« 羽の楽しみ | Main | 明けましておめでとうございます »

鳥を読める人

今日は里山でラインセンサスー一定の距離を歩きながら見聞きした鳥を記録する調査に参加してきました。
いつもメンバーは4~2人での調査で、今日は3人、久々にUさんが参加。
木々に紅葉が少し残る曇り空の下、落ち葉を踏みしめながら歩きました。
特筆すべき生き物はでてきませんでしたが、不思議な声に悩んでいたらジャージャーの声にカケスと分かって笑ったり、翼まで青いルリビタキをじっくりと見たりと楽しい時間でした。
このUさんと歩くとびっくりすることがあるのです。
彼女は鳥の心を読んだ観察をするんですよ。
今日の話ではないのですが、タカのペアが飛行をしていたら、それを見たUさん、「威嚇飛行しているからもう1羽タカがいるよ」といったとたん、ペアの1羽(多分♀)がある方向に飛んで行きました。その先にもう1羽のタカが。
どうもそれも♀だったようで。デートの邪魔をされて威嚇したようでした。後からきたタカはその勢いに驚いたのか逃げていきました。ただならぬタカの三角関係?
わたしたちにはただ飛んでいるように見えたのですけど‥‥
これも沢山の調査に参加されて、いろいろな経験を積んだ成果だけでなく、彼女の敏感な感性のなせる業。
小鳥でも警戒声を発している意味を ちゃんと読んでしまうしすごいのです。
まるで日本昔話の「聞き耳頭巾」かぶってるみたい。

写真は今日の里山のため池。池の奥にカモたちが寛いでいます。
Sisituka071211_001s

|

« 羽の楽しみ | Main | 明けましておめでとうございます »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Uさんの能力、すてきだ〜!
でも、人間が自然と密接だった頃は、皆聞き耳頭巾持ってたんですよね?
虫や鳥、風の動きを読む事は、まるで「ナウシカ」みたいでカッコイイ。
でもかつては、天気を読んだり、ほんのささいな自然現象で
その年の冬の寒さや降雨量を予測したりする研ぎすまされた感覚と知恵は、
きっと代々継承されて、人はあたりまえのように持っていたのでしょうね。
使わくなったものは要らないはずだけど、私の本能が羨ましいと思わせた聞き耳頭巾能力でした。

Posted by: 九丁 | Dec 13, 2007 at 10:31 AM

九ちゃん
ね~素敵ですよね。

昔の人はそういった感覚が研ぎ澄まされていたとおもうけれど、多分個人差もあったんじゃなかなと思いますよ。
観察会のお手伝いを何年かしていて感じたこと、初心者の方でも感覚が鋭いというか感度が良い方っています。
経験だけでなく、なにかその道?の才能ってあるのじゃないかな。
昔も天気がよめないとか、自然現象が分からない人きっといたと思うよ。(笑)

聞き耳頭巾能力、やっぱり私もあこがれます。

Posted by: やままゆ | Dec 14, 2007 at 05:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 羽の楽しみ | Main | 明けましておめでとうございます »