« キジシロ猫ヤマト宅急便 | Main | エノキダケ »

冬のきのこ

先ほど近所の森から帰ってきました。
来年制作予定の絵本の取材を ぼちぼち初めています。
午前中で帰る予定が、長居してしまって、2時に帰宅。

目的の取材はできなかったのですが、かわいい小鳥たちに沢山あえました。

しか~し、今日のヒットはこれです。
冬のきのこ、天然エノキダケ
スーパーで売ってる ひょろひょろと全く違いますね。
日光にあたると傘が茶色になるそうです。
ちょびっといただいてきました。
今日の味噌汁の具、決定!
でも、夫には内緒で入れます、あの人天然きのこ嫌がるからね。
実は、まだ私も天然ものエノキ、食べたことないのです。
ははは、明日新聞沙汰になったりしてね。
つくばで、夫婦がきのこ中毒とか。(笑)


食べる前に スケッチしようかと思っています。
後日UPするかも。しなかったら、描く前に食べてしまったということだと思ってください。(笑)

02_16_11_0202s


|

« キジシロ猫ヤマト宅急便 | Main | エノキダケ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

天然きのこが嫌いなんじゃなくて、入れる人に問題がある可能性が高いことを認識しているんじゃないだろうか。

立派なエノキダケに似た茶色いキノコなんじゃないの?

その鶏肉、ホントにスーパーで買った?
落ちてたキジのスケッチ用の足じゃない?

Posted by: さしえかき | Feb 16, 2011 at 08:59 PM

さしえかきさん
>入れる人に問題がある可能性が高い
ま、そうとも言うかな。
入れる人のキノコ識別能力に不安があるということでしょう。

天然エノキダケ味噌汁、無事に食しました。
たいそう美味でございました。ちょっととろみも付いて、やはり天然物はよいダシがでます。
冬の雑木林歩きに楽しみが増えましたわんvv

>スケッチ用の足
そっちの天然物方面には、まだ手をだしておりませぬ。
でも、ボテシギことヤマシギは、肉が多そうだったよ。

Posted by: やままゆ | Feb 16, 2011 at 11:02 PM

でしょ、でしょぉ!
某会で観察会の帰りに「ちょっとやままゆさんちに寄っていきましょう」って言われても、断固帰るもん。(^^;)

お茶に何が入っているか、っていうか、そもそもお茶か?!って。((((((^^;)

きのこの識別はマジでやばいらしいから、よっぽど知ってる人に見てもらわないと、命にかかわりますぜ。

ヤマシギは美味いらしいですね。
それもちょっと置いて熟成したのがいいそうな。

Posted by: さしえかき | Feb 17, 2011 at 09:30 PM

さしえかきさん
今度、ディナーでもご招待しましょうか?(笑)

>命にかかわりますぜ
カエンタケだったかな、食べると脳が溶けるなんてすごいのもあるようですね。怖すぎです。


鳥の天然物の話はやめときます。
こういう話は、為人がわかってないと冗談と思ってくれないことがありますので。
某人気猫漫画ブログが炎上してて、不特定多数が見れることの難しさを感じました、って、観客数が違いすぎるけどね。(笑)

Posted by: やままゆ | Feb 18, 2011 at 07:51 AM

きのこは怖いっスよぉ。
富士山の中腹できのこ狩りができたんですが、
(私は食うことに興味ないのでスルー)
みんなが採ってきたのを、「専門家」が仕分けるんですけど、「これは食える」と、「これは食えない」の山に、違いの分からないのがいっぱいあって・・・。

>カエンタケ
へぇ。検索したら急増中ですか。
でも、これは食わんだろう。普通。見た目で。

>ディナー
丁重にご辞退申し上げます。
やままゆ先生と、う○先生とは、飲み会もご一緒したくないくらいです。(^^;)
ご好意で「取ってあげるね」と言っていただいた時の、不安そうな私の表情。お察しいただけていないようですね。(((((^^;)

あ、こういう話はやばいですね。
知らない人が冗談と思わないかもしれないし、
知ってる人はやっぱりと思うし。((((((^^;)

Posted by: さしえかき | Feb 18, 2011 at 01:53 PM

キノコは名前の付いて入ない物の方が多いのじゃなかったけ。
食べるのは、絶対に間違えなくて美味しいのっていうのが、私の鉄則です。

>やままゆ先生と、う○先生とは、飲み会もご一緒したくないくらいです。
ああ、だから最近の飲み会、あなたの席が遠いんですか。
じゃあ、とっくりもってお酌しにいかなくちゃね。
う○女史とは、飲んだことないですねぇ。(あったけ?)
えぐいお話が飛び交いそう。(笑)
東京にでてこないかしら。
仲良しのさしえかきさん、う○さんを誘ってみたら。

Posted by: やままゆ | Feb 18, 2011 at 04:53 PM

>あなたの席が遠いんですか。
そんな!
たまたまですよ。避けてなんかいませんって。
行きたくないからぎりぎりまで家に居るので、到着しても出口に近い席しかあいてなくて。
やままゆセンセイは重鎮であらっしゃられるから、当然奥の方にいらっしゃるので、はなれちゃってるだけですよ。

>酌しにいかなくちゃね。
そんな、もったいない。
恐れ多いから逃げますけどね。
えっ?字がちがう?!

全く覚えていないんですけど、
どっかの打ち上げにいらっしゃってたらしいです。
誘って来る人じゃないんじゃないかなぁ。
遠いし。

Posted by: さしえかき | Feb 20, 2011 at 06:16 PM

ふ~む。
さしえかき氏が妙に下手にでるときは、なにかある……
何をたくらんでおるのじゃ。(笑)

Posted by: やままゆ | Feb 20, 2011 at 08:58 PM

別にぃ。(^^;)
展覧会もずいぶん先まで無いしぃ。
鳥の連載は終わったから、貸してもらわなきゃいけない資料もないしぃ。
アニマの別冊とか、細密画の描き方とか、キースなんちゃらとか、一通りは自分で調達したしぃ。

とめどない尊敬が、あふれちゃってこぼれちゃったんじゃないっすか?(((((((^^;)

いやぁ、某会は尊敬に値する先輩が多くて。
いや、ホント。(((((((((((((^^;)

Posted by: さしえかき | Feb 21, 2011 at 05:35 PM

ふふふ、さしえかきさんらしいとえば らしいか……
変化球のようで、じつはストレート。(笑)

Posted by: やままゆ | Feb 21, 2011 at 07:55 PM

あー、はいはい。
尊敬してますよ、だんな。
某会の期待の干し、じゃなくて、星!

猫展にT先生が来てくださったそうな。
ホントに尊敬に値する大先輩に見ていただいて。
ありがたや、ありがたや。

腱鞘炎で薄めの黒猫。
スミべたを使う勇気というか、思い切りも必要なんだろうなぁ。

Posted by: さしえかき | Feb 22, 2011 at 01:26 PM

> ホントに尊敬に値する大先輩
まったくさしえかきさんって、ホントに正直。
まあ、比べるべくもなしですが。(笑)
私もダイソンケイしてます。

>スミべたを使う勇気
そうだ、そこから新たな世界がはじまる…
思い立ったら吉日よ。
そのうち墨絵になってたりして。(笑)

今日、確定申告いってきた。
2時間半またされた…
個人事業主なんで、待合室のほとんどは、いばらき弁飛び交う農家のおじちゃんおばちゃんだった。とっても新鮮な世界でした。つかれたけど。

Posted by: やままゆ | Feb 22, 2011 at 06:38 PM

腱鞘炎で言うのもなんですが、(^^;)
線の細さ、間隔の調整は、かなーりきわどいことができるようになりました。
あとは、どう使うかなんですが・・・。
ちょっと大きく崩してみないといけないタイミングなのかも。

墨絵?
そうですねぇ。
力を入れられないので、それも手かなぁ。
日本画は絵の具を練れないので難しいですねぇ。
それにつけても数百本の色鉛筆がほぼ使用不能に・・・。((((((^^;)

Posted by: さしえかき | Feb 22, 2011 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キジシロ猫ヤマト宅急便 | Main | エノキダケ »