« 霜化粧 | Main | カヤの古巣 »

カラスの鼻毛

友人から、きれいなカラスの体が送られてきました。
ちょっと小ぶりでやせたハシボソガラス。
黒といっても、紫や群青に光る羽は、手元でみると数段美しく感じました。

長年、疑問に思っていたことを確認するチャンスがきました。
あの連中のくちばしの付け根あたり、毛がぼーぼーでみえないカラスの鼻の穴がどうなっていたか見たかったのです。

スケッチをごらんください。
毛にような羽をもちあげたら、ごく普通の鼻の穴がでてきました。
鼻の穴から生えているわけではないので、正確には鼻毛ではないのですが、なんとも不思議な存在の鼻毛です。
完全に鼻の穴がおおわれて、苦しくないのかふしぎです。
なぜここまでして、穴を塞ぎたいのか?いいことあるのか?

それから、下まぶたに、毛(羽)が生えていました。
フクロウも生えてなかったと記憶しています。
普通、体中でいちばん薄い皮膚だから、毛なんて生えないものだとおもっていたので、これもびっくりです。
体中、意地でも黒くしようとした作りみたいですね。
(鼻の穴のなかもちょっとピンクだったからね、隠したのかな?)
図鑑で改めて調べたら、カラス科の仲間は鼻毛ぼーぼーが多いようです。
う~ん、結局、カラスの不思議が増えてしまいました。


Hasiboso01s_1

|

« 霜化粧 | Main | カヤの古巣 »

「イラスト」カテゴリの記事

Comments

以前、東京大学の三四郎池のほとりで、カラスの羽を拾ったんですが、
(茂ったところでしたが東京ですし、実際カラスがたくさんいましたので、カラスの羽でいいと思うのですが)尾羽なのか、細長いしっかりした羽に、緑と言うか、藍というか、金属光沢のある縞模様が見られました。
ああ、こいつらも、カケスの仲間なんだなぁって、(あ、逆か)思いました。
そちらのボソの尻尾はいかがですか?

>なぜここまでして、穴を塞ぎたいのか?
ゴミ処理の人がマスクをするのとおんなじですよ。
昭和初年のころ、まだまだ町にカラスが珍しかった頃は、ゴミ漁りばかりする鳥ではなかったので、あの部分の毛(羽根)は大きくありませんでした。
それが、この40年くらいで、都市での分布の拡大に併せて、急速に伸びるようになったのです。
草原性でまだまだ都市に没入してないボソの方が、すっかりコンクリートジャングルになじみきったブトよりも、この部分の毛の伸び方は少ないそうです。

もちろん、うそですが。(((((((((^^;)

Posted by: 挿絵描き | Dec 12, 2006 at 04:07 PM

挿絵描きさん
あのねぇ‥‥
数秒、ものすごく納得して尊敬の気持で読みました。
数秒でも信じた私がばかだった‥‥
くやしいけど、説得力ありました。
毛が伸びたどうかは別ですが、実際匂いよけかもしれませんね。

ボソの尾羽の色確認しておりませんが、
背中も美しい玉虫色でしたよ。

Posted by: やままゆ | Dec 12, 2006 at 10:45 PM

あら?!信じました?(^^;)
だめだなぁ、私がホントのことなんか言うわけないじゃないですか。
膨大な読書量は、ジョークに信憑性を足すためだけに使ってますから。

M先生に聞いてみたんですが、腐肉食をするハゲワシに鼻毛がないので、
食性に原因を求めるのは難しいかもしれないそうです。
ミヤマガラスは幼鳥時にはありますが、成長になるとなくなるそうです。
呼気・吸気との外気温との差を緩和するよいうような役目を持っているのかもしれないが、よくわからないそうです。(あ、これはマジね)

カラスの類には食性に関わらず、鼻毛がある例が多いそうです。
カケスとかオナガにもあるって。
カラスって、進化的には進んでいるんですよね。
ってことは、鼻腔覆い羽根は新しい工夫で、すごく進んだ機構なのかもしれないですね。(マジね)

以前他のヒトのページに提供した、カラスの縞々羽根の写真↓
http://sasie2.hp.infoseek.co.jp/00kamerasanpo/jpg/27.jpg

Posted by: 挿絵描き | Dec 18, 2006 at 01:01 PM

挿絵描きさん
M先生に聞いてくださってありがとう!
私もおたずねしたかったのですよ。
ミヤマガラスは幼鳥の時にある‥‥う~ん、ふしぎですね。
しかし、さすがカラスのM先生。

いろいろためになる御話ありがとうございました。

写真拝見、なんとなく縞模様ですね。
う~ん、これもふしぎ。
カラスの羽も落ちていたらちゃんとみてみます。
カケスの尾羽も根元付近ちょっと青い縞がありますね。
これの親戚かな?

Posted by: やままゆ | Dec 18, 2006 at 07:54 PM

聞いてみればよかったのに。
我孫子でお会いしてますよね。
もし、あれなら、こちらからもメール入れておきますが。

素朴な疑問から新しい発見が出てくる事もあるわけだし。
遠慮することないじゃないですか。
・・・男らしくないなぁ。(((((((((((((^^;)

Posted by: 挿絵描き | Dec 21, 2006 at 02:34 PM

挿絵描きさん
いえいえ、
挿絵描き先生のお言葉の内容で、充分でございます。
小心ものの私に、いろいろお気使いありがとうございました。
ご存知だと思いますが、もうほんと、気が小さくて困ってるんですよ。


Posted by: やままゆ | Dec 21, 2006 at 05:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/12961516

Listed below are links to weblogs that reference カラスの鼻毛:

« 霜化粧 | Main | カヤの古巣 »