のみ出席するってことで。
会場入りは、牛丼食って一通り見て回った後の15時頃になりますけど。((((((^^;)
板橋かぁ。他に行く用事なんて一生なさそうだしなぁ。

Posted by: さし●かき | Jun 27, 2011 at 08:17 PM

> 役員に復帰しましょうか?
こちらが真面目にうけとったら逃げるんでしょうね。

Posted by: やままゆ | Jun 28, 2011 at 07:28 AM

>逃げるんでしょうね。
そうですねぇ。
土日に招集されるのはキッツいですねぇ。(((((^^;)

まじめな話。
金にはならないけど「仕事」の絵がいくつかあって、
某会の展覧会に新作を描く余裕がないんですけど、
あの会に居る目的って、当初は展覧会のために絵を書き続けるように自分に課題を課すためだったのに、それすらできてない。
絵を書き続ける事自体は続いている以上、あそこに居る目的が薄れてるんですよね。

まして、まじめにやったら絵を描くことを妨害されるようなことばかり。しばらくはごめん被りたいですねぇ。
10年前は、いろいろな声もあるけど、あの会に「こうしたい」っていう明確なビジョンがあったけど、今はそれもあいまいになってるし。
大体において、資料を集めて手間かけて、金にならない絵を描き続けること自体に意味があるのか?
描きたい絵ってナニ?!
・・・と迷いが一杯で人の世話なんてしてる暇がないですね。

Posted by: さし○かき | Jun 28, 2011 at 11:51 AM

ま、何であってもできる人がやってゆくしかないですね。みんな無理することはないです。
自分の選択でやってることですからね。
またお時間的にも精神的にも余裕できたらお願いしますね。私もどうなるかわからないしね~

Posted by: やままゆ | Jun 28, 2011 at 12:17 PM

余裕・・・。ないっすねぇ。
地デジ化も、安いチューナーに室内アンテナのつもりが、アホウがテレビとちゃんとしたアンテナの工事を予約してきやがって・・・。
払いをどうするのか・・・。
精神的・時間的よりも金銭的な余裕がないっすねぇ。

>できる人がやってゆくしかないですね
やらせたかったら、やらせたいことを示せって。
それもなく、やりたいことを自分でみつけて、みつけた人が全部やるって、今の形じゃ、誰も何もやりたがらなくなるということです。
悪い人は居ないんだけど、ウソでも良いから上手く引っ張ってくれる人がいると、だまされた振りして協力もしやすいんですけどねぇ。

・・・あれ?
郵便受けに新しい洋書の技術書が・・・。(^^;)
ん?小さい封筒はT中さんの絵がある「猛獣もし戦わば」?
あれ?買おうとは思ってたけど、買っちゃったんだっけ?((((((((^^;)

Posted by: さしえ●き | Jun 28, 2011 at 05:09 PM

ま、おどるあほうにみるあほう~♪
今年のJBF、ひ○み姉さんが、ひと肌脱いでくれますよ。一緒に踊ってくれる人これから募りますが、あなたもいかが?
詳しくはWEBで!(うそ。会報でっ)

>あれ?買おうとは思ってたけど、買っちゃったんだっけ?
若年なんとかみっけ。

Posted by: やままゆ | Jun 28, 2011 at 06:36 PM

>一緒に踊ってくれる人
いや、あなた方の場合、ホントに舞台に上がって、パフォーマンスをするって意味でしょ?!
そういうのは、ちょっと・・・。だいぶ・・・。
絶対に・・・・・・。
この前の帰りみたいなノリはちょっと・・・。
マジで・・・。まちがいなく・・・。

>詳しくはWEBで!
WEB?!
へぇ。そんなタイムリーに情報が載りますかねぇ?
会報?
「JBFであなたも一緒にアホオドリ!」みたいな?
原稿を誰が書くのか楽しみかも。((((^^;)

>若年なんとか
いや、確信犯だから。まだ。
これ、素でそうなったら、マジやばいっす。
本なんてダメージは大きくないけど、度重なると、ボディーブローのように徐々に・・・。

あれ?
「猛獣もし戦わば」かと思ったら、軍艦の新書だった・・・。これも頼んだんだっけ?

Posted by: さし●かき | Jun 28, 2011 at 08:25 PM

> ホントに舞台に上がって、パフォーマンス
まさか、ちがいますよ。あのとき私たちの話、聞いてませんでした?
詳しくは、会報でね。そのうちMLでながれるかもしれません。

Posted by: やままゆ | Jun 28, 2011 at 10:02 PM

聞いてたけど・・・。
ひ○み姉に腕を掴まれて、引きずられるように舞台にあがって挨拶させられてるのが見えるようだ・・・。(^^;)
すくなくとも、レセプションでは一言言わされるにちまいない。((((^^;)

「えー、アホウドリの絵本を描いたやままゆさんと、私、ひ○み姉です。この二人が某会の○○をします、アルバトロスターズです。賑やかしにここで、アホオドリをひとつ・・・。みなさん、手拍子を御願いします。」
・・・あの人ならやりかねない。

Posted by: さし○かき | Jun 29, 2011 at 12:23 AM

> レセプションでは一言言わされるにちまいない。
あの場はもう慣れました。みんなよぱらってて聞いてないからね。なに言ってもOKなのよ。(笑)

ひ○みちゃんのパワーと明るさで、面白いことになりますよ。私は今回も展示会会場の守り役に徹します。ふふふ、こうご期待!

Posted by: やままゆ | Jun 29, 2011 at 06:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 長いまつげの子 | Main | 山脇展16日最終日です »