« 椿とメジロの陶板画 | Main | お堀端で »

展示会絵制作中

6月17日~22日まで新宿御苑インフォメーションセンターにて、ワイルドライフアート展2008
「絶滅危惧線上の生きものたち/日本PARTⅡ」展があります。
それに出展するための絵をかきはじめました。
昨年はサシバを出しましたが、ことしもサシバです!でも今度は一家。

描き始めたら巣をかける赤松の枝振りがよくわからないので、朝、取材にいってきました。
な~んて偉そうですが、近所の公園で写真撮ってきただけす(笑)
横枝が真横にのびて、自由な枝振りの赤松、幹に近いところには葉がないし、タカたちが好んで巣をかけるのがわかります。
近年、松枯れで赤松が激減しているので、タカたちはスギなどにも巣をかけているようです。
でも、絵にするにもやっぱり赤松がいいな。

ぼちぼちがんばります。
そういえば、昨年の今頃もサシバ描いていたっけ。

A_001_2

|

« 椿とメジロの陶板画 | Main | お堀端で »

「イラスト」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

あぁ、描かなきゃねぇ・・・。(^^;)
その前に猫を一枚やんなきゃいけないし。
あ、知ってました?
画像締め切り、今月中ですよ。
私は絶対間に合いませんけど。(((((((((^^;)

Posted by: sasiekaki | May 21, 2008 at 04:31 PM

え~、今月中でしたっけ??
う~ん、わたしもちょっと微妙かも。
でも、レイアウトとれるように、ラフの画像送っておけばいいのじゃない?で、あとで差し替えしていただけば。どれくらいの人が間に合うかしらね?50%くらいだったらなりたたないじゃん。(笑)
お互いがんばりまっしょ~。今度なににするの?

Posted by: やままゆ | May 21, 2008 at 05:55 PM

たしか、5月30日までに画像を送るんだと思いましたよ。

>で、あとで差し替えしていただけば
それって、すごく面倒なんすけど。
寸前まで来ないヒトには催促して、それでもだめならレイアウト変更ですよ。
そういうのの追っかけが仕事なもんで、アレですけど、
個人でやることじゃないっすよ。

それに送ってくる画像解像度もまちまち。
天地左右もまちまち。一人当たりの点数もまちまち。
レイアウトにどんどん貼りこむだけだって、すごい手間だと思います。
「間に合わない人は載せない!」って言わないと収拾付かなくなりますよ。
作らなきゃいけないものなんでしょうけど、自分がやろうとは思いませんねぇ。

6月2日(だったかな?)から、猫の企画展なんで、それに全力投球中です。まだなんにも決めてません。
ペン画にするか、色鉛筆にするか。
はたまた水彩色鉛筆の水溶きにするか。
生物の種類はなーんも決めてません。
リストを眺めて、変な名前のいきものを選ぶってのも面白そうです。
あ、リクエストは受け付けませんよ。
イトヒキオオベソマイマイとか、ドウクツミミズハゼっていわれてもどんなのかわかんないもん。(^^;)

ここんとこ、(半年・・・、一年。ん?数年?)某団体と猫と船関係のカネにならない絵を描き続け、少し疲れましたので、一回一作、我孫子はパスで行きたいと思います。
・・・いっそのこと、猫ちゃんイラスト作家に専念するのもいいかもしれませんねぇ。

Posted by: さしえかき | May 22, 2008 at 04:08 PM

さしえかきさん
まあ、事前に図録というのがちょっと無理って感じしますけどね。文字だけ記録でも搬入のときに最終改訂版できるくらいだから。しかし、作ってくださる方がいるだけありがたいわけで、文句はいえませんね。

あらま、今年も我孫子パスですか‥‥ざんねんですね。
かくいう私も今年も山脇パスですが。
まあお互い無理ない程度に参加しましょうね。


>いっそのこと、猫ちゃんイラスト作家に専念
それが一番儲かるとおもうよ、多分。
ペン画でリアルに描く人いないからチャ~ンスかも。
猫の企画展、がんばってください。

Posted by: やままゆ | May 22, 2008 at 06:55 PM

あら、山脇、出さなきゃだめじゃないっすか!(^^;)

我孫子のイベントがんばってください。(((((((^^;)
安かろう悪かろう色鉛筆の100本も、某クションで落札しておくといいですよ。
もちろん会に了解とって、払ってもらうということで。
コピー用紙でもかまいませんが、ウチの猫の先生が教えてくれた、学生用のケント紙は適度に書きやすくて、厚みもあるけどコピーは取れそうなので塗り絵用に用意してみるといいかも。

紙道楽の先輩は、安い紙はご存じないかと思いまして。((((((((((((^^;)

猫ペン画、もう一人いるんですけど、ホームページがないし、教室もやってないみたいなんですよねぇ・・・。
習いに行きたいんですが。

>それが一番儲かるとおもうよ、
ペン画でやってる以上、儲かんないっすよ!
時間かかりすぎて!!
時給計算ならコンビニのレジのほうが儲かりますって!

Posted by: さしえかき | May 22, 2008 at 07:22 PM

山脇の頃は仕事が忙しい予定と、11月のグループ展の準備もあるのでパスです。ここ数年山脇パスがつづいていますね。

我孫子の展示は私が担当ですが、イベント全般はWさんに御願いしてるので、つたえておきますね。いろいろ情報ありがとう。

>習いに行きたいんですが。
あなたなら独学でできるんじゃないの?

>時間かかりすぎて!!
う~ん、たしかに‥‥細密画の一種だもんね。
美学校の細密画教場で、これぜったい儲からないと先生も言ってた。(笑)
でもさ、コンビニの店員さんの方が頭つかうかもよ~

Posted by: やままゆ | May 22, 2008 at 08:29 PM

>独学でできるんじゃないの?
画集を見たときは、線も太く、白場が多いように見えましたが、横浜の展覧会で実物を見て認識をあらためました。
ゼブラの丸ペンを使かったんだそうですが、細い、細い!
私も筆圧が無いほうなんですが、この細さを維持しようと思ったら、5cm平方に新しいペン先を1本下ろさないといけなくなりそうです。
単位面積あたりのペン先の使用量だけでも、非常に重要な情報になります。

技術開発の世界でもそうだと思いますが、出来たことよりもできなかったことの情報のほうが貴重なことってあるじゃないですか。
ある技術を実現するのに、どうしたか?も貴重ですが、「こんなふうにしたけど、できなかった」ってことを聞ければ、同じ失敗を避け、さらに工夫できる。
そういう意味で、ご同業の人の話は、金払っても聞くべきですよ。

>これぜったい儲からないと先生も言ってた。(笑)
でしょぉ!!(^^;)
やればやるほど、手をかけられる技術ができるし、手をかけたくなるし。

>コンビニの店員さんの方が頭つかうかもよ~
あのなぁ!
確かに広いとこを埋めてるときは鼻歌交じりでできないことないけど、線一本一本の長さや幅や向き、間が開いたとき、全体の濃度から考えて、線を足すかどうかと、とか、いろいろ考えてるんです!(^^;)
でも、不特定多数の人に会わなくてすむから絵の方がらくかなぁ。

グループ展は大井町のやつですか?
多彩な人が集まっておもしろいっすね。
あ、私も、その頃、生徒展が2つ重なるんだ・・・。

Posted by: さしえかき | May 23, 2008 at 01:30 PM

>ご同業の人の話は、金払っても聞くべきですよ。
う~ん、そうかもしれないね。
人を教えるとわかるんだけど、すごく大切なことを言ってもキャッチする人としない人っているね。
人の失敗談って結構さらっと聞いてしまって、結局自分もその失敗してしまう可能性は高い。私はそういうタイプかも。ははは。

コンビニの店員さんは、頭をふる活用しているけど、絵描きは左しか使っていない気がする。
絵ばかり描いていると、言葉がでない計算ができない、右が退化してきますよ。(あっ、年齢てきなものかも‥‥ 笑)

>広いとこを埋めてるときは鼻歌交じりでできないことないけど
甘いな、私、電話しながら絵かけるよ。

>グループ展は大井町のやつですか?
おしい!大崎です。また「いきものつながり展」します。来てね。


Posted by: やままゆ | May 23, 2008 at 06:10 PM

>ごく大切なことを言ってもキャッチする人としない人
問題意識がないと、ピンときませんよ、そりゃ。
あたしが水彩の話聞いても、先輩の半分しかキャッチできないと思います。
自分で普段から気になっていることは、ピンピンくるじゃないですか。だから、神スケッチのTさんなんかの話はホントにためになるもん。

>右が退化してきますよ。
「頭をふる活用」?右は確かに・・・。
右だけ?(((((((((((((^^;)

>甘いな、私、電話しながら絵かけるよ。
ふっ、甘いな。私、居眠りしながら絵描けるよ。(^^;)
本業の山とあっちの仕事の締め切りが重なると、
たまに意識がないことが・・・。

あ、大崎でしたね。
是非伺わせていただきます。
講演会はないんですか?あったら是非お伺いしたい。
それも前列一番前で!
たまにあくびをかみ殺す真似なんかしながら。

Posted by: さしえかき | May 23, 2008 at 07:16 PM

>私、居眠りしながら絵描けるよ。
うわ~、ありえな~い。まけました。

Posted by: やままゆ | May 25, 2008 at 09:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 椿とメジロの陶板画 | Main | お堀端で »