« かわいいヤブヘビ | Main | 絶滅危惧線上の生きものたち/日本PARTⅢ »

6月14日のこと

朝から里山でサシバの定点調査に参加。
一人一箇所にじっとしていて、サシバが何時どちらに行ったか記録して、個体数や行動範囲を調べます。
私は谷津田のある林の陰が持ち場になりました。
1羽の♂個体が何度か出てきました。田んぼの横の草地に2度降りて、餌捕りをしていました。(多分カエル類)
想像通り、休耕田あたりはでてきませんでした。水の張った田んぼのあたりにやってきます。
(実際、米を作っている田のほうが餌となる生き物がおおいのです。)
サシバの生態が日本の農耕と密接に関係していることがわかりますね。

サシバを待っている時間、他の生きものたちもいろいろでてきてくれました。
ゼフィルス(大型シジミの類)が私の真後ろにいたのはびっくり。
セグロセキレイのカップルがやってきて、お互いに尾羽を上げてピッピッと鳴き交わしはじめました。
♂が白黒の尾羽を扇に広げて♀に近づき、キレイな囀りとともに翼を震わせて交尾しました。
なんとも風雅で、美しい光景でした。セグロセキレイって、美しい鳥なんだな~と再認識しました。

写真は私が定点していたところです。
A_001

|

« かわいいヤブヘビ | Main | 絶滅危惧線上の生きものたち/日本PARTⅢ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かわいいヤブヘビ | Main | 絶滅危惧線上の生きものたち/日本PARTⅢ »