ダチョウ2連発

秋の展示会用作品、ダチョウのヒナ絵同時に2点描いていましたが、

1つの方がほぼ出来上がりました。(どちらも日本画)

同じパネルに貼ってあるところが、なんとも雑ですが…

ほかに20号の日本画も制作中で、こっちは骨描きでとまってます。

ガンガン描きたいところですが、仕事がはいったのでそちら優先に。

仕事絵は、卵45個を描きます。1月に山階さんで取材させていただいたものを

もとに描いていきます。

仕事があるだけいいのだけれど、ここで止めるのちょっと辛いな。
P7131148_7747

P7131149_7748

 

昨日の夜は、8時前から1時間くらいずーっとフクロウがないていました。

お風呂からも聞こえて、幸せな気持ちになりました♪

 

 

| | Comments (0)

ランドセルラック

絵の具類を置いていたワゴンが使い勝手が悪いので、買い替えを検討していまし
た。
ネットでみつけた、小学生用ランドセルラック。お値段もお手頃。
横入れの棚が沢山あってよさげなので、購入しました。
組み立ては所要時間1時間半くらいと苦戦しましたが、サイズ的にはなかなかよい
です。増えてしまった小皿がすっきり。アクリル絵の具も種類別に分別できて、よかった。
椅子の後ろや机の横においたりと 使いやすい場所に移動できるのがとても良い。
これで効率がアップ!(かな)
ただ増まくっている日本画の絵の具は、収納できず。

収納できたとしても、重量ありすぎて動かしきれないかも。新しいことをすると、道具がどんどんふえるのが悩みです。

P7041145_7741

 

 

| | Comments (6)

日本画ダチョウ

ダチョウのヒナを描いています。途中をupです。

今年仕事で取材させてもらった、ダチョウの生まれて2~3ヶ月くらいのヒナたち。

赤ちゃんという感じではないけれど、ヒナ特有の色と羽毛があって

可愛さとたくましさを備えた魅力的がありました。

 

今回、初めて「もみ紙」という技法を教えていただきました。

骨描きをした和紙をもんで折り目をつけて、それを伸ばして彩色をするという日本画の画法です。

折り目に色が溜まって、変化ある背景になります。

どんなに仕上がるが楽しみ。

ダチョウは、あともう一枚並行して描いていますが、こちらは違う画法を使みる予定です。

日本画の技法はいろいろあるので、失敗覚悟で試していきたいな。

P7031142_7736s

| | Comments (0)

楕円形キャンバスに猫

仕事が一息ついたので、秋の展示会用作品を描き始めています。

それが、ちっともすすまない…

片付けしていたら、20年前に買った凸型の楕円キャンバスがでてきました。

そこに猫がむしょうに描きたくなって、はじめてしまいました。

アクリルで、赤い絨毯オバールバージョンできました。

うえにあるのは日本画岩絵の具で描いたものです。

P7021135_7725s

この凸キャンバス、なかなか面白いのでネット検索したけれど、もう売ってないのか日本では載ってません。

アメリカでは手に入るみたい。ほしいなあ。まずは、20年前に買ったお店に行ってみよう。

 

 

| | Comments (4)

ヌマガエルが鳴いています

最近、家の前の田んぼでヌマガエルの声がすることに気が付きました。

里山で鳥の調査をしているときに、初めて特徴のある声を聞いて、調べたらヌマガエルでした。

それと同じ声が、外から聞こえます。

いままで茨城県にはいないカエルでした。

国立環境研のサイトで侵入外来生物 によると、10年くらい前から関東に入ってきたようです。

カエルが北上、じわじわと移動してきたのかな。

地元カエル、トウキョウダルマだいじょうぶか…

 

夕方、ホトトギスのメスが良く鳴いている。

オスもさえずっていて、メスが頻繁にピピピピピピと鳴く。

托卵の相談でもしているのかな?

 

 

 

| | Comments (0)

ホトトギス初認

やっときました、ホトトギス。

昨日、6月3日が初認です。

今朝も鳴いています。

今年は遅かったけれど、ちゃんと来てくれました。ほっ。

ここ何年もカッコウは、残念ながら聞いていません。

| | Comments (4)

奥日光いってきました

19日、竜ケ崎バードウォッチングクラブ(RBWC)さんのバス旅に参加させていただき、奥日光にいってきました。

赤沼、三本杉、光徳牧場にいったのですが、どこも小鳥が多くて(特にキビタキ)晴天に恵まれて大変よい時間をすごすことができました。

小鳥たちは、繁殖期なので巣穴に出入りするもの、交尾するカップル、オス同士縄張り争いをするものといろいろな生活シーンがみることができました。

最後に光徳の駐車場で、なんとキツネがでてきました。

車の周りをうろうろ。人なれしているので首輪してる?なんて冗談いってたのですが、だれかが餌付けしてしまったのかな。

よくないことだとおもうのですが、野生のホンドキツネはめったにみれない生き物なので、サプライズでした。

帰りのバスの中で楽しく取り合わせ、39種でました。

みなさん和気あいあいで、楽しい探鳥会でした。

幹事さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

Dscn8903_7548s

Dscn8971_7580s

Dscn9052_7635s

 

 

 

 

| | Comments (0)

三宅島いってきました

ベテランバードウオッチャ-さんにくっついて、三宅島へ行ってきました。

金曜日夜出航の船に乗り、土曜日の午後の便で東京へ戻るという、強行軍でした。

三宅島も海航路のBWも初体験。見るものすべてが新鮮です。

火山噴火でダメージを受けた島は、自然回復中と残っている自然との差がはっきりとしていて、環境的にはバラエティーがあるように感じました。

高台から望む海の光景がおもしろく、潮目あたりに魚群のさざ波がみえそれを狙うミズナギドリやイルカの背びれがみえかくれ、

海中での戦いが感じられました。海岸ちかくに丸い頭がぽこぽこ浮かんできて、なんとそれは亀だったのでした。

陸地では、ものすごい密度でウチヤマセンニュウたちが鳴き、羽をばたつかせてディスプレイするものもいました。

三宅島のシンボルアカコッコは、アカコッコ館で極近でみれます。1~2メートルまで近づいてきた。

Dscn8389_7100s

コッコ館の池で、イイジマムシクイ、タネコマドリ、シチトウメジロの水浴びを堪能しました。

残念ながらオーストンヤマガラは声だけでした。

帰りの航路で海鳥たちをみるのも目的の一つでしたが、大変数がすくなく残念な状態でした。

今回のサプライズ、カツオ漁が見れたこと。

Dscn8484_7179s

船から放水しながらの一本釣り。餌のイワシをまくのでミズナギドリが群れます。

水しぶきの中大きなカツオがぼんぼん釣れていきます。

私の頭の中に、北島三ちゃんの「祭り」が流れました。

いや~あ、勇壮だわあ。

写真に撮った漁船の皆さんのレインコート、グラデーションに並んでいてきれい!

見られることを意識されているのでしょうか。

漁船はいっぱいいましたが、このチームはベストドレッサー賞あげたいな。

 

心残りは、贅沢言いますがアホウドリに会いたかったな…

八丈島までいかないと無理かな。大海原を滑空する姿、みてみたい!

この場でなんですが、

きたきつねさん、Iさん、お世話になりました。ありがとうございました。

おかげさまでいい体験できました。

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

日本画猫完成

 

S

先生から絨毯にコチニールをいれるとよいとご指摘を受けていたので、絵の具を取り寄せて薄く塗りました。

おかげで全体が深みが出たような気がします。

あと毛描きを足して、目をいれて完成。

日本画ぽくないけれど、毛のふわふわ感でたかなと思います。

のん太君への供養になりました。猫もっと描こう。

 

 

 

| | Comments (2)

田んぼの小競り合い

 

 家の前の田んぼでの、さっきの話。

水の張った田んぼ(苗はまだ植えてない)に2羽のカルガモがいました。たぶんカップル。

そこへ1羽カルガモが飛んできて、1羽を追いかけ始め、地面で3羽が団子になって騒いでいました。

そこでカメラ取りに部屋に入って、P900持ち出しました。

それからの話。

あぶれオスが、メスに乗っかってます。

それをカップルオスが阻止しようとしている。メスは2羽のっかられて大変そう。

Dscn7842_6573s

Dscn7860_6595s

しばらく3羽でばたばたガーガーしていましたが、

最後は、たぶんあぶれオスがオスに追い出されました。

メスがホッとした感じです。(このメス若い?)

でもメスも懲りたようで飛んで行ってしまいました。

Dscn7885_6610s

この時期、よくカルガモ3羽で飛んでいるのをみかけますが、

こんな騒ぎをおこしているのかもしれません。

いや~田んぼって、面白いわ。(*^^*)

| | Comments (0)

キジのカップル

家の真ん前の田んぼ2枚は、毎年田植えが遅く、まわりが水田になっても草地になっています。

そんなことでキジがとても見やすい時期です。

今日もキジのカップルがおりました。

庭から撮影。

オスは、メスをエスコートし、見守ります。

Dscn7785_6527s

ときには、ここに美味しいものあると教えてあげ、食べ物を譲ります。

ある種の求愛給餌ですよね。オスに教えられて食べるメス。

Dscn7711_6562s

尾羽をひろげて華麗にプロポーズ

Dscn7822_6555s

強く、やさしく、美しく、3拍子そろったキジオさんです。

ほれてまうわ。(*^^*)

 

 

 

 

| | Comments (0)

モズっ子たち

モズの親子が庭にいて、連日大騒ぎでした。

昨日の餌渡しのショットです。

Dscn7697_6228s

今日は、静かだなあ。

遠くにいってしまったのかな。

4日に牛久沼周辺でもモズの巣立ちびながいました。

まだ親に餌をもらっている子もいましたが、

自分で捕っている子もいました。

Dscn7670_6457s

こうやって自立していくんですね。

庭にいたヒナも無事に自立できているといいな。

 

 

 

| | Comments (0)

田植えはじまりました

5月4日で、令和初となってしまいました。

家からみえる田んぼが、田植えはじまりました。

連日くるモズの親子ですが、パパモズが縄張り主張しはじめました。

子別れも近いかもしれません。

昨夜は、遠くでフクロウが良く鳴いていました。

こちらも子育て中かなあ。

いつもの春と変わらぬ風景が嬉しいです。

「令和」になっても、すべてのいきものの日常が、無事にすごせますように。

Dscn7394_6196

リホームですが、一部終わっていません。

連休はいってしまったので、

元号2つまたいでのリホームになってしまいました。

落ち着かないなあ…

 

| | Comments (0)

戻ってきました

 

家のリホームがほぼ完成して、28日に家に戻ってきました。

(工事若干残ってますが)

家の前の田んぼが、田植えの準備をはじめています。

しょっちゅうモズのヒナの声がします。

庭に3羽の巣立ちびながきていました。

おやが頻繁に餌運びをしています。

今年の無事に一番子そだっているようです。

昨年は巣立ち直前に何かに襲われて失敗していたので、よかったです。

3ヶ月近く、町に住んでいましたが、やっぱりモズの子育てする自然豊かなこの場所がいいな。

親子をみて、しみじみ思いました。

あしたから「令和」ですね。

平和な世の中であること、願っています。

 

雨の中の仲良しモズ兄弟(窓ガラス越しに撮っているので、ぼやけています)

Dscn7213_6111s 

 

 

 

 

| | Comments (0)

猫はじめました2

 

日本画の猫、あとすこしで完成。

後は、絨毯の赤をコチニールという高価な色をかけて調整し、

猫の毛描きをなおす予定です。

Dscn7138_6032s 

 

4月末にやっとリホームが完成して、仮住まいから引っ越して田んぼの近くの家にもどります。

きのう家にいきましたら、ことしも近所でモズが子育てしていて、ギチギチとさわいでいました。

頭の中が、リホームのことでいっぱいになっていて、仕事がすすまないよう。

はやく落ち着きたいなあ。

 

 

 

| | Comments (0)

国立博物館 東寺展

上野国立博物館で「東寺」展が、開催されています。

2011年の「空海と密教美術」展で、美男仏像No1と名高い帝釈天さまをはじめて拝見して心奪われ、

8年ぶりの再会を先日してまいりました。

なんと今回は、帝釈天様だけ、写真撮影OKという大盤振る舞い。博物館さん東寺さん、ありがとう!

展示最後の大きな部屋に360度の立体曼荼羅の世界が広がってました。

私もデジカメ、携帯をにぎりしめて撮らせていただきました。

P4191099_6012s

沢山撮影者のあいだをぬって撮りました。

そこのおばさま邪魔、係の方手ださないで、とかいろいろ障害物にみえる方々にこころで悪態つきながらの撮影。

沢山とれてその時は満足だっただけれど。

会場を出て、はたとおもいました。

8年前にじっくり満足するまでながめていたあの時間と空間と あまりに違う今回に愕然。

携帯かざす人たちが囲む仏を じっくり見たいという気持ちになりませんでしたし、

写真をとることで満足してしまっていました。

ほんとうに堪能できたのは、撮影不可の時だったと思いました。

写真をとることで、本質的なものをわすれてきたなと実感。

いい勉強になりました。

帝釈天さまは、きっと人々の撮影すがたにあきれていらっしゃることでしょう。

でもやっぱりすてきな御姿でした。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

筑波山一周山桜ツアー

 

16日のことです。

友達が桜川市の山桜がすばらしいので見に行こうと誘ってくれました。

栃木県に接している桜川市は、55万本の山桜があるといわれる
があるといわれる桜の名所なのでした。

当日、快晴ですばらしいお花見日和でした。

予備知識もなく、おまかせで連れて行っていただきましたが、

桜川市へ行くかと思ったら、筑波山南からスタート、

雪入りふれあいの里公園→三石森林公園→百体摩崖仏→桜川市に入って磯部稲荷神社→高峯の平沢林道→真壁城跡地

とまわりました。結局、筑波山のまわり一周してしまいました。

どこもかしこも、新芽の緑と山桜の赤とピンクにそまり、美しかったです。

そしてどこにいってもサシバにあうことができました。みちみち10羽以上みたとおもいます。

美しい谷津田で暮らして幸せなサシバだなあ。

茨城がこんなに山桜がきれいな県だということ、知りませんでした。

彼女曰く、アカマツが松枯れでほぼ全滅してしまったので、雑木林が育って山桜もよく見えるようになったのではとのことでした。

この美しい光景は、今の時代だからこそかもしれません。

Dscn7028_5899s

雪入りの山

Dscn7090_5957s

山笑う

Dscn7093_5960s

平沢林道から

思いがけずに素晴らしい1日となりました。

Wさん、ありがとうございました。

来年は、高峯登ろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

日本画 猫はじめました

ブログのシステムが変更になってしまって、どうも投稿がしづらくなりまして、さぼってました。

日本画ですが、ツグミはひとまず置いておいて、猫はじめました。

敷物にいる猫が前から描きたくて、キリムやじゅうたんにいるのん太の写真をいっぱい撮っておきました。

その中から1枚描き始めました。まだまだ途中ですが、赤いトルクメンのチュバルとのん太(部分)

本猫がこの世にいないのが、寂しい…

 

Dscn7011_5790s

 

| | Comments (0)

ダチョウ

仕事でダチョウの足を描いているのですが、どうもわからず苦戦。
編集者さんからダチョウを見にいきましょうとお誘いをうけ、
昨日茨城のダチョウ王国へ取材に行きました。
春の陽気のうららかな日、広い広場を駆け回るダチョウたち、
なんか不思議光景でした。
足だけ見てると、まさに恐竜です。
Dscn6850_5732s
やっぱり変な鳥だなあ。
Dscn6831_5718s
そう、なき声をききました!
ブオーブオーと野太い声。
オスが喉を膨らませて繁殖にだす声のようです。
現場がみられなかったのが残念。
ダイナミックに砂浴びする姿もみれました。
面白い生き物だなあ。ほんと、魅力的。

| | Comments (0)

ツグミ彩色2

すすんできましたら、リアルっぽくなってきて日本画から離れてきたような印象です。
まあ、私が描くとそうなるんだなあ。これも個性ということで。(^-^;
Rscn6694_5581s

| | Comments (0)

«ツグミ彩色