« 暑中お見舞い | Main | そろそろ完成 »

モグラの腕

8月後半、雨が多い涼しい日々が続きます。楽でいいんですが、なんだか変な感じですね。

今日は、6月24日のブログにのせたフクロウのペリットを 先生に来ていただいて生きもの別に仕分けしました。
骨という未知の世界を覗かせていただきました。

一番びっくりしたのが、フクロウの上腕骨。
モグラのイラストを描いていて、胴体にキャッチャーミットのような手のひらが着いているかんじ‥‥腕がないよな~などと思ったことがありました。
もちろん上下腕の骨はあるのです(上腕骨と尺&けい骨)でもそれが‥‥
人間でいう二の腕のところ、それが短くて丸い、どうみても腕の骨にみえない代物でした。
力強く穴を掘るために、短く強く働くように進化してるんですね。
(それに大きな手のひらが沢山の土を掻ける様に、6番目の指といわれる骨もありました。)


丸くてしっかりした上腕骨がフル回転して、がしがし土を掘ってゆく姿が想像できます。
なんかな~、この小さな骨がいとおしくなってきちゃったよ。
すべて、ちゃんと働くための最上の形になってる。
生きものって、やっぱりすごく奥が深いなあと思ったのでありました。

Peritto_001s


|

« 暑中お見舞い | Main | そろそろ完成 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

やままゆさん
これも自然大学で教わったのですが、今、日本の地下では大戦争最中なのだそうです。 タイワンモグラが関西から尾張を席巻し、今、木曽谷で日本古来のモグラと対峙しているようですよ。

Posted by: shima | Aug 27, 2008 at 08:31 PM

shimaさん
えっ?タイワンモグラですか!
そんなモグラがいるんですか、知りませんでした。

私が学生のころは、コウベモグラとアズマモグラが勢力争いをしていると聞きました。
体の大きなコウベモグラがアズマをどんどんおいやっていているとか、コウベモグラが箱根の山が越えられなくて困ってる(笑)と聞いてました。
とうとう外国モグラが登場ですか‥‥

しかし、外来のモグラなんて、どうやって日本に入ったんでしょう?

Posted by: やままゆ | Aug 27, 2008 at 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 暑中お見舞い | Main | そろそろ完成 »