リトルターンアートプロジェクトひとまず終了


昨日のJBFでのLTAP展のお開きで、2年間活動したLTAP展が終了いたしました。
多くの方々にご来場いただきました。
2年間で、4回の取材会をして、
展示会4回、延べ作品数49点の展示をしました。
展示を通して、コアジサシたちの厳しい現況が、アピールできたことと思います。
ご参加のみなさま、ご協力ありがとうございました。

ひとまずこれで終了いたしましたが、NPOリトルターンプロジェクトさんとの
ご縁は、これからも続けていきたいと思います。
また企画がたちあがるかもしれません。
その時は、また御覧いただけたら幸いです。

スタッフのみなさんもお疲れさまでした。
大変貴重な体験をさせていただき、感謝しております。

| | Comments (0)

JBF2018 リトルターンアートプロジェクト展

谷津干潟自然観察センターでの展示、無事に終了いたしました。
沢山のご来場ありがとうございました。
29日に撤収にいってきました。
センターのすぐちかくで、素敵なセイタカシギカップルみることができました。


今週末土日、我孫子市アビスタで開催される
バードフェスティバル2018で、最後のリトルターンアートプロジェクト展開催です。
23点のコアジサシの作品が並びます。
今日できたてのほやほや、新作をだします。
2日間、ぼぼ会場にいると思います。(いなかったらごめんなさい)
見に来てくださいね。

JBF2018HPはこちら
昨年度は、LTAPがオオバン賞をいただきました。

| | Comments (2)

ジョウビタキ初認

1時間くらい U自然観察の森を歩きました。
おひさ~っ。
オレンジ色の彼がいましたよ。
ジョウビタキ初認です。
寒くなりますね。


22日は、Oぐろくの森で、ツツドリの尾羽、三列風切りを拾いました。
渡り途中で、タカにやられた模様。
自然は厳しい…

以上、覚書でした。

| | Comments (0)

やすらかに

Mksk181022


2018年10月21日23:00
のん太 天へと旅立ちました。
16年間、きみとの生活は楽しかったよ。
ありがとうね!
冥福を祈っています。


ここ数日は。ネットで心筋症ネコの最後を検索しまくって、
いろいろ調べ、状況が少しわかって役に立ちました。
家の例もほかの方の参考になるかもしれません。
そのうち、心筋症ネコの状態経過を簡単にまとめようかと思います。
どなたかのお役にたてればいいな…

| | Comments (0)

猫―旅立ち近し

猫がいます。16歳で心筋症です。
余命宣告あと半年から1年といわれましたが、2年4か月生き延びています。
もうさすがに限界がきたようです。
16日(水)後ろ足がよたよたしているので、血栓が詰まったかもしれないと病院へ、
小さな血栓だったようで、大丈夫ということで薬をもらって帰宅。
一時的に元気になったのですが、18日(木)とうとう肺水腫の発作がでました。
それから息がつらそうに寝て過ごしています。
ときどきフラフラと居場所を変えますが、息がつらくてさまようかんじ。
炬燵の下に居場所を作ってあげて、今は寝ています。
こんな状態でも、名前を呼ぶとしっぽの先だけ2~3回振ってくれます。
律儀な子です。

医者からはなにもできないといわれて、
あと何日一緒にいられるかな。
苦しむことなく旅立ってくれることを念じています。


個展のご案内などいただいておりますが、失礼させていただきます。
JBF用にと始めた新作も描けそうもありません。
仕事は、しなくちゃね…

Mksk181019


| | Comments (2)

展示会のことなど

御礼おそくなりましたが、
10月3日に市ヶ谷山脇ギャラリー「日本ワイルドライフアート協会展」
盛況のうち終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
新しく始めた日本画ですが、いろいろな可能性をみなさんに感じていただけたようで、
今後の励みとなりました。
ありがとうございました。

それから、
ただいま千葉県谷津干潟で展示会開催中です。

●谷津干潟自然観察センター特別展示コーナーに於いて

「リトルターンアートプロジェクト作品展」

9月2日(日)~10月28日(日)までの2か月間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

月曜日休館(月曜日が祝休日の場合は次の平日)

昨年展示した作品と今年の新作、平面と立体のコアジサシ作品を一堂に展示します。

あと2週間です。お見逃しなく!

それから、

●ジャパンバードフェスティバル2018in我孫子

アビスタ会場1Fストリート壁面に於いて

「リトルターンアートプロジェクト作品展」

11月3日(土)、4日(日)の2日間

3日(土)9:30~16:00、4日(日)9:30~15:00

今年の新作約20点を展示します。
この2日間、私はほぼほぼ会場におりますのでどうぞお越しくださいませ。

| | Comments (0)

リアルあきのおさんぽいいもいくつ

良いお天気なので、筑波山に行ってきました。
筑波山神社にお参りをして、ケーブルカーで山頂へいきました。
山道の一角で、メジロやカラたちの声とソウシチョウのにぎやかな声がしていました。
いってみたら、アケビが沢山ぶら下がっていて、小鳥たちがきていたのでした。
おお、リアル「あきのおさんぽいいものいくつ?」だわぁ!
小鳥たちはじっとしてはくれないのですが、アケビをつつくかわいい姿みせてくれました。

うまく撮れなかったけど、証拠写真
Dscn5691_4867s

こちらソウシチョウ。
上のアケビねらってます。
Dscn5694_4873s

鷹の渡りが見れるかなと思ってたのですが、1羽もみれませんでした。
もういってしまったのかな。残念でした。

| | Comments (0)

キンモクセイの香り

めっきりすずしくなりました。
キンモクセイの香る季節にアキアカネが帰ってくる…といいますが、
今日、小さな群れがいくつか飛んでいるのをみました。
10年前にくらべると本当に数がすくないけれど、ちゃんと生きていてくれること嬉しく思い、眺めました。

昨日、市ヶ谷山脇ギャラリーで、日本ワイルドライフアート協会展の搬入&初日でした。
沢山の作品が並び、見ごたえのある展示会になっております。
ぜひご覧くださいませ。

-野生生物・絵と立体の世界-
JAWLAS ワイルドライフアート協会展
会期
2018年9月27日(木)~10月3日(水) 9月30日(日)休館
11:00~18:00 (27日は14:00から/3日は14:00まで)
会場
山脇ギャラリー
東京都千代田区九段南4-8-21

◎JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線
  市ヶ谷駅から徒歩1分

私は、初日9月27日、最終10月3日会場におります。
あと、10月1日(月)16時半ごろからいる予定です。

| | Comments (0)

JAWLAS ワイルドライフアート協会展

展示会のお知らせです。

-野生生物・絵と立体の世界-
JAWLAS ワイルドライフアート協会展
会期
2018年9月27日(木)~10月3日(水) 9月30日(日)休館
11:00~18:00 (27日は14:00から/3日は14:00まで)
会場
山脇ギャラリー
東京都千代田区九段南4-8-21

◎JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線
  市ヶ谷駅から徒歩1分

私は、初日9月27日、最終10月3日会場におります。
あと、10月1日(月)16時半ごろからいる予定です。

今回は、いま発売中の「あきのおさんぽいいものいくつ?」原画2点とヤンバルクイナを
出展する予定です。
どうぞお立ち寄りくださいませ。


先日福音館書店にいきましたら、正面に「あきのおさんぽー」が飾ってありました。
おかげさまで大変好評で、読み聞かせでも活用されているようです。
意外と高齢者の方にも好評で、楽しんでいただけているようです。
みなさんがじっくり絵をみて探してくれていると思うと、絵描き冥利につきます。(うるうる)

180907


| | Comments (2)

日本画でヤンバルクイナ

ここのところ日本各地で自然災害が続いています。
台風、北海道の地震と被害に見舞われた方々にお見舞い申し上げます。
どうして今年はこんなに災害がおおいのでしょうか。
土砂に流された家屋、
黄金色の田んぼに地滑りした土砂と樹木覆う映像
をみると本当になんと理不尽なことだとおもいます。
どこにいても台風も地震もくる日本です。
日々普通にいきていける幸せを重く考えたいと思います。


日本画3作目は、ヤンバルクイナです。
昔、水彩で描いたものをアレンジして、日本画の画材で描いてみました。
一度、水干絵の具という物で描いて、その上に岩絵の具をのせています。
全然日本画ぽくないのですが、岩絵の具はやはり色がきれいだな。
昔描いたものよりも重さがあります。
周りのキラキラは、金箔を貼りました。
箔をつかってみたかったんだ♪
にせもの金絵の具と輝きがちがうわ。


P9060577_4804s


9月27日からの山脇ギャラリーでワイルドライフアート展があるので、
「あきのおさんぽいいものいくつ?」原画とともに出展しようかと思います。
絵が描けて、展示会のできることのありがたさ。

被災された方々の日常が、早く戻れるよう祈っています。

合掌

| | Comments (0)

茨城でコウノトリがハス田の防鳥ネットにからまり後死亡


8月27日茨城県小美玉市で、天然記念物コウノトリがレンコン田の防鳥ネットにひっかり
保護され、30日に収容先で死にました。
このコウノトリは、千葉県野田市の施設で生まれ、6月に放鳥された個体だそうです。
茨城のレンコン田の防鳥ネットで死ぬ野鳥が多く、問題になっていましたが、
とうとう大きな犠牲がでました。
全国のレンコン生産地でも防鳥ネットを使用していますが、茨城以外は収穫期以外は、網をはずしています。
しかし、茨城では1年中張っていて、今回の事故につながりました。
今回の報道を各社比べてみると防鳥ネットの被害を知らせたくない意図を感じる報道がありました。

普通に報道しているのが、茨〇新聞 東〇新聞
朝〇新聞は、防鳥網にからまった状態でみつかりとう表現。ほとんど野田の放鳥の話。
NHK 千葉NNEWS WEBにいたっては、レンコン田、防鳥ネットという単語さえも使わずに報道。(ネットのニュース) 以下の文章
>茨城県小美玉市の田んぼでけがをしているのが見つかり、
>茨城県内の施設で保護され
>ていましたが、30日朝、死んでいるのが確認されたということです

田んぼじゃなでしょう、ハス田だろうが。
マスコミが大きくなるほど、隠そうとする意図が見えます。
小さかったら大丈夫かというと、そうでもなくてケーブルテレビのネット「つくば〇もん」をみたら

>小美玉市内のレンコン田で8月27日午後、
>飛来したコウノトリが保護されていたことが29日、分かった。
これ、ケガことなし、追加で死んだことも報道なしです。(8月31日お昼頃現在)

防鳥ネットにかかって、多くの鳥が死ぬことを 読者に知ってもらいたくないんだな。

私は、このブログでは、悲しいこと頭にくることは描かないつもりで2005年からやってきましたが、この件はだまっていられなくて書きます。
コウノトリの犠牲から、多くの人にこの問題を知ってほしいと思います。
こちらのサイト見てください。野鳥の会茨城県HPです。

| | Comments (2)

新しい絵本のお知らせ 「あきのおさんぽ いいものいくつ?」

ちいさなかがくのとも10月号
「あきのおさんぽ いいものいくつ?」出来上がりました!

今回は、カウンティングブックという、ちょっと珍しい絵本になっています。
ページをめくりながら里山の景色がかわって、いろいろな生き物や植物に出会っていきます。
そのいいものたちを数えていくお話です。
この本の制作にあたっては、近所やフィールドにしている里山を取材してまわりました。
2017年の10月は、雨が多くて苦労しましたが、いいもの見つけをする楽しみを
満喫しながらの取材とスケッチでした。

編集のIさんからは、「探す楽しみ、数える楽しみ、絵を見る喜び…ぎゅっとつまった絵本」というお言葉をいただきました。
全国で、小さな指たちが絵を押さえて数えてくれる姿を想像すると、ワクワクします。
この本で興味をもってくれて、外で本物にであってくれたらいいなあと思っています。

発売は、9月とおもいます。
児童書の充実した大きな書店さんでは、扱っていますので、チェックしてくださいね。

福音館HPはこちら
Akisanpoh1s


| | Comments (0)

リトルターンアートプロジェクト2018

ここでの報告が怠っておりましたが、
今年も6月9日17日の2日間、森ヶ崎水再生センター屋上にて、コアジサシたちの営巣取材をさせていただきました。それをもとに制作した作品展が2回開催されます。
以下、LTPさんのブログより拝借。

●谷津干潟自然観察センター特別展示コーナーに於いて

「リトルターンアートプロジェクト作品展」

9月2日(日)~10月28日(日)までの2か月間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

月曜日休館(月曜日が祝休日の場合は次の平日)

昨年展示した作品と今年の新作、平面と立体のコアジサシ作品を一堂に展示します。

●ジャパンバードフェスティバル2018in我孫子

アビスタ会場1Fストリート壁面に於いて

「リトルターンアートプロジェクト作品展」

11月3日(土)、4日(日)の2日間

3日(土)9:30~16:00、4日(日)9:30~15:00

今年の新作を中心に展示します。

リトルターンアートプロジェクト参加作家(五十音順,敬称略)

石山博司,伊藤 真,大田黒摩利,大室 清,筧 守,川崎以和,木部一樹,栗田健史,神戸宇孝,

さいとうあさこ,座間麻美,重原美智子,たぶき正博,田村 豊,つぐみ,東郷なりさ,内藤貞夫,

長島 充,伴 義之,福原勝一,藤田信雄,富士鷹なすび,松岡 潤,三浦裕子,宮武正則,

(特別出品:岩本久則)

今年の営巣は、コアジサシの数も巣も少なくて、やっと孵化したヒナは、カラスやチョウゲンボウにとられてしまうというかなりシビアな状態でした。
目の前でカラスが頻繁に卵をもっていき、ハヤブサが親たちを狙うシーンをみることとなりました。
作家さんたち、どんのような作品を制作してくれるでしょうか。
かくいう私は、一応制作できたのですが、気に入らなくて書き直ししようかと思っているうちに
時間がたってしまっています。う~ん、山脇展の作品もかかないと、仕事のラフも描かないと…
どうちよう…

取材等の詳しくは、リトルターンプロジェクトさんのブログをご覧ください。

| | Comments (0)

あついね

台風がいってしまったら、また暑くなってきました。
明日から8月。
もうどうにかして…

Ms180731


| | Comments (0)

カヤネズミの巣

昨日早朝、家のまわりをいつものコースをウォーキングしました。
連日酷暑なので、久々でした。
稲に花が咲き始めていました。
お米の香りが漂っています。

あっ!稲の中にまるいかたまり!
ここでは久々にみました。
カヤネズミの巣。
今まで気が付かなかった。
サイズが大きめなので、繁殖用の巣かもしれません。
親子がいるかもなあ。(*^^*)
会えることはないでしょうけれど、
これからのウォーキングが楽しみになりました。

Img_20180724_062820s


Img_20180724_062830s

| | Comments (0)

日本画2作目

毎日あついですね。
なぜか6月末から、田んぼで昼夜問わずヒクイナがないています。
どしたのかな?

日本画2作目、うちのネコ描きました。
たて34㎝の小さな絵です。
まじめに猫を作品にしたのは、意外なことに初めてです。
教室で描いたものではなくて、
2009年発行のNHK趣味悠々「動物を描く」竹内紘一先生の日本画入門をお手本に制作しました。
大変勉強になりました。
ネコは、16歳になりました。
心臓肥大であと半年から1年と余命宣告されて2年になります。
いついなくなってもおかしくないネコですが、頑張ってくれています。
今のうちに描いておかないと…

S_2

ちなみに1作目のフキノトウは、まだ完成しておりません。(汗)
ああ、早く大きな作品描いてみたいな。
技術&経験なさすぎで無理、残念。

| | Comments (4)

日本画ことはじめ

4月から月2回日本画を習い始めました。
庭でスケッチした蕗の薹とジョウビタキメスを描いています。
白い余白は、雪のつもり。
絵の具の特性がつかめず、色の違いがうまく表現できないのがもどかしい。
日本画は、いろいろな技法があるので、じっくり学べたらいいな。
箔をつかって描いてみたいな。
いろいろと夢は、膨らみます。

まだ途中のものですが、おひろめ。
けっこう渋い絵になってきています。

Photo_2

NEWSつくばというサイトで、わたしを紹介していただきました。
取材してくださったのは、写真家のオダギ秀さんです。
この方のペンにかかると、ほんわりすてきな人物になります。
オダギさん、すてきなオブラートに包んでくださって、ありがとうございました。(^-^;
こちらです。

| | Comments (0)

オダギ秀写真展「遥かなる野仏」

14年間に取材していただいたご縁の写真家さんが
個展をされたので見てきました。

道端の石仏を撮った写真です。
おききしたら、この近所やら結構普通の場所の仏さん。
みんなやさしいいいお顔で、こんなに素敵だったかしらと再認識です。
オダギさんの手にかかった仏さんたちは、昔話をかたってくれそうな
そんな雰囲気があります。
ギャラリーは古い蔵を改造した趣のある喫茶店になっていて、
鑑賞しながらおいしいコーヒーがいただけます。
小窓のある2階もおちついたいい感じ。
お勧めの展示会とギャラリーです。
残念ながら明日までです。
気になる方、ぜひ行ってみてください。

Img_027

オダギ秀写真展「遥かなる野仏」

2018年5月19日 @ 10:00 AM – 2018年6月3日 @ 4:30 PM
ギャラリーカフェ梟
日本、〒300-4223 茨城県つくば市小田3066
ギャラリーカフェ梟の連絡先は029-867-3287

ネットの記事がありました。こちらへ。

| | Comments (0)

ムクドリたち

先ほどの話(11時過ぎ)のことです。
ムクドリたちの尋常でない大騒ぎが聞こえました。
外を見るとどこにいたのか結構な数のムクドリたちが、
悲鳴めいたギャーギャーと声を上げ、飛び回っていたとおもったら、
電線にならびました。
何事かとおもって双眼鏡を持ち出して周りをみましたら、
たんぼの畦にカラスが1羽、何か食べている姿。
それをもちあげたら、ムクドリでした。
足がピンクの若鳥のよう。
仲間がおそわれたので、大勢で騒いでいたのでした。
カラスは、なんのこともなく獲物をくわえて飛び去りました。
ムクたちの騒ぎは、収まりました。

ほんの一時の騒ぎでしたが、 ムクたちの連帯感を感じました。
カラスはひでーやつと思っちゃいますが、ヒナのために捕ったかもしれないしね。
自然のおきては厳しいです。

6月になるところですが、ムクドリも少しずつ群れになり始めています。

| | Comments (2)

中サギの羽づくろいから

先ほど、家の前の田んぼにチュウサギがきていました。
そのときに撮った写真です。
ちょっと遠かったので、クリアーな画像ではありませんが、
サギが尾脂腺をつついて脂をとっているところが撮れました。

尾脂腺に関しては、こちらの過去記事をご覧ください。


Dscn4688_3910s
脂をとる。
Dscn4690_3921s
頭、あご、頬を尾脂腺にこすりつけていました。

サギは尾脂腺が発達していないとのことでしたが、
ちゃんと使ってるところが見れてうれしかったです。

茨城は、チュウサギばかり…なんでだろう?

| | Comments (0)

«コアジサシのヒナを描きました