« コウノトリ無事に巣立ち | Main | ねぐら入り »

羽に誘われて

毎日とんでもなく暑いです。今日も朝から気温高し。
10時に牛久の森へイラストの納品に行ってきました。
森の道は日陰で涼しいかとおもいきや、ム~ンと熱気がこもっていました。
レンジャーさんに渡すもの渡して早々に引き上げてと思っていたのですが、いや待てよ、前にタカの食痕があったあの場所へちょっと寄ってみよう、換羽のこの時期、なにかあるかも。
そこは森の脇の広場のあるところ、ほとんど人が来ないのです。
木漏れ日の中下を見ながらあるきました。羽ないかな~だれか落し物していないかな~
目指す場についたら、あ~らふわふわの羽が!フクロウのお腹(多分)の羽!地面の上で光ってましたよ。
その近辺10mくらいに、立派な風切羽と小さな体羽も。
ここで羽づくろいでもしたのでしょうか?それとも狩りの激しい動きに落ちたのでしょうか?
思わずまわりにいないかきょろきょろしてしまいました。
夜に音もなくこの空を舞うフクロウを想像して楽しみました。

ああ、ほんと羽ってたのしい♪

写真のように3枚同じ場所に落ちていたわけじゃないですが、大中小と3枚GET!
Fukuhanes


|

« コウノトリ無事に巣立ち | Main | ねぐら入り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

フクロウが食われたとか。

Posted by: さしえかき | Aug 09, 2007 at 06:46 PM

さしえかきさん
それはないから。(汗)羽3枚じゃ すまないでしょ。
でもオオコノハとか小型のフクロウ類はタカにやられるようです。

Posted by: yamamayu | Aug 09, 2007 at 08:03 PM

フクロウ科の鳥って
どーして羽音しないんでしょうね
羅臼の 『鷲の宿』って言う民宿に シマフクロウ見に行った時 気が付いたら 池の魚を 両足で鷲掴みしてて ビックリしました あんなに大きいのに パサッとも音しなかったんですよ 不思議です

Posted by: yuri | Aug 10, 2007 at 07:28 PM

yuriさん

>どーして羽音しないんでしょうね
よく、羽のぎざぎざやビロードのような表面が消音の役目をしているといいますが、それでだけで音がしなくなるのかな??
シマフクロウなんて大きな鳥の羽音がしないなんて、ほんとに不思議ですね。
猫は足音を立てずに歩くときと ドタドタ音を立てるときとあるけれど、フクロウは音の使い分けできないのかな?(笑)

Posted by: yamamayu | Aug 12, 2007 at 07:32 AM

食われないまでも、カラスにいじめられたのかも。
夜間戦闘機のフクロウは、明るいところではカラスに手もなくやられちゃいますからねぇ。
翼の先端をつつかれて、腹に一蹴り食らったとか。

フクロウでも描くかなぁ。
月末でしたよね。
まだ2週間もある。
でも、暑いんですよねぇ。

Posted by: さしえかき | Aug 15, 2007 at 06:05 PM

さしえかきさん

>食われないまでも、カラスにいじめられたのかも。
それはあるかもしれませんね。

>フクロウでも描くかなぁ。
がんばれ~ 見に行きますね。
私は今回パスです。よゆ~ぅ(笑)

Posted by: yamamayu | Aug 16, 2007 at 04:18 PM

あら、欠席?
ずっるいなぁ!!
そうなんだよねぇ、毎回義理立てて出さなくてもいいんですよねぇ。

まあ、いいや。
金払っちゃったし。
そういえば、案内ハガキが着てないけど。
何描こうかなぁ。

Posted by: さしえかき | Aug 20, 2007 at 02:08 PM

さしえかきさん
まあ、カータの展示会もやったし、今年はこれで個展的な展示会2回してるんですよ。新宿も参加したし‥‥
我孫子JBFは係りだから必須だし。

がんばってくださいね。
はなとりさんが衝撃的な作品を出されるようですよ。
スプラッター系かな‥‥どきどき。

Posted by: yamamayu | Aug 20, 2007 at 05:52 PM

私もこの一年、金にならない猫と鳥を、
ひっきりなしに描いてますが・・・。

やっぱ、金にならない絵は燃えないなぁ。
誰にもらってもらうってのが決まってないのも、熱くならないし。
来年一年くらい、ちょっと会の展覧会から離れてみるのもいいかもしれないと、この数年思っているんですが・・・。
展覧会でしかあえない人とかもいますから、なかなか・・・。

>はなとりさんが衝撃的な作品を出されるようですよ。
えろぐろはやらないそうですから。
なんですかねぇ。シタイ系には違いないんでしょうけど。
真っ黒な中に白い丸を一個描いて、重油まみれのウミガラスのシタイとか・・・。

Posted by: さしえかき | Aug 21, 2007 at 04:29 PM

さしえかきさん

>やっぱ、金にならない絵は燃えないなぁ。
そう? 私は売るための絵は燃えが少ないなぁ。
だって、手元からなくなっちゃうんだもん。
だから印刷物用の絵のほうがすき。
あっ、そうか、印刷用もお金になる絵か‥‥

会の展示会も年3回も出さなくていいのでは?
まあ無理のない範囲でつきあえば。

>えろぐろはやらないそうですから。
そうなの? ないぞーどば系があるらしいですよ。(ご本人談)
もっとすごい話もきいたし(ご本人はたいしたことないのかもしれませんけど 笑)
楽しみにしています。

Posted by: yamamayu | Aug 21, 2007 at 05:05 PM

>手元からなくなっちゃうんだもん。
そうそう。だから、販売のある展覧会はどうも・・・。
個展もやりたいけど、出した絵が捌けなきゃ成功とはいえないわけで。
絵の販売で食ってる人ってすごいですよねぇ。
どんどん人手に渡すのが当たり前なんですから。
印刷関係が一番いいんですけど、そういう仕事って少ないんですよねぇ。

>ないぞーどば系
へぇ!
衝撃的ですね。
真っ赤な紙に白鉛筆で内臓の形とテカリだけ描いて、血だらけのアカショウビンのどば絵です、とか。
うーーん。10日を切ると、如何に手を抜いて一枚でっち上げるかにしか、考えが向かない・・・。(^^;)
わかりやすいし、時間も手間も見えるペン画にするか、新しい紙に挑戦して、いろいろぼかしたりすかしたりする色鉛筆にするか・・・。
って、今頃こんなこと言ってていいのか!?(((((((((^^;)

あ、展覧会情報をご紹介いただきましてありがとうございました。
ウチのページに、出展予定の新作をちょびっと紹介しております。
コレももっと書かなきゃ。

Posted by: さしえかき | Aug 21, 2007 at 06:05 PM

搬入日を間違えて、30日は完徹でした・・・・・・。
30日は展示を終えたら、別の店に絵を搬入しに行ってきました。
おかげで飲めませんでした。
っていうか、それがなくても仕事中だからねぇ。(^^;)

>はなとりさんが衝撃的な作品を出されるようですよ。
見ましたけど、そんなにどば!系って感じじゃなかったっすよ。
もっとシズル感あふれるジューシーな奴かと思ってましたが。
細かくちゃんと描いてるから、そういう意味でおとなしいというか、
「良く出来た」絵ですから、全然違和感もなく・・・。

Posted by: さしえかき | Aug 31, 2007 at 02:16 PM

さしえかきさん
搬入おつかれ~!
完徹の作品楽しみにしておりますわん。
もちろんはなとりさんの作品も♪

今日、猫の病院にサプリメントもらいに行ってきました。
待ち時間長かったのでそこの猫雑誌みていたら、猫ミニ額展の告知がでていましたよ。ご盛会をお祈りしております。売れるといいね。

Posted by: やままゆ | Aug 31, 2007 at 09:08 PM

いや!みないでっ!(^^;)
燃え尽きたのがわかるから。((((((((((((^^;)
売れるかどうかは・・・。
売れないでくれたほうが・・・。
ちぃっちゃくても手間は一緒ですからねぇ・・・。

Posted by: さしえかき | Aug 31, 2007 at 10:28 PM

燃え尽きるほど入魂なんですね。
そりゃ~見なくちゃ。(笑)

>ちぃっちゃくても手間は一緒ですからねぇ・・・。
たしかにそうですね。

うちうち情報。
4日の夕方 D社のH木さん山脇にいらっしゃいますよ。
(ご面識ありますよね?)

Posted by: yamamayu | Sep 02, 2007 at 07:31 AM

一応、埋めましたって背景なんで・・・。(^^;)
背景に手を入れたら劇的にイメージ変わるかもしれませんので、
新作ということで我孫子に・・・。(((((((((((((^^;)

D社さんといえば、いらっしゃることをT中さんはご存知なんでしょうか?
すごく仲が良くて、たまーに飲みに行くみたいなことおっしゃってたので、誘いあわせてくるのかな。
お知らせしたほうがよくないっすか?

Posted by: さしえかき | Sep 03, 2007 at 11:37 AM


>すごく仲が良くて、たまーに飲みに行くみたいなことおっしゃってたので、誘いあわせてくるのかな。
そーいうことです。(T中さん当番日なの?)

ぎゃ~、いまメール確認したら、今日だったわ!
3日の夕方でした。
すみません。

我孫子での改訂版もたのしみにしておりますね。

Posted by: yamamayu | Sep 03, 2007 at 12:35 PM

ぎゃ~~!
明日の予定を今日にずらしまくったのに!

あ、我孫子は・・・。
えっとぉー。おやすみしようかしら。
なんか、この2年くらい、金にならない絵を急かされ急かされ描いてる
ような気が・・・。出展料も持ち出しでしょ。
趣味(?)に使う費用としては、ダントツなんじゃないかと。
これじゃあ、たこち〇うが買えなくなっちゃう。

先輩はいつ来るんですか?

Posted by: さしえかき | Sep 03, 2007 at 08:07 PM

>明日の予定を今日にずらしまくったのに!
うぇ~ん、ごめんにょ~。
もうしわけない‥‥

>先輩はいつ来るんですか?
もうしわけない。
急遽今日いった‥‥
今帰った。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
遺憾に思う。すんません。

Posted by: yamamayu | Sep 03, 2007 at 10:52 PM

ぶっぶ~~!!

あしながさんによると、昨日はTさんからいろいろお話を伺えたそうな。
惜しかったなぁ。
今日はKW島さんからいろいろ、お話を伺えました。

Posted by: さしえかき | Sep 04, 2007 at 06:07 PM

あしながさんってどなたかな?

私は着いたのがおそめだったので、あまり御話きけてませんが、神スケッチブックは拝見しました。修行しないといけないと痛感しました。
勉強になったです。(すいません)
早速WATARIDORIのDVDが活躍してくれそうです。(たぶん汗)

Posted by: yamamayu | Sep 04, 2007 at 10:25 PM

なんかスケッチブックがキーワードだったみたいですね。
昔のスケッチかなんか見せてもらったんですか?
最終日はあたしが持ってるTさんの画集やら技法書やらを、
自慢方々見せびらかしてきました。
新し目の会員の女性が、Tさんの大ファンだったそうな。
で、こんな本が、あんな本がって、言ってるから、
ホレ、実物って、見せてきました。(^^;)

あしながさんって、F干潟の。
今回はアジサシの水彩だったかな。

そうそう、Tさんの3冊セットの画集って持ってます?
一冊10,000円の奴。
見せてあげましょうか?
あ、残念だけど、重いからだめですねぇ。((((((((^^;)

掲示板のあだをブログで。

Posted by: さしえかき | Sep 06, 2007 at 12:28 PM

>昔のスケッチかなんか見せてもらったんですか?
そうです。
すごかったです。レベルの違いをぴりぴり感じました。
印刷にしたらあの臨場感は半減するかもしれない。
生スケッチのすごさがありました。


>あしながさんって、F干潟の。
あそうか、分かったです。ありがとう。

>そうそう、Tさんの3冊セットの画集って持ってます?
もってないです。
持ってきてTさんにサインもらえばいいじゃない。

Posted by: yamamayu | Sep 06, 2007 at 02:16 PM

>もってないです。
あら、そう。持ってないのぉ?
スケッチとか満載でいい本なのにぃ。残念ねぇ。(^^;)

持っていって、クワさんにも「サインもらえば?」って言われたんですが、
搬出のばたばたのなかで、ちゃんとした筆記具もない、
座るところもないようなところで頼むのは気が引けまして。
お茶しにいければ、そこでもらえたかもしれませんが・・・。

某会員のTさんファンに、「さしえかきさんもファンなんですか」って
言われたんですが、ファンって言うより、師匠っていうか、目標っていうか、もっと高い感じで。
まあ、リアルに会えば失礼ギリギリのバカ話もしてますが・・・。
サインなんかもらわなくても、いろいろ話してもらってるので。

Posted by: さしえかき | Sep 07, 2007 at 08:34 PM

そういえば持っている画集って、鳥のものばかりかもしれません。
4つ脚獣はむずかしいですね。描いてもタヌキどまりの今日ですが、もっと獣もかけるようになりたいです。

>言われたんですが、ファンって言うより、師匠っていうか、目標っていうか、もっと高い感じで。

そう、なんかレベルがちがうんですよね。
スケッチ拝見したら恐れ多くておしゃべりし難くなってしまいました。
(すぐ復活したけど 笑)
それくらいの方なのに、ほんと気さくないい人なんでびっくりです。
いろいろ教えをいただける私たちは幸せものです。

Posted by: yamamayu | Sep 08, 2007 at 07:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コウノトリ無事に巣立ち | Main | ねぐら入り »