« February 2010 | Main | April 2010 »

母娘展 御礼

28日に 京橋くぼたギャラリー 「下田忠恵・大田黒摩利 母娘展」
好評のうち終了いたしました。

連日盛況で、沢山の方々にご来場いただきました。
みなさま、ありがとうございました。

準備は大変でしたが、企画してよかったなぁと思っています。
母の作品28点、一堂に並べたのは初めてで、これだけ多くの方々に見ていただいたのも初めてだと思います。
本人、とても喜んでいました。
私もギャラリー借りての展示は10年ぶりで、いつものグループ展とはまったく違った感触でした。
充実した7日間でした。
皆様にいただいたお声で、制作への意欲がまた湧いてきました。
これからもどんどん身近な生き物描いていきます。
どうもありがとうございました。

お買い上げいただいた みなさま。
ありがとうございました。 
末永く、可愛がっていただけたら幸いです。
今週中に発送いたしますので、ちょっとお待ちくださいね。

| | Comments (0)

母娘展5日目

晴れのち雨と変わりやすいお天気でした。
とくに午後から、たくさんのご来場ありました。
おいでいただき ありがとうございました。
とくに遠くからお見えになったかた、突然の雨の中ありがとうございました。

絵の大先輩もたくさん来ていただき、感激です。

引けてから、大御所T先生とD社社長さんをかこんで、数人でお食事しました。
生き物のこと、絵の学び方、作風のこと いろいろなお話をうかがいました。
ヒントになることがいろいろあって、今後の制作にいかせそうです。
人のつながりって、ありがたいですね。
みなさま、感謝です。

母の作品も 思いがけずに好評で、娘としてはうれしい限りです。
以下、母の絵更紗作品です。

_mar2010_005s_3

_mar2010_003s

_mar2010_009s_2

これから6日目、会場に行ってきます。
のこりはあと1日です。
お時間ある方、ぜひご覧ください。会場でお会いできたらうれしいです。


| | Comments (0)

母娘展3日目

1日中雨でした。
でも、懐かしい方々、絵付けのお友達、知り合いのご紹介、茨城の方々、親戚、
ネットで知り合ったかた… たまたまの通りすがりの方で本まで購入してくださった方々などなど
たくさんの方が来てくださいました。

個人的な展示会をすると、自分の歴史(仰々しいですが)をふりかえるような 時代時代でお世話になった方々が来てくださって、
日々、よい人たちに恵まれて、いままできたのだなぁと感慨ひとしおです。
感謝でございます。みなさん、どうもありがとうございます。

展示会会場の写真とってみましたが、
よく撮れませんでした。会場写真、むずかしいです。
ちょっと雰囲気伝わるでしょうか。

絵本原画コーナー
2010_03_24_2010_0098s

里山の生き物コーナー
2010_03_24_2010_0088s

入口の壁  いただいた素敵なお花たちで お気に入りのコーナーになりました。

2010_03_24_2010_0094s

この部屋には壁に凹凸があるので、写真ではみえませんが、あちこち小さな絵を柱に飾っています。
私の絵は、ミニ額いれないで23点くらいです。
次回は、母の展示をUPしますね。


| | Comments (2)

母娘展会場写真

初日に夫が撮った写真がありました。
引きのスナップがなくて、全体が分かりにくいものですが、UPしますね。
入口近くに私の作品を並べ、奥のスペースは母の絵更紗をならべています。

ギャラリー外観
_mar2010_081s_2

入口付近
私と母の絵を並べたコーナー
_mar2010_044s

私の有田絵付け尺皿と奥に見えるのは母の作品
_mar2010_049s_2

これから3日目、会場行ってきま~す。
全体がわかる写真撮ってきます。
今日は、雨になりそう。お客さんすくないかも。

| | Comments (0)

母娘展2日目

私は、1時過ぎから行きました。
人が途切れることはありませんでした。
(5時過ぎに10分くらい、あったかな)
そんなことで、また写真とれなかった。
明日は朝からいくので、撮ります。

今日、来てくださったみなさま、ありがとうございました。
お話できてうれしかったです。

| | Comments (0)

母娘展初日

京橋 ギャラリーくぼたでの「母娘展」 午前中からの搬入が無事おわって、同日2時からオープンいたしました。
オープン前からお客さんが何人もきてくださって(たんに時間間違えですが)怒涛のはじまりでした。
みなさん、母の絵更紗を初めてご覧になって気に入ってくださったようで、 とてもうれしく思いました。
あ~ ほんとうにたくさん来てくださいました。
夕方からは、JAWLASの仲間もきてくださって、祝いの席を設けていただいました。
わたしは しあわせものです。
みなさん、どうもありがとうございました。
とくにお手伝いくださったF原氏、感謝です。


あと6日、がんばります。
お時間あるかた、どうぞお越しくださいませ。
写真とる暇なかった。明日は撮ります。
ご報告と御礼まで。

| | Comments (0)

展示会宣伝

2009_03_16_0063


3月22日からの母との展示会に並べる 小さな絵たちです。
(一番大きいのが25×25 小さいのが14×12㎝)

額屋さんに時々おいてある、オーダー額の端材で作ったミニ額にいれてあります。
一般的な廉価版額と違って、それなりの質があり、箱はないけど、みな個性的。
ちょっとしたスペースに飾っていただけるといいなと思っています。
数がすくないので、お早めに。


展示会まであとちょっと、あと数点用意できるといいな。

| | Comments (1)

ツバメ初認です

あさ、双眼鏡を持って1時間半くらい歩きました。
今年初のツバメが2羽、田んぼの上を飛んでいました。
おかえり~、無事に来たね~!

昨日は、シュレーゲルの声を聞き
はじめてのモンシロチョウをみました。

早朝のキジの声も多くなってきました。
今日は、田んぼの真ん中で、♂2羽の喧嘩をみましたよ。
低く飛びながらの追いかけっの後、地面におりて、接近。
蹴りあいになるかなと思ったら、1羽が急いで林に逃げ込みました。
赤い顔して、胸張って、縄張り争いに忙しいのでしょうね。


ああ、どんどん春になってくる。
先週寒くてお天気が悪かった分、 怒涛のように春がきている感じがします。

| | Comments (2)

キジバト

身近にいる野鳥、キジバト。
先日庭にいたキジバトの絵ができました。
実際は、フェンスにとまっていたんですが。
森を見つめるような絵にしてみました。

あわい水色と淡いサーモンピンクが美しい鳩。
目の虹彩もきれいなんです。
はっとする、濃いサーモンピンク。

山にアオバトというこれまた美しい鳩がいますが、
彼らの虹彩は明るいマジェンタ色でした。
私は保護されているアオバトをまじかでみたので、すごく印象的でした。

小さな瞳なので、なかなか野外でみるのは難しいのですが、
一度みたらびっくり、改めて魅力的な生き物だなあと思うことでしょう。

Kijibato01s


| | Comments (2)

ふきのとうイラスト-「私たちの自然」掲載

鳥類保護連盟という 自然保護団体があります。
その月刊機関誌「私たちの自然」の表3(裏表紙の中側)に フキノトウイラストを描かせていただきました。

このスペースは、3か月ごとに違う絵描きが里山の生物を描くことになっています。
私は、里山の植物担当。(植物画家の方が都合でできなくなったのでピンチヒッターです)

連盟の会員の方でないと なかなかお目にとまらないページなので、ここで載せさせていただきました。
昆虫:松原巌樹さん  哺乳類:舘野鴻さん 
と、月ごとに里山の生き物をイラストで紹介してゆきます。

表3は、広告が入ることが多いスペースなのですが、
毎号絵を載せているなんて、かなり粋なことしてくださっています。
昨年から表紙も 鳥絵描き(箕輪義隆さん、小林絵里子さんの作品)が使われています。
絵の好きな方、本来の目的と違った意味でも毎月楽しめる機関誌です。

鳥類保護連盟
1003


| | Comments (0)

2人展のことなど

22日から、母との2人展です。
あともうちょっと。

自分で画廊を借りての展示会は、なんと10年ぶりです。
2000年につくばの長屋門を改造したギャラリーでの初個展以来です。
個展のようなものは、何度もやりましたが、公共の施設や書店、店舗などでしたので、
今回はちょっと緊張しています。

私が会場にいる日程ですが、
毎日2時過ぎにはおります。
それ以外に
24日(水)26(金)28(日) 朝からいる予定です。

食事等で席を外していることあるかもしれませんが、
すぐに戻ってくるとおもいますので、ちょっと待っててくださいね。
皆様にお会いできるの、楽しみにしております。


昨日描いた、チビフクちゃん。
なんかもう、私の定番になりましたね。
30×25㎝の額に入れて、飾ります。見に来てね。

Fukuhina01s

| | Comments (2)

オオジュリン画制作

FZ38で撮った写真を参考に オオジュリン描きました。
アシの中のオオジュリン。

えっ、鳥が目立ってないって?
実際、保護色で、じっとしているとわからないんですよ。
と、いうことにしておいてね。

もっとほわ~んとした絵にしたかったのですが、けっこうカチッとした絵に
なってしまいました。
紙がわるいんだな。
クラシコファブリアーノ中目つかうと細かくなる…
なんてね、私が悪いんです。

なんか図鑑の挿絵みたいだなぁ。

Dsc09402_0017_5

Dsc09396_0018

Dsc09390_0019


| | Comments (0)

斉藤寿+熊坂延子+石山博司 3人展行ってきました

○斉藤寿+熊坂延子+石山博司
 ~きままな三人展~
 
3月5日(金)~10日(水)
11:00~18:00 (最終日17:00まで)

緑蔭館ギャラリーB館
世田谷区成城6-15-13 ℡03-3484-4355


斉藤寿さん
テクニカルイラストレーションの大御所
ライフワークとして自然の中の野鳥を描いていらっしゃいます。
独特なタッチの斉藤さんならではの静謐な世界があります。

石山博司さん
リアルイラストレーション、絵画、テンペラ画と多才な画家さんです。
今回は海をテーマにした作品を多く出展されています。
モチーフの質感、細かな表現がお得意です。

熊坂延子さん
木を焦がして描く、ウッドバーニングの作家さんです。
アメリカのバーズインアートの連続入選の実力者。


と、すごい方が3人も集まっての展示会。
なかなか原画がみることができないので、ぜひご覧ください。


みなさん、JAWLAS(日本ワイルドライフアート協会)の会員で お仲間です。
昨日はJAWLAS会員専用オープニングパーティーがあって、参加してきました。
絵のはなし、生き物の話、おいしいお料理お酒を囲んでの 楽しいひと時でした。
わたしは、ほかの美術系の集まりは知らないのですが、これだけ和やかな集まりも珍しいらしいです。
ちょっと飲み会おおすぎるけどね。(笑)

展示会は今日から、10日(水)までです。
ぜひ、ご覧ください。

| | Comments (0)

ジョビ君の大口

雲が多いながらも 久々にお天気になりました。
朝は、ヒバリのさえずりも聞かれました。

ここのところ、22日からの展示会の準備やら、お仕事や展示会の打ち合わせなどなどが続いておりました。
今日はお日様も出たことだし、久々にカメラを持って歩きました。
マンサクが咲いて、オオイヌノフグリが満開でした。

ちょっと変わった写真がとれましたよ。
こんなの見ただけなら一瞬のこと。
写真でじっくり見れるって、うれしいね。

ジョウビ君が頭をかいた時の一コマです。
ちょぼ口かと思ったら、けっこう大口のジョウビ君。
いつも、おすましスタイリストの意外な姿です。
しかし、なんで口あけて頭を掻くかなぁ。(笑)

020s


| | Comments (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »