« 田んぼの旅人たち | Main | 400万本のネモフィラ »

森のサトイモたち

昨日のことですが,遊びに来ている母と近所の森を散策しました。
(私の母は植物好きで元生物部というおばさんです)
市が管理する森なので,突然花壇があったりするのですが,昔の林をそのまま綺麗に
管理したよい森も残ってます。
林床はスミレはそろそろ終わりで,ちょっと奇妙なサトイモ科の仲間がにょきにょきでていました。
見ようによっては不気味な植物たち,マムシグサ,ウラシマソウと名まえも奇天烈。
その近くに優雅ななまえのジュウニヒトエ(名まえほどきれいじゃない 笑)
薄暗い森の中は,御伽噺が作れそうな不思議な名まえの植物たちが沢山生えていました。
このサトイモ科の仲間たち,生態もけっこう変わっているそうで,栄養状態によって性転換させるらしいです。
なんともやっぱり不思議なサトイモたちです。

写真は怖い名まえのマムシグサmamusiguwa

|

« 田んぼの旅人たち | Main | 400万本のネモフィラ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

こちらの仕事場のほう(…って,要するに御近所ですね…)では,カラスビシャクが咲いていますよー。

Posted by: なかを | May 09, 2005 at 10:47 PM

なかをさん
あっ,咲いてましたか。
葉っぱだけはみたのですが。
カラスビシャクって,マムシグサなどに比べても小さくてかわいいですね。名まえも好きです。漢方薬になるそうですよ。

Posted by: やままゆ | May 10, 2005 at 10:53 PM

マムシグサ
いつも散歩するコース(千葉県,長柄町)にたくさん生えていて、なんとなく不気味な植物だなと思っていました。マムシグサっていうんですね。きのうは大きな青大将に出会いました。踏まなくてよかった!

Posted by: 江良光希子 | Jun 06, 2005 at 10:59 AM

江良さん,ご無沙汰しております。
お変わりありませんか。

マムシグサ,すごい名まえですよね。
私も初めて知ったときは驚きました。
でもなんとなく鎌首もたげて‥‥といったイメージがぴったりで,良くつけた名まえと感心しました。
アオダイショウでよかったですね。まむちゃんだったらちょっと怖い。

Posted by: やままゆ | Jun 06, 2005 at 07:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/4013616

Listed below are links to weblogs that reference 森のサトイモたち:

» スミレ [スミレ[植物辞典]]
スミレスミレは、スミレ科スミレ属の植物の総称であり、狭義には、''Viola mandshurica''という種の和名である。種名としてのスミレは、道ばたで春に花を咲かせる野草である。深い紫色の花を咲かせる。葉は根際から出て、少し長めの葉柄があって、少しやじり形っぽい先の丸い葉をつける。花は独特の形...... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 07:49 PM

« 田んぼの旅人たち | Main | 400万本のネモフィラ »