« October 2007 | Main | December 2007 »

11月25日のこと

小春日和の穏やかな日でした。
里山でちょっとヤブコギしていました。
目的はカヤネズミの巣探し。春に行った調査の秋バージョンです。
ほぼ春にあったあたりに、今回もみつけることができました。
こんなちいさな可愛い巣に哺乳類が住んでいるなんて、いつみても感激です。
無事に冬も乗り越えて、春にまたかわいい巣をみつけることができますように。

長靴履いたのに、なぜかズボンは泥だらけ、おまけにひっつき虫が沢山ついている。
デジカメのストラップにもアメリカセンダングサのひっつき虫が‥‥(笑)

そうそう、来年の干支はネズミ。カヤネズミのデザインにしようかな~
そろそろ考えなくちゃ。

写真は多分今使ってると思われるカヤの巣
0711kaya02s

| | Comments (9)

18日の夕焼け

18日の夕焼けの色はかなり印象的でした。
寒気が下りてきて、冬宣言を空にかいたようです。この日の夜は冷えました。

16日から山梨県の道志村にいってました。
17日にファミリー向けの野鳥観察をして、午後はお絵かき教室。
17日の朝は道志で初霜、寒い朝でした。
バードウォッチングは、鳥たちが木の高いところにいることが多くて、なかなか姿がみえませんでしたが、最後にノスリが2羽ゆっくり舞ってくれました。まだ頑張ってリンドウが咲いていました。もうお花はこれで見納めでしょうね。
お絵かき教室は、拾った落ち葉やとった植物のスケッチ、かんたんな鳥の描き方のレクチャーと実践。
小さな子は飽きてしまっていましたが、絵の大好きな子はずっと集中して描いてくれていました。
みんな個性があるので、描き方を教えるといっても無理があります。
結局みんな好きなように描いてもらいました。出来上がった作品は、同じような葉でもとりでも、みんな味わいがちがって面白いものになりました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

写真は18日の劇的なゆうやけ。迫力!
07111801

| | Comments (0)

JBF2007無事に終了

10日11日と雨のフェスティバルとなりましたが、たくさんの方々が、アビスタ会場ワイルドライフアート展にきてくださいました。
当会初のイベント、ぬり絵(随時)和田洋一さん講師による、紙で立体の可愛い小鳥をつくる講座を企画しましたが、どちらも盛況♪
展示会は最終には48点と集まり、画風もバラエティーに富んだ展示になり好評でした。
雨だったのが残念でしたが、そんな中おみえになられた方々はよほどの鳥好きとおみうけしましたよ。

今回わたしは、絵の展示会に始めて陶板画をだしましたが、とても評判がよくってほっとしました。
この作風も今後研究していこうという気力に励ましの後押しとなりました。
やはりいろいろな人に見ていただくということは、大事ですね。
あと、野鳥の会茨城支部で「こうのとりのカータ」を販売していただき、サイン会までしちゃいました。
こちらも関係者のみなさん、おせわになりました。

きてくださったみなさま、メールくださった方々、どうもありがとうございました。
準備は大変なんだけど、やっぱり終わったときは充実感があっていいものですね。

みなさんに感謝!ありがと~~~!

写真は今回だした陶板画2点です。どちらもチビフク。
Jbf2007_01


| | Comments (2)

立冬

昨日は立冬でした。ちょっと寒くなったかな。

庭の小菊たちが満開です。
ひょろひょろ伸びて地面を覆いつくした小菊。
名前はなんだか忘れてしまったけれど、野生種らしいです。
暖かな日差しのなか、キタテハが沢山きていました。
一番多いときは7匹!さすがにいっぺんにいるところは撮れませんでした。
地味目なチョウですが、花に留まるとなんだか艶やか。


今週末、千葉県我孫子市で「ジャパンバードフェスティバル2007」があります。
そこで絵の展示会もあり、私も出展いたします。
お時間あるかた、イベント盛りだくさんの鳥好きお祭りに是非どうぞ。

Japan Bird Festival 2007
ワイルドライフアート展

: 11月10日(土)~11日(日) 
10日 9:30~16:30
11日 9:30~15:00

我孫子市生涯学習センター「アビスタ」
千葉県我孫子市若松26-4

ジャパンバードフェスティバル2007の一環として
JWLAS会員による鳥および野生生物のアートを展示します。

会場におりますので、是非遊びにきてくださいね。
会場の前のホールでは、和田洋一さんのペーパクラフトや
ぬり絵もできますので是非。

明日搬入だ~~~。

Gazou0711_003sjpg


| | Comments (2)

« October 2007 | Main | December 2007 »