« 仕事の話 | Main | はりきりハキリバチ2010 »

卵の殻をひろいました

きのう、住宅地内のアスファルトの道路で 丸いままの卵の殻を拾いました。
穴が開いていて、そこから中身が出て干からびて、道路にくっついていました。

卵と巣の図鑑で調べてみました。
サイズと柄からいって、ツバメかスズメでしょうか?
親が無精卵を捨てたのか?
ほかの鳥が食べるために運んで落ちたか?
小さな2つの穴(写真)が並んでいるのは、クチバシを刺して運んだためじゃないかと思われます。
この裏側にももう少し大きな穴があって、そこから中身がでていました。
落ちた衝撃で開いたかな?
もう8月なので、この時期まだ卵産んでいる鳥は、だれでしょう?
(ツバメじゃおそいよね~~)
どなたか分かりませんか?
小さな卵の殻から、いろいろ想像は膨らみます。

しかし、そこそこ車も人も通るので、よくつぶれずに残っていたものだなあ。

2010_08_08_0927_2


2010_08_08_0926


|

« 仕事の話 | Main | はりきりハキリバチ2010 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰しています。
私もよく卵の殻を拾います。うちの欅と榎の木の下によく落ちています。半分に割れたものです。殻の上(?)のところに一つ穴が開いています。中は汚れていません。卵から雛が出た後なのでしょうか? この間、卵と巣の図鑑で調べたら、茶色の点々があるのがヒヨドリの卵の殻で、白い少し大きいのがキジバトとわかりました。大きさがぴったりでした。同じヒヨドリでも様々な点々の模様があるのですね。卵の殻、羽、足跡を見つけるとほんとにいろんな事が想像され、楽しいですね。

Posted by: もんたママ | Aug 09, 2010 at 09:46 PM

もんたママさん
さすが、お庭でいいもの拾えますね~。

卵の殻の内側がきれいだったら、孵化した後と考えていいようですよ。黄身がついていたら、だめだったということのようです。

卵も同じ鳥でも 大きさ模様と個体差あるみたいですね。
親が孵化したあと、捨てている姿を想像してもなんだかのほほんとしますね。
コウノトリの郷公園獣医さんにうかがいましたが、鳥は卵の丸い方をぐるりと割って 出てくるそうです。とんがった方が割れて孵化した図はNG。卵の殻も奥が深いです。

Posted by: やままゆ | Aug 10, 2010 at 01:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仕事の話 | Main | はりきりハキリバチ2010 »