« トンボがいない | Main | 今日のご褒美 »

チュウシャクシギ制作2

ちびちびとすすみました。
鳥は脚を描いたらほぼ終わり。
ものすごくオーソドックスな描き方をしました。
背景は、干潟を思わせる感じに部分的にスケッチ風に描く予定。
ブログアップはここまでで、ごめんちゃい。
11月の「いきものつながり展」で、恒例のコラボ作品としてお披露目いたしますね。
(その前に、部分的に案内はがきに載る予定)
ぜひご来場くださいませ。

画材は
アクリル絵の具、水彩絵の具、紙ファブリアーノエキストラホワイト細目です。

2010_06_23_0857s

|

« トンボがいない | Main | 今日のご褒美 »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。やっぱり、凄いです。ポーズでは、
一番奥のが好きです。

昨日、休みを頂いたのと、いつも行く画材屋が
30%OFFだったので、使ったことのない、
『ファブリアーノエキストラホワイト細目』を
見てきました(とても気になったので)。

触った感じでは、ホットプレスの紙?と思うほど
非常に細かく、平らな感じだったのですが、描き
心地はどんなものなのでしょうか?以前、書き辛
い紙が日を改めて使ったら良かった‥と、書いて
ましたが、この紙のことでしょうか??

‥で、いろいろ見ながら、ファブリアーノでなく
私は大安売りしていた、ラングトン/プレステージ
を買いました。これから試そうと思っています。

Posted by: あしなが | Jun 25, 2010 at 10:01 PM

あしながさん
チュウシャクの絵、昔の図鑑みたいになってきました。(笑)

『ファブリアーノエキストラホワイト細目』
いい紙ですよ。
最近は、アルシュか、「これ」です。
昨年描いた絵本はこの紙を使いました。
修正がすごくきいてくれて(洗い落しなどができる)大変助かりました。

しかし、お店によって、同じcold pressedでも中目とか細目とか、呼び方が違うことがあるので混乱するんですよ。
それに、ファブリアーノエキストラホワイトと呼んだり、アルティスティコファブリアーノって読んだり、一貫していなのも困りもんです。


>触った感じでは、ホットプレスの紙?と思うほ>ど非常に細かく、平らな感じだったのですが、>描き
>心地はどんなものなのでしょうか?
私は使いやすいですが、タッチによって好みがちがうかもしれません。
サンプルに送りましょうか。
描いてみてくださいな。
ホットプレスよりは、ラフな感じです。
エキストラホワイトの極細っていうのが、hot pressedで、かなり細かいです。アルシュのhotにすごく似ています。


>以前、書き辛い紙が日を改めて使ったら良かった‥と、書いてましたが、この紙のことでしょうか??

よく覚えていましたね~~(びっくり)
これは、アルシュのhot pressedのことでした。
水彩では薄塗で重ねないと色がつかなくて、描くのに時間がかかる紙です。それはそれで、ふんわりした雰囲気の絵になるようです。

>ラングトン/プレステージ
>を買いました。これから試そうと思っています。
私も使ったことないのですが、調べたら Wet-in-wet にむく紙のようですね。あしながさんの目指す絵に向いているかもしれませんね。
頑張って研究してみてください。
紙ってすごく重要だから、相性のいいのにであえるといいですね。がんば~

Posted by: やままゆ | Jun 25, 2010 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« トンボがいない | Main | 今日のご褒美 »