« 初物続き | Main | カタクリ »

桜食い,カワセミ

kawasemisu
みごとな春爛漫なお日和でした。ここのところの初夏の陽気に桜が突然のように満開になりました。
夫と2人でU沼に注ぐ川岸に桜の並木があり,そこを目指しての散策です。まだ満開のコブシの大木をみながら桜の並木を楽しむなんて,とっても贅沢なときをすごしました。土手でちょっと一握りほどのツクシをつみました。(晩酌のつまみになりました)
並木の下に,ほろほろと桜が花のまま落ちています。ご存知とおもいますが,これはスズメなどが,桜の蜜を食べたあとなんです。沢山落ちてる木とそうでない木があります。美味しい木とかあるのでしょうかね?
椅子をだして日向ぼっこしてたおばあさんに挨拶したら,何故か尋ねられました。「桜がちらないで花のまま落ちているんだけど,なんだっぺ?」 ふふふっ,良くぞ聞いてくださいました。それはね‥‥と夫と説明したのですが,スズメがうらまれたらいやだなとチラリとおもいました。きっとおばあさんの若い頃は,スズメが桜食いしていなかったのでしょうね。とても驚いて顔をされてました。
ためしに,2つ桜の花をとって,茎をかじってみましたら,ちょっと甘かったです。蜜といっても少量しか入ってないみたい。

帰り道,小さな水溜りにヒキガエルの孵ったばかりの小さなオタマジャクシをみました。
頑張って育ってほしものです。
そして,家の近所でカワセミが鳴き交わす声が‥‥
むむっとヒラメイテそちらをみたら,ある崖地の斜面に,小さな穴にコバルトブルーがへばりついてました!崖に巣穴をほっている真っ最中!!体が少し穴の中に入っていたので5~10センチくらいは掘れていたみたいです。
穴にとまって嘴で土をほり,出た土は足で外に蹴飛ばしてました。飛び立つときはそのまま後姿で飛び出して,空中で方向展開してました。そんな動作をなんども繰り返していました。どうも♂♀2羽共同で掘っているようです。
それも鳴き交わしながら,励ましながらの作業にみえました。
あの様子では,10センチは掘れていないようです。カワセミの巣は数十センチ~1メートル掘るといわれてますから,しばらくこの作業が続くのでしょう。しばらくしたら様子を見にいってみます。
(ここは,人も車も通るところなので写真撮影などをすると目だってしまうのでやめておきます。心無い人に見つかると危ないということと,私がいつも観察しているとカラスが必ず見ていて,巣立ち雛を狙う可能性もあるからです。
みなさんも鳥の巣をみつけても,しょちゅう見たり,しないでくださいね。カラスはいつも人の行動をみてますよ。)

家の近くの桜で,また花食い。
スズメがプツンプツンとちぎってました。ほんと,齧って捨ててるかんじ。これでちゃんと蜜味わえてるのかな?
近くでヒヨドリも花くい。こちらは芯をなんどもカミカミ食べてました。鳥によっても食べ方違いますね。
ああ,ほんと春っておもしろい!!

明日はすごい所に行くので,楽しみです!

イラスト4/12up

|

« 初物続き | Main | カタクリ »

「イラスト」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80643/3630213

Listed below are links to weblogs that reference 桜食い,カワセミ:

« 初物続き | Main | カタクリ »