« ガマ合戦 | Main | 景徳鎮千年展 »

キリム話ーその3

人のぬくもりを感じる手仕事の物が好きです。
ここでも何度がUPしました、トルコのキリム(毛の平織り物)
昨年、ネットオークションでハギレを2000円で落札しました。(私しか入札してなかった)
持ち主さんもよく覚えていなかったようですが、多分トルコのアダナという地中海に面した場所のキリムらしいです。
沢山の色が入っているのですが、なんとも調和が取れていて、この明るい色は地中海気候のなせる業かもしれません。
細い毛糸はすべて手紬で、ほとんど天然染料で染められているのではないかと思います。
気の遠くなるような行程を経て、織られた織物の切れ端。
年月が過ぎてばらばらになって、東の果て日本国まで流れて家に来ました。

時々時間を忘れて見入ってしまうことがあります、
とくにちょっとだけある緑の色むらがぞくぞくするほど好きです。
80年以上前の作り手の仕事から、感動をもらえるなんて、手仕事の素晴らしさは時間も国も超えますね。

Reihanrihagiere_1


|

« ガマ合戦 | Main | 景徳鎮千年展 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キリム話ーその3:

« ガマ合戦 | Main | 景徳鎮千年展 »