« 不思議で綺麗なもの1 | Main | サクラ »

桜食い

やっと風がおさまりました。
連日の強風(昨日は2時間電車が止まった‥)がおさまって、こちらもやっと桜の季節になりました。
只今、九部咲きくらいでしょうか。
近所の並木に行ってきました。ここのところ出歩いていなかったら、世の中一気に春になっていました。
ツバメは飛ぶわ、アマガエル、シュレーゲルも鳴いてました。早くもアケビの花も咲き始めていました。

まだ散っていない桜の下、丸ごとの花が落ちてます。
昨年も書いたけれど、スズメの蜜を食べた跡。
私の頭上でも一生懸命食べてました。くるくるくるくると桜がおちるおちる。
ヒヨも蜜を吸ってましたが、これは花をついばんでいませんでした。
(ところによっては、ヒヨも桜食いをするらしいですけれど) 
メジロもキタテハもみんな桜の蜜をすってました。

長い桜並木で、スズメの来る木は決まっているようでした。
それは民家の近くの木、家がそばにない桜の下は花が落ちていませんでした。
家が近くにないと落ち着かないのかな?
スズメってやっぱり人と共に生きてく鳥なんですね。

写真の桜並木は若い木です。こんなに良い日なのに、人がいないでしょ。
これが田舎のいいところです。(笑)

Mikazukibasi06_008a
Mikazukibasi06_007


|

« 不思議で綺麗なもの1 | Main | サクラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

 最近,ヒヨドリもスズメと似たような食べ方をするのを見ました。しかも,落ちた花を良く見ると,(まだ経験則の段階ですが)スズメのほうが切り口が鋭く,ヒヨドリの食べ跡のほうがくちゃくちゃです。嘴の形や食べ方に依存すると思われるので,慣れればかなりの確率で見分けが出来るかも知れません。

Posted by: なかを | Apr 04, 2006 at 10:54 PM

雀も桜の花を切り取ってしまうのですか!大変だ! ここは雀がとっても多いのです。私達は以前東京大田区に住んでいましたが、いつもヒヨドリとワカケホンセイインコ?の群れが来て、パチパチパチパチと忙しそうに花を切り取って蜜を吸ってゆきました。 うちの桜は緋寒桜で町内一早く咲く木だったのです。彼らが去った後は花の絨毯。でも、丸坊主になってしまうことは決してなく、しばらくするとちゃんと小さなサクランボがいっぱい落ちていました。今住んでいる奥久慈の入り口、旧山方町のはずれの桜はようやっと咲き始めたところです。今日、白い蝶とキタテハと雨蛙を見ました。大きな青大将が出たと騒いでいた人もいました。2,3日前の夜にはハクビシンが現われました。春ですね。

Posted by: もんたママ | Apr 05, 2006 at 12:47 AM

なかをさん
スズメとヒヨの食痕のちがい、おもしろですね。
今度また良く見てみましょう。
先日、庭でヒヨがレンギョウの黄色い花をムシャムシャ食べてました。おいしいのかなと思って食べてみたけど、美味しくなくて渋みがありました。他にも食べるものあるだろうにね。


もんたママさん
そちらでも春の役者が揃ってきましたね。
お家近くの桜でも、まるごと落ちてるとおもいますよ。
スズメが落とさなくて数日後には散る命。
生き物の糧となってよかったねと思ってあげましょう。(笑)
そうそう、東京のワカケホンセイ、すごいですね。
あれは日本の光景じゃないわ!大きいから迫力。
えっ?あれ?もんたママさん、東京にお住まいだったんですか‥‥
ではなおさら、自然のいろいろが新鮮ですね。
これから、ベストシーズン、楽しんでください。

Posted by: やままゆ | Apr 05, 2006 at 09:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/9427461

Listed below are links to weblogs that reference 桜食い:

« 不思議で綺麗なもの1 | Main | サクラ »