« 森のしんぶん原画展を終えて | Main | ガマ合戦 »

3月のウサギ

午前中、里山でアカガエルの卵塊の数を数える調査に参加していました。
参加者といっても、2人ですが(汗) 
もうアカガエルの産卵時期はほぼ終わりのようで、新しい卵塊はとても少ないものでした。
今年は暖冬のせいで1月末から産んでいて、数はあっても寒さや水溜りが干上がったりで、ダメになってしまった卵が多数ありました。泥の上に干からびてへばりついた卵はとても悲しい姿でした。
きちんとお玉じゃくしになれるのは、結構たいへんなことのようです。

ため池で青いものがすごい勢いで直線に行きかいました。
カワセミが2羽鳴きながら追いかけっこでした。熱心な追いかけっこ‥‥
これは恋の季節到来のようです。
他の田んぼへの移動中、がけ下のヤブでガサガサ音がしました。
なんとノウサギ!コチラに向かって来たとおもったら、他からももう1羽のうさぎ!
すると、2羽が追いかけっこはじめました。追いかけは長くはありませんでしたが、2羽は着かず離れずで移動していきました。
これがうわさの3月ウサギかな。
ご存知のように欧米では「3月のウサギ」は頭がおかしいという意味の慣用語。
(3月繁殖期のウサギは、頭がおかしくなったような行動をするという意味らしい)
今回はちょっと軽めの3月ウサギでした。
帰り、池ではまだカワセミの声がしていました。こっちのほうが3月ウサギ度が高かったみたい。(笑)

写真は卵から孵った アカガエルのお玉たち。
2007sisituka0302_002s

|

« 森のしんぶん原画展を終えて | Main | ガマ合戦 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

もうそちらではオタマジャクシになっているのですか!!
最近、私は「いばらき さとやま生活」のブログに書き込みを始めました。 そこに先日こちらの田んぼのアカガエルの卵塊の写真を載せました。ここに越して来て以来、アカガエルのファンです。あの声を早春に聴くとキャンプ屋も冬眠から覚めてそろそろ営業準備に取り掛からなくっちゃと思います。 ところが春眠と花粉症薬のため朝寝坊ばかりです。 明日から頑張って早起きし、こちらのウサギの様子をみようと思います。 確かに鳥達の行動が違って来ていますね。

Posted by: もんたママ  | Mar 03, 2007 at 01:19 PM

もんたママさん
ブログを検索して拝見しました。
県北は春が遅れてやってくるんですね。
この辺はずいぶん前からキジも鳴いているし、ヒキガエルも動きだしているようです。
でもこれからいろいろ春探しを楽しめていいですね。
これからお仕事もお忙しいこととおもいますが、
花粉症ですか?どうぞお大事に。

いまのところ私は大丈夫ですが、時間の問題かもしれない予感があります‥‥
しかし、今日は暑いくらいでしたね。東京にいっていたのですが、あるいていて汗ばみました。

Posted by: やままゆ | Mar 04, 2007 at 10:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/14102068

Listed below are links to weblogs that reference 3月のウサギ:

« 森のしんぶん原画展を終えて | Main | ガマ合戦 »