« ご近所サシバの渡り1 | Main | 陶板画完成 »

ご近所サシバの渡り2

朝、雲は多目ながらお天気良し、
ばばっつと有田の絵付けをして、陶板を釜にいれてから、
10時過ぎに1時間20分ほどまたサシバ探しにいってきました。
今回も出現したのは3羽。
初めの1羽は、胸の縦班も初々しい今年生まれの幼鳥、珍しいことに下面が白っぽくみえる個体。
私の真上を低く飛んでくれました。そして森の上に消えました。
無事に渡っていけるかな?
それから5分後、向かいの森の上に立派な成長サシバが上昇気流をとらえて輪を描きながら登っていく姿が。
すると、いつの間にか先ほどの白っぽい幼鳥もやってきて、その気流へ合流。
先輩と一緒に飛んで行ったら安心だね。また来年成長して戻ってきて欲しいな。good luck!

その10分後くらいに成長サシバ1羽確認。これは渡っていったかわかりません。

太陽を背にして空をみていたのですが、暑い暑い。真夏のようでした。
風は南西でちょっと強め。まさにサシバには逆風でしたので、渡りにくい条件だったかもしれません。
明日もわたるだろうな‥‥

有田の陶板、後数日でできそう。

写真はサシバを探したあたりの風景です。

Takasaki070915

|

« ご近所サシバの渡り1 | Main | 陶板画完成 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

凄い 開けたとこ何ですね
周りは 里山見たいな
甲山は 展望台から 見るんですよ
で 下は 街です
関空から 生駒の辺り迄
見えます
渡りの途中とは 言え 可愛そうです
あんな 町中…

Posted by: yuri | Sep 17, 2007 at 10:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ご近所サシバの渡り1 | Main | 陶板画完成 »