« ヤマガラとエゴ | Main | 絵本原画展の知らせ »

クルミ

8日里山にいきました。
クルミの木に沢山のクルミがなっていました。
木の下の草をかき分けると、昨年の胡桃の殻がちらばっていました。
それも大きな穴のあいた殻ばかり。
沢山の殻はみんな穴がありました。ネズミ(たぶんアカネズミ)の食べたあと。
でも、木の下には、小さな胡桃の芽も沢山でていました。
ネズミが食べ忘れたクルミは、ちゃんと木になる準備をしています。

1本の木の下で、小さいけれど沢山のドラマがありました。

Sisituka070708_006s
Sisituka070708_004s


|

« ヤマガラとエゴ | Main | 絵本原画展の知らせ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

ぜ〜んぜん
関係ないですが
昨日、近くの田んぼに カルガモの夫婦が来てました
先日 チェックに行きましたが
今の田んぼには カブトエビ(英語で tadpole shrimpと言います)しかいませんでしたけど
あんなもん 食べんのかしら
何で田んぼを見に行ったかと言うと ホウネンエビ(faily shlimp言います)を探しに
何か 惹かれるんですよね あの バックストロークと 若くさ色のボディーに 鮮やかなオレンジのしっぽ
お腹に 粒つぶ卵を持ってたりしたら
嬉しくて ウルウルに成ってしまいます
シーモンキーに 似てますが あんなに下品じゃないです
芦屋のお嬢様みたいです 飼ったら直ぐ 死んでしまうので
もっぱら 田んぼに出掛けて観察!

Posted by: yuri | Jul 12, 2007 at 12:14 AM

yuriさん
カブトエビにホウネンエビですか~!
すごいすごい。みたことないです。
すばらしく良い環境にいらしゃるのですね。
わたしの近所じゃ、ヨコエビくらいしかおりません。
それだけ役者が揃ったら、田んぼ観察にはまりますね。
うらやましいです。

Posted by: yamamayu | Jul 12, 2007 at 09:11 PM

胡桃の木の話♪ そうなんです!! うちにも大きな鬼胡桃の木があり様々なドラマが繰り広げられているようです。 野ねずみの食べた殻、リスの食べた殻、猪がバリバリ噛み砕いたチップなどを見つけると絵本を世界に私まで入り込んだ気持ちになります。 

畑の中に芽を出した胡桃の苗の根元をだれかが掘って半分に割れて根と茎を出している“発芽胡桃”を食べています。 苗をそのままに残して、種の中身だけを上手に食べるのです。雉、カラス、ネズミ!? 掘り方が違っています。
  
胡桃の木が何本もあっても困るので、根元の胡桃を落とさないように掘りあげて、私が関わっている東京の幼稚園の子供たちに持って行きます。胡桃の他にクヌギ、銀杏、栗も。子供たちは田舎のネズミ先生のおみやげに大喜びしてくれます。 

長くなりますが、先日草取りをしていて発見しました。 敷地の端の方に倒しておいたクヌギの太い枝の下からイチョウの芽が3本くっ付いて出ていました。イチョウの木はずっと離れたところにあります。どうして?と思った途端、思い出しました。去年小さな銀杏がいっぱい落ちて、そのままにしておいては木の下で芽を出すので、掃き集めて、ふと思いつきました。人目につきにくいところにおいておけば誰かが食べるのではないかと。それで銀杏とドングリを集めて奥のテントサイトの端に持って行ったのでした。その時、ドングリはその場でばりばり誰かが食べたようでしたが、銀杏は残っていました。 その後、野ネズミが非常食にと巣に運んだのかもしれません。あのクヌギの下はネズミの貯蔵庫なのではないでしょうか。

Posted by: もんたママ | Jul 12, 2007 at 09:55 PM

はい
田んぼを舐めてはいけません
なかなか ドラマチックな世界が
展開されます 田んぼから 掬い取って来た ミジンコをビーカーで 培養した事もあります
もう少ししたら おたまじゃくしが 発生して
そしたら それを狙ってヤゴが 来ます
ホウネンエビ探しに行った時 トンボのつがいか゛おしりをチョンチョン水に浸けてましたから
後、ミズスマシとか ミズグモとか
倉敷に居た時は クスミリンゴガイ(ジャンボタニシと言う人も居ます)の卵を一杯見ましたが
ここでは、見掛けませんね

Posted by: yuri | Jul 12, 2007 at 10:51 PM

もんたママさん
猪のばりばりチップ‥‥
あんな固いものも噛み砕いてしまうとは、猪恐るべし!
発芽ものを掘って食べる生き物もいるんですか。
いやいや、もんたママさんちのクルミの木は、お客さんの種類が多いですね。

クルミ付きの苗木プレゼント、素敵!
小さい子たちはもちろんのこと、大人でさえも、クルミやドングリが種だってことを忘れていたりします。すごくいい勉強にもなりますね。

>あのクヌギの下はネズミの貯蔵庫なのではないでしょうか。
そうかも‥‥
わたしは、木の上(木の又のところ)に銀杏が沢山置いてあったのを見たことがあります。人の手の届かないところなので、カラスかな~といまだに不思議に思っています。

yuriさん
そうそう、田んぼの生態系は面白いですね。
農家の方が嫌がる水はけの悪い田んぼほど面白い。
これが谷津田だと、カエル→ヘビ→サシバとなりますね。
ジャンボタニシ、テレビでみましたが大きいですね。
卵はたしか、度派手なルビー色だったような。

Posted by: yamamayu | Jul 13, 2007 at 05:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヤマガラとエゴ | Main | 絵本原画展の知らせ »