« 3月のウサギ | Main | キリム話ーその3 »

ガマ合戦

イラストの納品に観察の森に行きました。
レンジャーさんからガマ合戦が始まってると聞いて、すぐに池にむかいました。
いつもお彼岸のあたりが相場なのですが、やっぱり今年は早いわ。

森の道で、ちょっとくたびれた感じのガマが池に向かっているのに遭遇。
頑張れ、池は近いぞ!
水辺からは、優しいゴゴゴゴというガマたちの声がします。
浅い池に、いっぱいにょろにょろ卵がありました。
そしてご本人たちも!
ざっと見渡して、20匹以上、多分その倍はいるでしょうか。
人の気配がすると潜ってしまうのですが、じっと待っていると、待ちかねたように動き出します。
メスの上のポジションを取ったオスは、座を狙う他のものたちにガマキックします。
しかし、負けずに上にのるオスガエル。メスをめぐって、くんずほぐれず。
これはほんとに合戦ですね。
夜が本番だとおもうのですが、昼間でこれだもの、夜になったら大合戦になっているだろうな。
ある時期しか見られない、ガマたちの命をかけた大イベントでした。

ガマ嫌いな人 すみません。(汗)

2007kaerugassen_001s
2007kaerugassen_008s


|

« 3月のウサギ | Main | キリム話ーその3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

やままゆさん
なんともうガマが活動し始めたのですね。
やはり暖冬。
下の写真の水底にあるのはガマの卵ですか?

Posted by: shima | Mar 09, 2007 at 06:21 PM

shimaさん
ちょっと早くて心配です。ひどい寒の戻りがないように祈っています。

>下の写真の水底にあるのはガマの卵ですか?
そうです。もうすでにかなり産んでありました。
嫌いな人はこの写真耐えられないでしょうね。申し訳ない。

Posted by: やままゆ | Mar 09, 2007 at 07:23 PM

洗足池に住んでいた時のことを思い出します。うちにもガマがいました。春になるとどこかのお庭の池か洗足池かに出かけていたようです。その時期には車に轢かれてペッタンコになった大きなガマをよく見ました。6月の雨の日に小さな黒いガマの子蛙が舗装道路をピョンピョンピョンピョンしていました。蛙=ガマと思った息子はすっかり蛙嫌いになってしまいました。家和楽に育てば蛙は可愛いとおもったでしょうに。

写真のにょろにょろはすごいですね。

Posted by: もんたママ | Mar 09, 2007 at 10:48 PM

ガマの観察楽しそうですね〜。
アリスの話に出てくるウサギがどうして三月ウサギなんていう名前だったのか
訳がわかって、嬉しくなりました!

Posted by: 九丁 | Mar 10, 2007 at 05:25 PM

もんたママさん
東京の中心部って結構ガマがいるみたいですね。
ちゃんと世代更新できているといいのですが。

>蛙=ガマと思った息子はすっかり蛙嫌いになってしまいました
あら、残念。子どもからみたら、ガマって人相わるいかな。大人からみると味があって可愛いけれどね(笑)
あの写真の歩いているガマは、実は動いていなくて、あのまま固まったように動かなくなっていました。
前に歩いていた人に驚いたのでしょうか?道の真ん中にいたので、レンジャーさんが道の脇においてあげてました。あんな行動していたら、車にも轢かれてしまうなあ。(脇に置く前にお腹を触ってみました。ぷにぷにして気持ちよかった。ガマにしたらえらい迷惑な話でした。)

九丁さん
ガマがっぜんおもしろいですよ~
あの顔がまたいいですよね。また、ガマの体って色のバリエーションがあるのに気がつきます。個性豊かなカエルです。

>訳がわかって、嬉しくなりました!
お役にたてて、私も嬉しいです。
でも、アリスのウサギは頭脳明晰で、きちがいウサギって感じではありませんね。
人間も木の芽時はなんとか‥‥とか言いますから、3月ってやっぱり特殊な月なのかもしれません。

Posted by: やままゆ | Mar 10, 2007 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/14189199

Listed below are links to weblogs that reference ガマ合戦:

« 3月のウサギ | Main | キリム話ーその3 »