奥日光にいきました

ほんとに久しぶりに奥日光にいきました。
RBWCさんのバスツアーに一緒させていただきました。

戦場ヶ原は、季節が1か月くらい違うかんじ。
木が芽吹き始め、スミレやムラサキケマンが咲いていました。
ズミの花も咲き始めたところでした。
鳥たちは繁殖始めたところのものが多い感じ。
コサメビタキが交尾していたそうです。
そしてなんと、戦場ヶ原にフクロウが!
小さな木にとまって、餌を探している様子。
みんなが見ている前で、どうしちゃったの??
夜に餌が取れないほど弱っているのか?
ヒナが大きくなっていて、餌が昼間でもほしいのか?
なかり珍しい光景で、ちょっと心配になりました。

やっぱりいいところだなあ、奥日光。
とても楽しい探鳥会でした。
RBWCのみなさん、ありがとうございました。
Dscn4439_3740s
コサメちゃん
Dscn4532_3797s
草原にノビタキがいました。


| | Comments (0)

新しいこと

しばらくブログが止まってました。
忙しかったり、気力がなかったりで、更新しておりませんでした。
しかし、そろそろ復活!(^.^)!


なんと4月から月2回のペースで、日本画を習い始めました。
近所で日本画の作家さんが、少人数教えているので、お仲間にいれていただきました。
日本画は、岩絵の具の色の美しさにまえからあこがれていて、
使ってみたいと思っていたのでした。
しかし、やってみるとけっこう面倒で…
膠は60℃くらいで溶くとか、胡粉は乳鉢で20分擦るとか、
描く前の段階で時間がかかります。
なんといっても絵を乾かすのにドライヤー使ってはいけないのことで、
団扇であおいで乾かすのには、閉口しました。
水彩やアクリルだったら、こんな苦労はしないのに。

でも、頭のなかでは、岩瑛の具で描きたいものがいっぱいあって、
早く技法を覚えて描いてみたいなと夢見ています。
新しいことを学ぶって楽しい、これからがすごく楽しみです。

P5140392_3710

覚書
5月12日早朝ホトトギスの声初認
夏が来ますね。

| | Comments (0)

コチドリ初認

コチドリがきました。
きれいな声で良く鳴いています。

ヒバリもよくないてます。

忘備録

| | Comments (0)

ツバメ初認

通りすがりのツバメのようでしたが、今朝初認です。
茨城の桜は、やっと開き始めた感じ。


仕事の山は完全に超えました。
あと見開き1枚!

そういいつつ、3月12~15日まで、西表島に行ってきました。
渡り通過の鳥を楽しみにしていたのですが、今年は南の島も気温が低かったようで、
渡りがおくれているそうです。
そんなことで、あまり珍しい鳥には出会いませんでした。
シュノーケルを初体験。
やっぱり見ると聞くでは大違い!
水中は、素晴らしい。
波間を浮かびながらの水中観察でしたが、泳ぎも素潜りも自在だったら、
どんなにか楽しいだろうなあと思いました。
またこの辺は、後日UPします。

| | Comments (0)

歌うモズ

日差しが強くなってきました。
気が付いたらフキノトウもでてきて、
もう食べごろすぎてしまっていました。
いやまだでてくるから、次のは食べごろ逃さないようにしよう。

毎日、モズがエノキの枝で歌っています。
セキレイやコジュケイやいろいろな声を織り交ぜて、
自分の歌にして機嫌よく歌ってます。
そろそろ♀へのラブソングも聞こえることでしょう。

小枝があってピントが合わなかったのですが、
今日は撮れました。
歌うモズオ君。
Dscn3209_2335s


| | Comments (0)

カワセミの古巣穴

久々の更新です。
ここのところずっとカワセミの紙芝居を描いています。
仕事ばかりしていて、ブログネタがないのです。

先日、荒れた池の周りが公園整備されました。
歩道ができてよいお散歩コースになっています。
いままで見えなかった低い崖に カワセミの巣穴がありました。
(あ~このあいだ、描いばっかりだわあ)

こんな道のすぐ横で、これではあまりにも無防備。
といいつつ
棒をつっこんでみましたら、40~50㎝もぐりました。
あのくちばしで、頑張って深く掘ったのだなあ。
さて、この崖に今年は巣を掘るでしょうか?

Dscn3178_2318s

| | Comments (0)

探鳥会にいってきました

久々に探鳥会にいってきました。
お子様参加なので、ゆったりのんびりの鳥見でした。
ちいなさ子が、鳥に興味をもっていろいろ見ている姿、頼もしく思いました。
おおきくなったら自然を楽しめる大人になるんだよ。
さいごに鳥の足の勉強をしました。
はく製を並べて、いろいろな鳥の足をじっくり見ました。
生き物の形は、生態と直結です。
形の意味、大変面白いです。
楽しかった、F先生ありがとうございました。


今日の私のヒット。
田んぼ(ひょっとしてハス田かも)にいた、タゲリ。
こっちむいて~、きれいな背中をみせて~とおもったけど、
これが一番タゲリらしくていいかも。

Dscn2960_2250s

| | Comments (0)

あけましておめでとうござます

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2018s

今年の元旦は、義父92歳と実母84歳と私たち夫婦の4人で過ごしました。

2日は、恒例となりました牛久大仏の体内で写経をしてきました。
2018s_2

とにかく健康第一で、過ごせたらいいなと思います。
みなさまにとっても良い年になりますように!
今年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (2)

良いお年をお迎えください

2017年とうとう大みそかになりました。
ことしもいろいろあったけれど、なんとか元気にすごすことができて、
もうそれだけで幸せです。

このブログに来てくださってありがとうございました。
皆様にとって2018年が良い年でありますようお祈り申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


画像は、来年発売の絵本の一コマです。
アカヤマドリダケ
このページは、キノコがいっぱいはえていて、探してもらう指向です。
P1617c
こまごまとした絵のページが続く予定です。
描いてていて楽しいよっ (^^♪

| | Comments (0)

里山で調査参加

恒例のカヤネズミの巣調査に参加してきました。
里山で、藪こぎでけっこう疲れます。
普通入らないところにいくわけで、いろいろ発見があって楽しい作業なのです。

これがカヤちゃんの古巣です。
鳥の巣のように繊細にできていますが、球形でお皿型ではありません。
どこかに入口あるのですが、巣は触らないようにしているので、分かりませんでした。
ひそかに小さなネズミたちが生きている証です。
今回も巣があって、ほっとしました。
P1120743_2178s

こんなのもありました。
たぶんホオジロの巣。
P1120758_2190s
卯の花の中にありました。
花の中で子育てしたのでしょうか?
絵にしたい光景です。

今日のハイライト!
昼間のフクロウ。
なんと狩りをしておりました。
下を見て獲物を探しています。
獲物は何?わかりませんでした。
P1120771_2202s

いや~里山満喫しました。

| | Comments (0)

制作の現場

絵本も紙芝居も 原寸のラフ画をかいて
編集部に検討してもらいますが、奇しくも同じ日にOKをいただきました。
で、そのご本描きにはいります。

お散歩の見開きを描き始めています。
これが手始めの一枚。
どんなタッチにするのか、試行錯誤しています。
スケッチしたアケビや撮った写真を参考に
下絵を仕上げていきます。

Dscn2868_2164


| | Comments (0)

来年の絵本など

来年刊行のおしらせです。


2018年7月童心社年中~年長向け紙芝居 7月号
Photo_2

2018年10月福音館書店ちいさなかがくのとも10月号

Photo

この2つただいま春納品めざして製作中です。

お散歩の本が、かなり細かい絵となっていて結構大変。
自分で企画しておいて後悔しつつも楽しんでいます。
こうご期待!

| | Comments (2)

さむくなってまいりました。

日に日に冬に近づいている感じがします。
紅葉もすすんできました。
地面の草紅葉も増えてきました。

1週間くらい前のスケッチですが、イヌタデの葉も赤くなってきていました。
いまは、もっと赤いかな。
ひさびさにサインペンでのスケッチ。

Mksk101103


| | Comments (0)

いいことがありました

幻日は吉兆なり。
そんなことをここに書いていて忘れていました。

ジャパンバードフェスティバル(JBF)が、4~5日開催され、
晴天にめぐまれ多くのお客さんがご来場されていました。
その会場でリトルターンアートプロジェクト(LTAP)作品展をしておりましたが、
なんとこのJBFでの一等賞オオバン賞を
このLTAP作品展が受賞いたしました。

「人と鳥の共存をめざして」をテーマに年1回行うジャパンバードフェスティバルでは、出展・参加した団体
(NGO、NPO、任意団体、学生グループ、行政など)によりおこなわれた展示、実
施プログラムを審査し、優れた内容(展示、解説や体験プログラム、大切な内容
を伝えている)を選び、その発展を促進するために表彰しています。
これがオオバン賞。
作家とNPOのコラボ企画が、認められました!
ワクワクしながら企画して、みんなでワクワクしながら取材して、制作して、

やっぱりいいことあったんだ。
関係者のみなさん、ありがとうございました。

Jbf2017ltap1103


| | Comments (2)

幻日

午後ウォーキングしていて発見。
空にオレンジ色の光線が縦に光ってる
彩雲かとおもったのですが、なんか違う。
みていたら、線の中が大きく光って小さな太陽のようでした。
もちろん太陽のほうが大きくて、光もつよいのですが、これだけ見てたらわからないかも。
これが世にいう2つの太陽??
すぐ家に帰ってカカメラをもちだしたら、ちび太陽の光が弱くなってた。
う~ん残念。
数分待ってこれを撮りました。

幻日(げんじつ)とは、太陽と同じ高度の、太陽から離れた位置に光が見える、大気光学現象のことである。
ということなので、幻日ということで強引に決定!

幻日は吉兆だそうです。
なんかいいことあるかしら♪
_2106s

明日、バードフェスティバル搬入です。
LTAP展みにきてね!

| | Comments (0)

JBF2017にて LTAP展

リトルターンアートプロジェクト作品展開催のお知らせ

NPO法人リトルターン・プロジェクト(以下LTP)と日本ワイルドライフアート協会(JAWLAS)会員有志とLTP協賛作家共同で、リトルターン アート プロジェクト(L.T.A.P)を企画しました。
自然を描く作家に、センター屋上のコアジサシのコロニーを(LTP管理のもと、営巣に影響のない範囲で)取材してもらい、コアジサシの作品を仕上げ、その作品を一堂に展示して、アートの力でコアジサシを守ろうという試みです。作品の初お披露目を千葉県我孫子市で毎年開かれている日本最大の鳥のお祭りジャパンバードフェスティバル2017で行います。


日時 2017年11月4日(土)~11月5日(日)
11月4日(土) 9:30~16:00
11月5日(日) 9:30~15:00
会場 我孫子市生涯学習センターアビスタ 1階ロビー壁面


LTAP参加作家 (あいうえお順、敬称略)
石山 博司、伊藤 真、大田黒 摩利、大室 清、筧 守、川崎 以和、
木部 一樹、栗田 健史、神戸 宇孝、座間 麻美、重原美智子、
たぶき 正博、つぐみ、 東郷 なりさ、長島 充、藤田 信雄、伴 義之、
福原 勝一、富士鷹 なすび、(三浦 裕子) ( )JBFは不参加

| | Comments (0)

ジョウビタキ来ました

今朝、庭にオスのジョビ雄さんがいるのを見ました。
26日くらいから声は聞こえていたのですが、ちゃんと姿をみたのは、初めてです。
居着いてくれるかな?

昨年の記録がありませんが、過去の記録
2015 - 10/19
2014 - 10/25
2013 - 10/28
2012 - 10/25

でした。だいたい今頃の初認です。
あの小さな体の中に、カレンダーがあるのでしょうか?
生き物ってすごいなあといつも思います。

| | Comments (0)

アケビ

里山のウワミズザクラの木の上の方ににアケビが沢山生っていた。
おそらく100個以上は、あるようだった。
多くがきれいな紫で、絵に描きたいアケビただったけれど、
あまりに上にあって取れない…

林道に小さなアケビがあったので、40センチくらいの蔓をとってきた。
色々な角度から葉をかいて、形を頭にいれる。
葉の出方が面白い。
いつもの小さなスケッチブックにも描いてみた。
これに描くと、後でみたときに日記のようで楽しい♪

あの大きなアケビたち、週末にくる台風に耐えてくれるかな?
Mksk171020


| | Comments (0)

戸塚学 写真展「おーい ライチョウ!」展

昨日、初日でした。
夜からOPがあって参加してきました。
さすがプロ。
物語がつくれそうな、
ライチョウの表情がよかったです。
背景もきれい…
ご本人も大変気さくな面白い写真家さんです。
この後、名古屋 大阪と巡回します。
詳しくはこちらへ

戸塚 学 写真展:「おーい ライチョウ!」ライチョウの国、立山室堂

☆銀座☆ 10月19日(木)〜10月25日(水) 終日在廊予定
【住所】東京都中央区銀座3-9-7

【アクセス】・都営地下鉄 東銀座A7、A8出口より徒歩2分
      ・東銀座駅(日比谷線)A2出口より徒歩3分
      ・銀座駅(銀座線・丸ノ内線・日比谷線)A12出口
       より徒歩3分

【開館時間】10時30分~18時30分(写真展最終日 15時まで)
(日・祝日と休業日は休)

Totuka01


l


| | Comments (0)

野菊

昨日も晴天だったので、里山に取材にいきました。
今日から秋の長雨になるので、初秋の花ラストチャンスだったかもしれません。

とにかく、野菊が満開でした。
この辺はユウガギクという種類だそうです。
花の下に大カマキリがいました。
危険な花園です。

昨日摘んだ花をスケッチしました。
細い茎で、楚々としてなんとも可憐です。
Mssk171013s_2

ひしめきあって咲いていました。
P1120542_1804s_2

| | Comments (0)

«アカヤマドリ