« 庭での事件 | Main | 朝のため池 »

ススキ原で

今日の午前中、里山でカヤネズミの古巣探し調査してきました。
いつもと違うススキ原を探したら、おお、あったあった!
古い株ではなく、刈り取られて比較的新しいススキにできていました。
葉の先を折こんで、裂いて丸く作っているのが、写真からわかるでしょうか。
こんな作業をするには、柔らかい若い葉のほうが、都合がいいのかもしれません。
小さなネズミが葉を編みこむ姿、きっとかわいいでしょうね。
初夏の調査はあまりみつからなかったのですが、今回沢山あってよかった♪
彼らの冬越しがどのようにおこなわれているのか、ちゃんと分かっていないようです。
けっこう身近にいるのに 生態に謎のおおい生き物です。

晴れた空にノスリが2羽、鳴きながら飛んでいました。のどか~~
ああ、リフレッシュした。

午後は、昨日描いた年賀状の図案をPhoshoで加工。なんとか完成。
せっかく生き返った疲れ目が、また痛くなってきました。(泣)
でもこれで、気の重かった年賀状の荷が下りました。

Kaya091210_004s

|

« 庭での事件 | Main | 朝のため池 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

雨の日は本当に冷え込みます。
ご無沙汰しておりました。やままゆさんの絵の転写されたピルケース、非常に可愛いです。こういうのあったら買っちゃうし、プレゼントとして送るのもいいなぁ・・・と年齢を超えた乙女心がビビビと震えました。
ちっちゃなカヤネズミが巣の材料をくわえて持ち帰り、編んでいる姿、全く夢膨らみます。
本当に見てみたいです!前脚を使って編むのかなぁ??

こちらで無関係な話を書き込むのは失礼かもしれませんが、質問させてください。despair
秋頃から地面に芋虫というか毛がまばらに生えた体長2〜3センチの幼虫がゴッソリ固まっているのをときどき見かけます。30〜50匹くらいです。体の皮膚はそれほど黒くないのですが、まばらに生えた毛にまとわりついた土のせいか、結構黒く見えます。

いつもその気持ち悪さに「ゲ!」coldsweats02 とビックリさせられるのですが、いったい何の幼虫なのでしょう。
枯れ葉の下に群れて固まっていたのが、枯れ葉が移動してしまって、丸裸に現れてしまったのかと想像します。
もしかしたら、やままゆさんだったらすぐわかるかと思いまして・・・
気になって仕方がありません。

Posted by: 九丁 | Dec 11, 2009 at 03:25 PM

九ちゃん
ご無沙汰しております。
新生活いかがですか。

質問の件ですが、ハグロケバエの幼虫で検索してみてくださいな。秋だったら多分それではないかと思います。
幼虫も不気味ですが、親もちょっと不気味ちゃんです。
家の庭でも春に沢山飛んでいます。(でも幼虫まだみていませんが)悪さはしない虫なので、そっとしてあげてくださいね~

転写紙、おほめいただきありがとう♪
実際、切った貼ったしてると直接描くよりも手軽だし、なかなか楽しいです♪
一度焼いてまた貼ってとか、いろいろテクニックもあるようです。ちょっとはまりそうです。

Posted by: やままゆ | Dec 11, 2009 at 06:23 PM

これです!これでした〜。happy02
ありがとうございました。ケバエ。こんな集団部隊でせっせと枯れ葉を食べて自然の循環を担ってくれているのですから!応援しちゃいます♪といっても、これからも彼らの集団にはゾゾゾ〜っとびびらされることでしょう。
どんなに気持ち悪くとも生き物に無意味に危害は加えません。
最大の危害でもそっとツンツンしてみるくらいのつもりです。(そのツンツンが虫にとっては「うぎゃーーー!!!」なのかもしれませんが)
例外は自分が大事に育てているものを食い荒らしていたりしたら、すまん!と土をかけて上からフミフミしてしまいますけど。think

Posted by: 九丁 | Dec 13, 2009 at 10:13 AM

九ちゃん、
該当する生きものだったようでよかったです。
みためビックリの生きものって、結構居ますよね。
みんななにかしら自然界での仕事があるんですよね。
ほんとうに自然のバランスって、多種多様で、奥が深いです。

などといいつつ‥‥
>フミフミしてしまいますけど。
私もチャドクガには容赦ないです。
見つけ次第撤去!

Posted by: やままゆ | Dec 13, 2009 at 10:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 庭での事件 | Main | 朝のため池 »