« August 2005 | Main | October 2005 »

実りもそろそろ

朝晩が寒くなってきました。
木の実,草の実が育ってきていますね。
アケビ,カラスウリ,サルナシ,山葡萄,ノブドウ,サルトリイバラ,タンキリマメ,楽しみな実が色づいてきました。
でもあともう少しかな‥‥ 今年はドングリも沢山ついていました。なかなか豊作の秋の予感です。
早くもタデの仲間の葉が紅葉していました。緑の草原で赤いタデの葉は目だって美しいです。
(でもこれが写真にとると何故か綺麗じゃない)ということで,おいしそうで食べられないヨウジュヤマゴボウの写真をUP。
川岸で大きなヘビの抜け殻発見。(アオダイショウのよう)頭の皮にちゃんと目の皮もついていてました。
目の皮がむけるって,不思議だなあ。

kukizaki_004s
11月に我孫子であるバードフェスティバルに出展する絵を描き始めました。
またまたヤンバルクイナのいらすと。
もう,今年は私にとって沖縄YEARです。
田中一村風に縦長にしてみましたが,収まるのか不安です。
時間がかかりそうなので,時々過程をUPしてみますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アキアカネ

akiakane
台風一過で爽やかな日となりました。ひんやりした心地よい北風も吹きました。
洗濯物を干そうとして庭にでたら,ぱらぱらとトンボが同じ方向に飛んでいきます。
(かなりのトンボは尾つながりになってました)
夏を山などで過ごしたアキアカネが生まれ故郷にかえる群れのようです。
家のある場所はそのコースにあたっているようで,だいたい毎年9月の彼岸すぎに群れが通ります。
トンボたちが迷いなく南東に向かって飛んでいく姿をみると,昆虫にも意思があるような不思議な感じがします。
この群れは2時間ほどで消えました。
そのあいだ,サシバを2羽見ました。1羽は上昇気流にのってアッというまに視界から消えました。
今日はモズもよく鳴きました。それもヒバリやセキレイのまね鳴き。

タカの渡り,アキアカネの群れ,モズの声,今日はきっちりしっかり秋の訪れを感じた朝でした。

イラストは月刊誌「ソトコト」に掲載したものです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

皿の鳥試作01

せっかくの連休ですが,台風の影響で散々なお天気です。
ああ,タカの渡りをみたかったのに‥‥
鳥たちも移動ができなくて困ってるだろうなあ。

あまりHPでも触れていませんが,趣味で磁器への絵付けということをぼちぼちしております。
イラストをはじめたよりも絵付けの方が古く(ブランクありますが),西洋風や有田などにも手を染めました。
いまは西洋絵付けはほとんどしておりませんが,欲しい古伊万里の文様をコピーして楽しんでいます。
この技術を鳥のイラストとリンクできないかと 研究をはじめました。
その第1弾!
水彩で描いたアカヒゲを再現してみました。まだ未完成で,あと1回色をつけて焼きます。
これ,結構技法を駆使しております。(企業秘密 なんちゃって)
紙に描いたイラストのように,深い色合いのものを制作できたらいいなあ。
etukeakahige01_002


| | Comments (4) | TrackBack (0)

キクイモ

あちこちの野原や土手などで,黄色い花が目立ってます。
昔こんなに生えていたでしょうか?秋の顔になりつつあるようです。

キクイモというのは,地下にできるイモが食べられるから。菊に似たイモでキクイモだそうです。でも,北アメリカ原産。
最近は糖尿病にいいとか健康食品扱いで,人気上昇中。
食べたことがあります。一度は蒸し焼きーこれは水っぽくて美味しくなかった。
2度目は,生をスライスしてサラダにーしゃきしゃきの食感も良くなかなかGOODでした。
これはなんとスーパーで購入したものです。だんだん市民権得てきたかな。

○前にオオハンゴンソウがはえていると書いたのは,キクイモのまちがいでした。
日光あたりで沢山生えてる黄色い菊のような花が,オオハンゴンソウ。
はびこりすぎて困っているそうです。

kikuimos


| | Comments (3) | TrackBack (0)

タカ日和

やっといい気候になりました。
この3連休,ちょっと気温は高めだけれどさらっとしてよいお天気!
こんな気持ちの良い17日の朝,うちの前の空にタカが2羽舞ってました。
オオタカが2羽。青空に白い下面が映えてました。
いい予感をもちつつ,いつもの里山の探鳥会に参加。
やはり飛んでくれました,渡りのタカたち。
東南アジアに向かうサシバ,北から降りてきたのかノスリ。
人が気持ちのよい日は上昇気流も沢山立って,タカたちの旅もきもちのよいものになっているでしょう。
そう,わすれちゃいけない,小鳥も渡ってます。
谷津田にヒタキの仲間,ノビタキがいました。あんな小さな体で海を渡っていくんだな‥‥
みんな無事に越冬地につくといいな。そしてまた来年,無事に戻ってきてほしいな。

sasibafly
イラストはサシバのつもり‥‥
見えなかったらゴメンナサイ(大汗)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

クズの花

今日も残暑が厳しい一日でした。
9月というのにモズの高鳴きをまだ聞いていません。今年はおそいです,暑さでまいってしまったか‥‥
ノビタキなども渡りをはじめているそうです。
誰かにあえるかなと4時過ぎ涼しくなったから近所をあるきました。
稲刈りが急ピッチ。コンバインが動いているところは,ムクドリやカラスが機械を取り巻くように沢山群れていました。
ことしは,サギがいないなぁ‥‥‥

オオハンゴンソウとクズの花がきれいでした。
紫のシャンデリアをパチリ。(シャンデリアといっても下から生えてますが)
ほら,甘い香りがしてきませんか。
この色合い,大正時代の粋な着物を思い起してしまいます。
houyoudai_014s

| | Comments (4) | TrackBack (0)

オニヤンマの産卵

秋が近づいてきて,トンボたちが子孫を残す準備にはいってます。
小川でオニヤンマが産卵していました。(じつはこの写真1週間前ですけど)
ご存知とおもいますが,オニヤンマは小川などの土に卵をうみます。
飛びながら土にお尻を差し込んでのアクロバット産卵。
なんとこのヤンマ母さん,見ていたら624+α回,土にお尻を差し込んでたそうです。
(数えていた人から聞きました)どれくらい卵をうんだのでしょうね?

家の前の田んぼ,8日から稲刈りがはじまりました。
サギがよってこないかな~と思ってるのですが,きてくれません。
近所に沢山田んぼがあるのでそちらに行ってしまってるのかな。
稲刈りとサギたち,とても面白い行動がみられるので,探してみようかな。hatikansatukai0904_004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハチの観察会

hatikansatukai0904_001s
宍塚であったハチの観察会に参加しました。
沢山の初経験させていただきました。
まずは初めてみた”青いハチ”(よくいるセイボウじゃないのよ!)
ハチは黒と黄色のしましまという概念が消えました。
ピンボケですが,見て,青いしましまを!
ハチがご専門の博物館学芸員先生も2~3回見たことがあるだけとのこと。
珍しい種類だそうです。その名もルリモンハナバチ!
美しいけれど,寄生バチの一種だそうです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »