« ヤツデ | Main | 古巣 »

ダンディ君

ottonov_018s

池にカモが沢山来ています。
紅葉がすすむように,♂もエクリプスから美しい姿に変身しています。
町中の池のある公園に行ってデジスコしてみました。
今回のハンサム君は彼に決定!1羽でめだっていたヨシガモです。
首のあたりがまるで蝶ネクタイですね。かっこえ~っ!

池の環境によって,居るカモの種類はずいぶんと違います。
ここは街中ですが,けっこう面積のある池で,オナガガモ,オカヨシガモが多く,コハクチョウも3羽来ています。
いつもいく里山のため池は,マガモとコガモが多いです。

どこでもそうですが餌付けされて,人の近くにくる野生のカモがいます。
一見微笑ましい姿ですが,今年はトリインフルエンザの驚異がささやかれています。
彼らの訪れはうれしいことですが,人と野生の生き物との節度ある共存が求められてくるでしょうね。
これからの彼らといい関係が保たれることを祈ってます。

|

« ヤツデ | Main | 古巣 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

 ホント、羽根の色もスタイルもカッイイ、ヨシガモですね。私が雌のヨシガモだったら追っかけちゃうな。
 でも、環境によってちゃんとすみ分けしているのですね。子孫を残す本能でしょうけど賢いですね。
 トリインフルエンザの影響でカモ達が偏見をもたれないか心配です。
 以前、不忍池に行った時、オナガガモを持っている男性がいて驚きました。オナガガモも全然抵抗しないので、野生の本能 はどうしたの?と思ってしまいました。餌付けも度が過ぎるといけないと感じました。

Posted by: いけ | Nov 28, 2005 at 01:10 PM

いけさん
コメントありがとうございました。
カモの装いってしゃれてますよね。
やっぱり♀も素敵にみえてるんでしょうね。
人もカモも美的感覚にてるのカモ.

オナガガモって大胆な性格ですね。
カモによってかなり性格ちがうみたい。
人なれした性格が災いになりませんように‥‥

Posted by: やままゆ | Nov 29, 2005 at 07:13 AM

ヨシガモ,高速道路の近くの池ですね(笑)。
あの池はチョウトンボが多くて,夏も楽しいですね。

 カモは,餌付けされやすい種類とそうでない種類がいるような気がします。餌付けされたコガモって,見たことありません。餌付けが進むと,餌付けされやすいカモばかり集まって,本来の生態系が崩れてゆくような不安も感じます。
 それに,鳥インフルエンザ。カモは鳥インフルエンザのデパートみたいな鳥で,いろんなタイプのインフルエンザウイルスを持ち歩きます。しかも,現在,高病原性鳥インフルエンザが確認されている地域からの渡り鳥も,日本には来ています。
 普通にバードウォッチングするだけなら,鳥インフルエンザの感染リスクは,お散歩と同じ。でも,餌付けして1箇所に大量に鳥を集めたり,人との距離が近くなったりしたら,やはりリスクが上がると考えるべきでしょう。
 そう言った意味からも,餌付けを慎んで欲しいなと思う昨今……。

Posted by: なかを | Nov 29, 2005 at 11:03 AM

なかをさん
コメントありがとうございました。
そうです,あの池です。
そこでもオナガガモが岸にあがって餌をねだってました。なんとも大胆な連中です。
公園には野良ニワトリもいっぱいいるしなあ。
なんか不安なメンバー‥‥

Posted by: やままゆ | Nov 30, 2005 at 09:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/7357579

Listed below are links to weblogs that reference ダンディ君:

« ヤツデ | Main | 古巣 »